秋刀魚漁

2018⁄10⁄16(火) 00:00
31_201810132033273e3.png32_20181013203326402.png
艦これでいつからか恒例になってきた謎行事、
サンマ漁の季節が今年もやってきました。

――まぁ、軍艦が秋刀魚の季節のたびに本気を出す、というのは
いささかおかしいような気が(常識論的には)するわけですけれども
この意味では「彼女たちが楽しければ、いいんじゃないかな」理論で切り抜けることにしましょう。

33_201810132033253c0.png34_201810132033258a7.png
過去のサンマ漁と大きく違うところがあるとすれば
二期でマップが大いに更新されたり、ということがあったがゆえに
その秋刀魚漁場がどこなのか容易に判断つかない点が挙げられそうな気がします

――まぁ そんなこともあり 秋刀魚漁場は手探り状態。
……といえど 一期のころと違い今回は「すべての海域が解放済み」なので
別名「ご褒美漁場」といわれている6-5下ルートでサンマ漁ができるというのは大きいです。
……この情報は、マップが変わらなかった今回のイベントでも健在みたいなので。

39_20181013203324c04.png40_20181013203323a2c.png
41_20181013203434e14.png42_20181013203433093.png
43_20181013203432ade.png44_20181013203432af3.png
45_20181013203431228.png46_201810132034307a2.png
とまぁ そんな意味では6-5と3-3をひたすらくるくるすることで
比較的簡単に――初めの週末には――サンマ漁を終わらせることができた次第です。

とまぁ そんな感じで「秋刀魚にだけ注目するのであれば」
比較的簡単に物事が進む、といった感じであるわけですが
何を隠そう夏イベ(?)から休憩なしでこのイベントにつながっている、というのが
かなり大きな意味を持っているわけであります。

――まぁ 人によれば資材その他が大ピンチ。

お札がなく、自由に編成や海域を選んだりできて
編成の軽量化が図れる以上 資源の調達には困らない人も多い、かもしれませんが
やはり イベント期間中にとるものとり切ってしまおう、と考えたなら
それなりのバケツ消費は避けられないかな、といった印象。

……そうなってくると イベントで受けた
バケツに向けてのダメージというのは無視できないのかなという
個人的な感想がございまして、なかなか難しいところ。

TOP