居室②

2018⁄09⁄16(日) 00:00
雨と同時に空気が涼しくなり、また雨が来ると蒸し暑い空気が返ってくる。
――見事な秋雨の様相を呈している今日この頃です。 こんにちは。

そんなわけで 昨日に引き続きまして 今見えているお部屋の中身に関して
適当に愚痴を述べていく話題です。 昨日は雑にキッチンをディスりました。

今日はそもそもの部屋の床、壁、その他建具に関して愚痴りたいなと思います。

まず床。 デフォでカーペット張りです。
下の階への振動防止なのかと思うのですが その意味が生まれているのか
はなはだ疑問を覚えるレベルで床が固いのが愚痴りたい案件。

昨日最後に愚痴った「地べたに座って生活が」というのが憚られるもう一つの要因であるのですが
床がこの下コンクリート直なんじゃないかって思いたくなるレベルで固い。
……このあたり どうにかならないのかなってずっと思ってる。

そして このカーペット自体も面倒くさい案件でして 何がアレって掃除が面倒くさい。

……掃除機かけたつもりでも髪の毛とか床に引っかかってますし
拭き掃除の類ができないので そもそも自分の家の床がどのくらい汚いものなのか
なかなか判別がつかないというのがそれなりにストレスです。

壁も薄い、と言われれば薄いです。 隣人がしゃべっているかどうかくらいは
透けて聞こえる程度の薄さです。

――でも 私の一人暮らしは隣人の「ギシアン」を聞きながら始まったレベルでもありますし
ある意味 私が受け取る隣人の生活音には慣れてしまっている部分もあり
これに関しては大きな問題にはしていない模様。

あと 窓ですが――一人暮らしのこの部屋の大きさに対しては広すぎるのではないかと思うことも。

特にこの夏のような異常な暑さだったり それにうだってエアコンを効かせたりするときに
この広すぎる窓からどれくらい冷気が逃げ出しているのだろう――といったことは
おそらく考えてはいけない領域なのでは、と思っています。

さらに 窓がでかければカーテンも長くて ついでに言えば窓に対しても長かった。
――ゆえに その下に置いている棚とずいぶんカーテンが干渉しまして
最初のうちはその上に置いてある小物をずいぶんと叩き落としてくれたのがこのカーテンです。

……ちょっとした被害がこれによって起こったこともありました……

そんな意味でも 折を見て逃げ出すタイミングを考えるべきかもとか考えたことも。 そんなレベル。

TOP