同士は国境を越えて

2018⁄10⁄31(水) 00:00
私自身「必要だよな」と思いつつも なかなか向上心やそのきっかけ
もしくは動機がなかったがゆえになかなか手を付けていなかったものの中に
英語の学習、といったものがございます。

ただ 最近これに関して「やっぱりなとかしないとまずいかなぁ」と
思えるきっかけのようなものが再燃してきました、というのが今日しゃべりたいお話。

で そのきっかけ、というのが「スチームのゲームをストレスなく遊びたい」というもの

最近も某街づくりゲームなんかでのっぴぃさん
時たま遊んでいるような記事を作る(実際ハマってる)わけですが
これでちょっと問題にぶち当たった時に考えてみると
情報交換をするときの中心は英語。

そして 海外のゲームということもありサポートも英語なんですよね。

残念なことに(半ばこのゲームがやりたいがゆえにゲーミングパソコン買ったというのに)
このゲームで遊んでいる仲間が現状なかなか見つからないということもあり
問題にぶち当たった時には自分で何とかしてコンタクトとったりして
情報をやり取りしないといけないわけですが どうもこれができない。

で、やっと思うわけですよ。 「英語使えるようにならなければ」と。

……といえども はいそうですかといってすんなり英語ができたならば
今までの学生生活で悩んでくることもなかった、ということもありますから
ここでいう「英語を使える」といういいかた、目標設定を考えます。

というわけで 当面の目標としては「ツールを使いこなして英語を利用できるようにする」とします。

現在の世の中はなかなか便利なものでグーグル先生をはじめとして様々なところに
一応お金の心配せずに使えそうなツールが転がっています。

これらを有効に活用しながらゲームの問い合わせをしたりコミュニティで質問したり
できるような英語力、というのをひとまず目指したいなぁと
……切に願ったとある宵の口でございます。



一応ハロウィンという中「らしいいたずらネタ」というのも思い浮かびませんでしたし
「外国文化や外国交流としてしゃべれるお話ないかな~」と考えてのこの話題チョイス。

我ながらうまいとは全く思わないけど無難なおしゃべりかな~  と思います()

TOP

一応反省はしているんです①

2018⁄10⁄30(火) 00:00
ちょっとばかしcities skylinesのお話。

過去いくつかTest cityとか考える気のない名前を付けながら
いくつか街を作っていたわけですが そろそろなんと言いますか
「計画的に街を作っていきたいな」とか思ってみるわけですよ。

より正確に言うのであれば 割と普段の仕事の中でも
「目的が不明確」といって怒られることが増えてきたので
「もう少し計画的に物事を進めていく」すべを学ばないとな~
と思った次第でございます。

というわけで 次、というか一つ目標を定めることにします。
……とりあえず 自分のなじみのある街を作ろう。

というわけで とりあえずSteamに落ちてた神戸の地形を模したマップと
とりあえず 国土地理院の千葉周辺のマップのほうを拾ってまいりました
――が、それだけでは失敗に終わることが目に見えております。

実際にこのマップに着手する前に「これを模写しなければ」という
強迫観念? にとらわれることなく楽しめるような環境で
「計画的な街づくり」というものについて考えてみたいと思います。



まず 過去のTest cityを眺めながら自分がやらかしてしまった物事について考えてみたいと思います。

一つとりあえずいえるのは「果てしない碁盤病」でしょう。
……マップのすべてを碁盤の目で埋め尽くそうとして結果面白みも何もない街が出来上がってしまう。

これに関しては「街の中心となりえる街路が初期で設定されてい待った」こと。
そして、「その街の持っていた碁盤の目状の街路を無限に拡張してしまったこと」
が大きな問題になってしまったのであろうと考えます。

そこでのっぴぃさん考えました。 「一つの街から衛星都市を大量に作る」方式ではなく
「いくつかの街の中心地を定め、それぞれを核として街を作成」する。
――基本は街一つに対してインターチェンジを一つにする。

こうしたら 「一つの街に際限ない碁盤の目をつなげていく」今までの方式を
脱却することができるのではないか、と。

そんなわけで 適当に選んだデフォルトマップに「街の中心、スタート地点」を定めるべく
とりあえず「鉄道駅」を配置していく感じになったわけです。

TOP

金銭管理

2018⁄10⁄29(月) 00:00
昨日まで私のできる限り大きく(一日の中で)経済回したお話書かせてもらいましたが
今日はそれにかこつけて――ちょっと現実っぽい話題。 お金の管理。

