今月の一品②

2018⁄09⁄22(土) 00:00
外食02
月一で横須賀へ行く~  みたいな習慣ができているように
やはり割と毎週のように行きたくなる店、というのがインドカレーの店とかでも
個人的にはあったりします。 俗にいう「行きつけ」ってやつですね。

バイトなしの学生時代を過ごしていたのっぴぃさん的には
それができる、というだけでも 割と社会人になったモチベーション
(より正確には労働へのモチベーション)が生まれていると称しても
何ら違和感がないような気がします。 のっぴぃです。

外食01
といいつつも 様々な方面で新しい味探し、というのもやっているわけでして。

先日駅前で売っていたカレー弁当を持って帰ってきて食す。

――まぁ この類のものに関しては 味の評価とはまた別に利便性の高さ、というのも
大きなポイントになってくるものですがこの点に関しては
「周りのことを考えないのであれば」かなりいいものだった、と思います。

少なくとも ギリギリ「疲れた会社帰りに自分のご褒美として買うのにはあり」レベル。

ただ 持って帰る途中で相当な飯テロを引き起こすことは必須ということで
「周りの目線を気にする」のであれば難しいなってところ。

外食03
そんな お手軽ってレベルを地で行っていたのが
横浜西口のダイエーの中にあったフードコート内、そんなインド料理店。

まぁ 豆の味がしっかりするのですが 廉価なのには廉価な理由があるんだろうな
――というか 非常に庶民的な味がした、というのが適切か。

ただ 聞いたところによると近々このお店が入居するダイエー自体が閉店するとのことで
せっかく手ごろな店――一番廉価でワンコインディナーできる――見つけられたと思ったのに
行きつけにする前にどうなるかわからない感じになってしまう、というのは
わがことながら運がないな~  と思う今日この頃です。

外食08
インド料理で必ずしも固めるわけではない、不意に食べたくなる料理、というだけなら
ほかにもいろいろあるよね、というわけで 唐突に食べたくなった青椒肉絲。

この類の料理ってクックドゥとかでも作れたりしますが
少なくとも私の料理レパートリーでピーマンを購入すると
「作った後に残ったピーマンをどうするか悩む」という現象がおきまして
これはこれで悩みどころといった感じ。

まぁ ピーマン使ったメニューレパートリー増やせばいいだけの話ではあるのですが。

TOP