同士は国境を越えて

2018⁄10⁄31(水) 00:00
私自身「必要だよな」と思いつつも なかなか向上心やそのきっかけ
もしくは動機がなかったがゆえになかなか手を付けていなかったものの中に
英語の学習、といったものがございます。

ただ 最近これに関して「やっぱりなとかしないとまずいかなぁ」と
思えるきっかけのようなものが再燃してきました、というのが今日しゃべりたいお話。

で そのきっかけ、というのが「スチームのゲームをストレスなく遊びたい」というもの

最近も某街づくりゲームなんかでのっぴぃさん
時たま遊んでいるような記事を作る(実際ハマってる)わけですが
これでちょっと問題にぶち当たった時に考えてみると
情報交換をするときの中心は英語。

そして 海外のゲームということもありサポートも英語なんですよね。

残念なことに(半ばこのゲームがやりたいがゆえにゲーミングパソコン買ったというのに)
このゲームで遊んでいる仲間が現状なかなか見つからないということもあり
問題にぶち当たった時には自分で何とかしてコンタクトとったりして
情報をやり取りしないといけないわけですが どうもこれができない。

で、やっと思うわけですよ。 「英語使えるようにならなければ」と。

……といえども はいそうですかといってすんなり英語ができたならば
今までの学生生活で悩んでくることもなかった、ということもありますから
ここでいう「英語を使える」といういいかた、目標設定を考えます。

というわけで 当面の目標としては「ツールを使いこなして英語を利用できるようにする」とします。

現在の世の中はなかなか便利なものでグーグル先生をはじめとして様々なところに
一応お金の心配せずに使えそうなツールが転がっています。

これらを有効に活用しながらゲームの問い合わせをしたりコミュニティで質問したり
できるような英語力、というのをひとまず目指したいなぁと
……切に願ったとある宵の口でございます。



一応ハロウィンという中「らしいいたずらネタ」というのも思い浮かびませんでしたし
「外国文化や外国交流としてしゃべれるお話ないかな~」と考えてのこの話題チョイス。

我ながらうまいとは全く思わないけど無難なおしゃべりかな~  と思います()

TOP