一応私の場合は家計簿アプリを利用して日々の入出金を管理している感じなのですが
私の使い方が悪いのか定かではありませんが 毎度毎度
これの帳尻がうまく合わないことが多くて困っております。

基本的に日々の買い物をカードで極力済ませることによって
このあたりの祖語をあまり出さないようにしているのですが
それでも現金キャッシュでないとできない店とかがありこれらを後日
手入力(もしくはレシート読み取り)をするわけです。

……ただ これの帳尻を寸分たがわず合わせたことというのが
正直なところなかなか思い浮かばず どうしてこうなるのかなというのが目下の謎。

例えば ここでいう管理が最も当てはまらないだろう――というか
むしろその前提でいる―ー(ある意味)例外として同人誌即売会のようなものもあります。

……ちょっと理性のタガが外れて あまり記憶の残らない会計というのも
残念ながら存在するだろう、という前提で動いておりますので
いわば「大体500円単位の不明金が同人誌即売会に言った後に出てくる」というのは
私の中では(よいかどうかは置いておいて)許容しよう、といった感想が一応あります。

ただ それをさておいたとしても帳尻がなかなか合わないというのはな……
我ながら お金の管理についてもう少しタイトで居ないといけないかしらと
ちょっと気にしている今日この頃であります。



そんなのっぴぃさんの今月の出費ですが 「知ってた」といわんばかりの出費。
……主にでっかくのしかかっておりますのは「ゲーミングチェアの新調」と「スキーセットの購入」。

どちらも最近こちらで書かせてもらいましたが これらを一気にご購入すれば
当然でっかい月間赤字が計上されるのも納得というものです。

一応これらの買い物はもともとボーナスを充てにしてやったものであり
ここでこれらがやってこない、みたいな展開になってくると
結構私的にやばいものになってくるわけですが このあたりいかほどなのでしょうかね。

実際に払われるまでこの額がわからない中買い物しちゃうというのは
――後から考えても結構大胆なことやったな~  という印象にもなってくるわけで。

とりあえず 12月に降ってくる臨時収入を今から待ち望んでみたいと思います。

TOP

振れ幅大きく(本日も重戦車)

2018⁄10⁄28(日) 00:00
雑多な買い物板
というわけで この雑多な振れ幅大きな某日一日のお買い物について
それぞれ語っているわけですが その流れの最終段階、 スキーセットのご紹介です。

一応 家族旅行で毎度スキーに言っていて(たぶん)そこそこの杵柄が残っているだろう。

そして 自分が周りを巻き込んで行動をできなかったことを悔やんでいるということを念頭に
とりあえず道具を用意しておけばそのあたりの踏ん切りがつくのではないか
みたいなことまでは書かせてもらった、というところから行きたいと思います。

まぁ そうでなくても子供のころからこのスキーのたびに「自前の板をもって繰り出す
両親をうらやんでいた」ということがあって その経験から子供心に
「スキー板を持つことは大人のステータスである」みたいな認識が
心のどこかですでにあったのかもしれない、と思っています。

そんなこともあり 初めてのボーナス、ではシーズンが違うので選択肢にならなかったわけですが
その次のボーナスあたりで「大人な買い物」としてスキー板をチョイスしたことは
少なくとも私にとってはさほど驚きでもなかった買い物だと思っています。

さらに言えば おととい書かせてもらいました「夏の間全く持って外に繰り出さなかった」
「ずっと家で腐っていた」という反省にもこちらのアイテムはよい回答を示してくれます。

――というのも スキー場って北関東やら新潟やら長野やら
距離だけで考えるならば関東からほどほどの距離にある場所に分布しているわけで。

つまり この「投資」を成功させようと考えたならば少なくとも
それなりに「外出しよう」というきっかけを与えてくれることは間違いないわけで。

そんな意味でも今回の買い物は「若いうちの生活を充実させるためにも損にならない投資」と踏みました。
……実際にどう使われるかは、シーズンを通して示していきたい、示さないといけない。
私的にはそう考えております。



とまぁ そんな感じで「一日で」オタクイベントに行き、直近に壊れた
通勤用カバンを見繕って、スキーセットを購入する。

私個人ができる範囲ではなかなか経済を回したな~  と思える一日だったわけですが
実際問題「一日ですべて片づけようとしすぎて」相当カオスな惨状(荷物的な意味)で
ガタゴトと揺られていたな~  というのが後から考えて我ながらなかなか滑稽で。

まぁ その分ずいぶんと充実した一日だったな~  とも思えるので結果オーライかな?

