秋刀魚と一緒に

2018⁄10⁄17(水) 00:00
とりあえず個人的な秋刀魚の所感あたりでも書いてみましょうか。

基本的にソナーとか持たせた子を向かわせるわけですが
それでいて 自らもそれなりに戦えないといけない、という展開。
そして 爆雷を落とすとひどい目に合うから――という制限付き。

そんな中個人的にかなりお世話になったのが夕立、村雨、照月などの
ソナー一枠で先制対潜できる方々。 彼女たちがいるだけで
潜水艦対策まともに考えずに突貫できた海域も多く
実際6-5の下ルート初戦もこれで突貫しておりました。



34_20181013204826e3c.png35_20181013204826c68.png
36_20181013204825a17.png37_201810132048248fd.png
48_20181013204822772.png47_20181013204818fc4.png
ここ最近、伊勢改二任務――ツリー追いかけてみて分かったけど
これに付随する任務相当あるんだね――に関して述べていることも多くありましたが
まぁ 北方海域にも行け、といわれるのがわかっているんだったら
あらかじめこちら周りで行くことを想定して計画建てるよねって話。

とまぁ そんなわけで無事伊勢改二任務のほうも終わらせました。

ついでに 4-5への出撃というのもあったわけですが
これに関しては基本穴開けた随伴のケッコン艦に
缶やらタービンやらをガン積みした高速+編成を構築。

……これの補助的な意味で前の天津風(解体できない小倉艦)に
上位缶の持ち込みをお願いしてみたり、ということもあったのですが。

やってみての所感ですが「一期と比べて相当楽」といえるでしょう。

……まぁ 装備整える、穴開けるという下準備が面倒ではあるものの
このくらいの難易度であるならば、毎月勲章ここからとってくるのは
十分考えられる難易度である、といえると思います。

あと 先週の工廠整理任務でついでにやっつけました任務で
陸戦のほうも獲得してみたり、ということもしておりました。

……割と「並行してできるデイリー、ウィークリーというのがどれくらいあるか」
というのを察知するマネジメント力、養っていきたいところです。

TOP