TOP

振れ幅大きく(孤独の原石編)

2018⁄10⁄27(土) 01:20
雑多な買い物
ある意味こちらの画像の中で一番異質、というか
妙なオーラを放っているのが なんか足型チックな形をしておりますブーツでしょう。

……いや うまくぼかしつつ話のきっかけになるような
素晴らしいワードが思いつかなかったのでさっと述べてしまいますと
こちら スキーブーツのほうになります。

板
というか スキーセット一式をご購入したわけでして
今回はそれに関するお話をちょいとばかりやっていきたいなぁと思うわけで。

まずはそもそも私とスキーの関連に関して一応書かせてもらいますと
少なくとも幼稚園(というか、私の記憶にある限り昔)から実家にいる間は
家族旅行の一環として毎年雪山に突貫していた記憶がございます。

このブログ 曲がりなりにも私の高校生時代の記録が大昔の記事の中には残っているわけなのですが
さすがに高校三年生――受験生時代――は無理だったものの
高校二年生――考えるとそれが私にとっての一番直近なのか――のころに行った
スキーに関する記事がまだ残っているはずです。

―ーまぁ 人間幼いころに自転車の乗り方を覚えたのならば
それを早々忘れるものではない、という理論を信じるのであれば
ある意味 私の体にこれの扱い方もしみついてくれていることを期待したい。

ただ 大学で一人暮らしになった後は――私自身実際に声をかけたわけではないので
単なる思い込みである可能性も否定できないのですが――私の身の回りに
このような企画をしたとしてついてきてくれる櫃がいなかった

……というわけで 結果6年間 それなりに楽しめそうな趣味になる下地はあったものの
放置されていた私のスキル予備軍、というのがこれだったわけです。



スキー自体の話はまた明日以降に話すとして ここまで書いた中で続けたくなった話をば。

私の大学時代仲間がいなかった(もしくはなじめなかった)という理由で
どうにも離れてしまった、という趣味・スキルというのはほかにも私の場合
サックスのようなものもございまして 少なくともこれに関しては
「新たに仲間を作る」というハードルを妙に高く感じてなかなか足を踏み出せずにいます。

ただ こうして手をこまねいていたことを現在大きく後悔している、というのもまた事実。

だとしたら もしものチャンスができたときのために道具を用意して
巻き込めるチャンスを狙う――楽器と比べてまだこれは「レジャー」として
興味ない人巻き込むチャンスはあると考えました――というのもありなのではないか。 そう思います。

TOP

また、北の大地へ

2018⁄10⁄26(金) 00:00
連チャンして先日の私自身の雑多な買い物のお話を続ける前に
少しばかり私自身の――ある意味目標、夢、などといっていいのかはわかりませんが
そんな感じのお話をさせてもらえれば、と思います。

端的に言えば「この夏全く持って動いていなかったの後悔すべきじゃね?」という自己反省

結果的に近場の行楽地行くでもなく ずっと家の中で
ゾンビと化していたというのが後から考えてなかなか反省すべきことなのでは?
と思えて仕方のない今日この頃。

というわけで この冬は(私自身も活動しやすい季節、気候でもあるわけですし)
ちょっと意識して外出できたらな~  という欲望があったりしております。

ひとまずはそれの前哨戦といたしまして 11月一週目の週末あたりに
再度北海道旅行でも行ってみようかな~  といったことを考えております。

―ーまぁ つい最近、というか今年二度目の北の大地入り、というのは
「少し同じ場所に向かうスパン短すぎやしないか」といった疑問が
自分の中でもすることがあるわけですが 深いことは気にしないこととする。

というのも 一応今の季節「北海道復興割」みたいなものがあって
北海道観光のほうに国が支援を入れている、ということがあるわけで
そんなチャンスがあるのであればなるだけ使っていきたいよね~

という単純な動機によって繰り広げられました今回のお話であります。

(まぁ 後から考えてみたら宿の値段等にうまくこの復興割が
適応されているのかはなはだ疑問を覚えるところであります。)

さて 北海道、と一言で言っても相当「でっかいどう」状態なのは
半ばわかり切った事実であるわけですが ひとまず今回目星をつけた、というか
中心的に回ってみようかな~  と考えているのは道東地方。

前回の移動での西の端はといいますと遠軽、釧路となりまして
一応 これより西側にある部分を動いてみたい、というのが目下の目的となります。

ついでに言えば 少しばかり道程には柔軟を利かせているつもりなので
今回に関しては「移動一辺倒」だけにならないように極力気を付けているつもり

―ーではあるのですが 実際に事故が起こることもあるかもしれませんし
正直なところどうなるかな~  というのは内心怖いところでもあります、

TOP

振れ幅大きく(不便なカバン編)

2018⁄10⁄25(木) 00:00
雑多な買い物
本日はこちらの画像の中で……下のほうに埋もれておりますお買い物について
一種愚痴のようなものを語らせてもらいたいな~  と思います。

まぁ 実物は――あまり見せないように(多少は身バレは怖いので)気にはしているのですが
ちょいと通勤カバンが逝かれましてそちらの方の買い替えをしてまりました。

―ーというのも これに関しては一言愚痴りたい部分もございまして
割と最近に通勤カバンは調達したばかりでなおかつこれも
四カ月ほど?  しか時間たっていないように思えるんですよね?

で そんな真新しい鞄の持ち手のところがバッサリ逝きました。
荒いもの使いしているように見られるようで非常に癪なのですが
裂けてしまったものは仕方がないのでこの意味ではあきらめるしかないような気がします。

基本的にビジネスバッグってある意味見栄えを気にしてのことなのかはわかりかねますが
容量も少ないし使いやすいとはいいがたいしとで全くいい思いはしていなかったのですが
これに加えて私の中で「脆い」の烙印まで押してしまったならば
もうここから挽回するものってそう多くないんじゃないかな~  って
相当卑屈に思えてきてしまうものです。 はい。

一応 このあたりが問題かな~  と考えるのは言わずもがな、
「いつも使う通勤路線の混雑ぶり」です。

毎朝相当ぎゅうぎゅう詰めになることを強要され(ぎゅうぎゅう詰めだけにドナドナ~などと)
ているわけなのですがその中で私もろとも
カバンも相当ツイスト受けていた、ということで
それらのダメージが相当溜まっていた、と考えるのが妥当でしょう。

一応 前のカバンデザイン的に結構気に入っていたのですが
考えてみたら結構投げ売りされていたセールで買ったものですし
もしかしたら「安売りしている」という売り文句に飛びついた結果
かなりの粗悪品つかまされたのかな、と考えることにいたしましょうと。



まぁ そんなわけで新しい鞄を買ったものの 前勝ったカバンを
なかなか捨てる、という算段、心づもりが付かないあたりが
私自身の貧乏性を妙に表している気がして複雑な気分になる今日この頃。

裂けたカバンでも何且つ使えるのでは……?  とか考えるあたり重症です。
……私自身がリメイクできる人なら話は別なんでしょうがね?
(少なくとも合皮打ち抜けるミシン持ってないのでその意味では無理やろうなぁ?)

TOP

振れ幅大きく(オタ活編)

2018⁄10⁄24(水) 00:00
雑多な買い物
本日あたりはこちらの「振れ幅が相当激しい写真」に関してぽつりぽつりと
しゃべっていきたいな~  なんて思います。

まずは上のほうにちょろっと映りこんでおりますコミ1関連。

いわば「秋のコミケ」と称して差し支えないのかわかりませんが
それなりに気になる作家さんがいらして新刊とか出していらっしゃいましたので
せっかくなので行ってきた、というのが大まかな流れ。

例によって 完全に消費者側ののっぴぃさんは
行ってきたから何かの告知を~  などするでもなく
買うものかえて結構ホクホクやね、くらいしか言うことないんですがね。

一応今の私的にはこちらのほうで戦利品パーティをするつもりは今のところは
ない、というのが正直なところなので ここではあくまでも触れるだけ。

まぁ 今度のサンクリあたりに顔出せれば、といったところではあるのですが
正直なところ十中八九こちらのイベントのほうには予定がつかないでしょうし
―ー次のイベントはコミケ本番、ということになるんでしょうかね。



秋刀魚祭り
同日、(画像内の雑多な買い物やってみたりしているわけですし
結構よくわからない動きをしている中で)艦これの秋刀魚店の近くを
歩くこともあったわけで ちょっと様子見してまいりました。

ただ 実際は告知されていないくじ引き大会が繰り広げられたり
予約ガン無視の接客対応が~  という話が聞こえてきたりと
こちらの「リアル艦これイベント」というのはさんざんな声が聞こえてきております。

好き嫌い言うのも何かとは思いますが 私個人的には
秋刀魚の姿焼きの類を前に出されたとき ロシアンルーレットを開催する
可能性がなかなかに高い、という特性を持っておりますので
たとえそんな噂が流れていなかったとしても

……たぶん行くことはなかったんじゃないかな~?  とは思うのですが。

せっかく看板掲げてイベント開催しているのであれば
悪い宣伝にならないように身辺は固めておくべきだったのではないかとは思います。

コミケのサークル推移とかを聞く限りだと そろそろ斜陽の季節が
近づいてきてしまっているようにも見受けられますし
一種 この辺が踏ん張りどころなのでは~?  とも思いますね……

TOP

椅子の更新(後)

2018⁄10⁄23(火) 00:00
椅子01椅子02
前回のお話。 椅子買った。 結構いい感じの。
――居住性と安全、保障を重視したやで。

まぁ せっかく買った、ということもありますし 不満不平が出てくる前に
いろいろと 自分が勝ったこの買い物のいいところ書いていきたいと思います。

まず ちょっと気にしたポイント。 フットレストが付いていること。

結構前の椅子使っているときに机の上に足を投げ出して(正直に
結構お行儀悪い恰好であるということは承知ですが)座ることも多かったですし
私個人的にはこれはよかったのではないかと感じている点があります。

また 前の椅子にはなかったリクライニングの機能もありますし
あわよくば 高速バスの三列シートに座った程度のくつろぎは
この椅子によって提供してもらえるのではないかと期待しております。

後は手すり。 これも前の椅子になくてほしいな~  と思っていたこと。
……なんか、後ろのほうになるにしたがってグレード下がってきているけどもまぁ。

(まぁ この手すりは部屋にやってきた直後はなんかぎこちないような気もしていたのですが
一日たったころになると ある程度なじんできたような気もするし
まだもう少し 様子を眺めてみることにします。)



まぁ でも 椅子がやってきたと同時にちょっとしたハプニングもなかったわけではない。

椅子を買った後に出てきた、というだけで勝手に因果関係つなげているだけかもしれませんが
どうも 椅子の導入直後に部屋にいる時だけ
くしゃみが止まらなくなる、鼻水が滝のように出てくるという現象に遭遇。

明らかに化学製品的な何かによるアレルギー反応的なもの、と思ったわけですが
たいてい この椅子自体が化学物質の塊というよりは
例えば 合皮の表面に塗ったあれこれとか原因を考える方があり得ますよね?

というわけで その日の夜 夏真っ盛りばりに窓を開け話して寝ることで
そのあたりの化学薬品を飛ばす努力を一日中行う羽目になりました。

……その甲斐あったのか 一日で自分の部屋にてしっかり居住できるようになりましたし
一応、一件落着、ということにしようかなと思います。

……それにしても 自分結構アレルギー体質強いのかもしれませんね。 気を付けないと。

TOP

椅子の更新(前)

2018⁄10⁄22(月) 00:05
先にある程度のネタバレ?のほうしておきますと
今月は結構年末のボーナスを充てにした買い物を
あまり深いこと考えずにぶっ放していたな~  という印象。

……というわけで 今月末あたり?  には
そんな経路でお話組み立てる機会がそれなりにありそうな気がします。

椅子01椅子02
で まず打ち込んでみる「今度のボーナスを充てにした買い物」第一弾はこちら。
……ゲーミングチェアでございます。 椅子が進化しました。

PC自体もゲーミングパソコン買いましたし そうでなかったとしても
結果的に(大学時代から)部屋で居る時には
割と多くの時間をデスクの前で過ごしていることに気が付いてしまったのっぴぃさん。

食事をとる時ですら結果的に デスクにトレーで食事を持ってきて
むさぼっている、と来たからにはもう お部屋での快適さというのは
寝床とここ、といっていいほどには使い込まれている場所なのではないでしょうか。

一応 人をだめにするソファなるものを春ごろ買ってきまして
それも使っておりましたが PCいじってみよう、それしながらだらだらしようと
考えてみたときにはどうも高さが足りなくてもどかしい思いをすることもありました。

――まぁ そんな言い訳とか並べなかったとしても
数千円で買った前のデスクチェアは七年物でクッションも下手ってきましたし
椅子の裏地から布?紙?が剥がれ落ちるようになってきて
結果的に部屋の汚染に一役買っている(引っ越し直前あたりからかな?)ということで。

……もともと椅子をこの時期に買い替えることは内定していたのですが
ちょっと奮発して居心地を求めてみました、といった感じ。

ゲーミングチェアに関しては今月ずっと調べておりまして
例えばネットショッピングとかでも売ってたり それこそ最近人気の
キングジムのアカウントとかでも「売り出しました」とか書いてあったりします。

……が、どうも ネットショッピングで買ってきたというゲーミングチェアの
物持ちがよろしくなさそうな投稿があふれておりましてね……

さすがにずいぶんと気になるところでありまして 結果的に
某家具屋に行ってきて店頭販売とそれなりの保証をお願いすることになりました
――結構額はかさんだけれども それが安心の値段だと思えば。

TOP