居室①

2018⁄09⁄15(土) 00:00
過去部屋の中身について不満をぶちまけてやる
――4月5月に主に記事投稿できなかった時期に――
みたいなことを言っておきながら 気が付いたらそれ以外で記事投稿が間に合っていて
まだ さほどこのあたりに手をかけていないことにふと気が付きました。

……そろそろ引っ越して半年くらい経ちますし
言える時に言っておかないといずれいい時がなくなってしまうだろうな、
ということで ちょっとばかし思い出しながらこの辺語ってみたいなと思います。

まぁ でも基本的に私が気になる部分に絞られるのは当然の結末よね……

ひとまず いろんなものの整理もかねてまずすでに書いたような気がするものを
ざっと簡単に触れるようにしていきたいと思います。 ――いろいろ織り交ぜながら。

キッチンに関して言うならばデッドスペースがやたら多い。
……何も入れさせる気、ないだろうというような用途や意味の分からない棚をはじめ
「作るんだったらしっかり大きさあるやつにしてくれ」とばかりに
冷蔵庫の上をデッドスペースにしてやろうという意図をありありと感じる
中途半端な大きさな棚が設置されていたりします。

さらに キッチンシンクの上も換気扇の配置が「絶妙に邪魔」且つ「微妙にずれている」
よくわからない配置になっていて 棚にできたであろう部分を
完全に殺してしまっている感じになっています。

ついでに 一部には立て付けの家具、というのが設置されているのですが
少なくとも私の主観ではあるのですが 「絶妙に邪魔」なもののチョイスだったり
「必要あるのかな?」という優先度のものが置かれていたりして
これもなかなかに住むうえでは面倒くさいものだったりしています。

……似たようなものの中に 「このくらいのクオリティのものであるならば逆に要らない」
(私にとっては電子レンジがそうでした。 下宿時代に持っていたもののほうが質がいい)
ものがあったりして これの処理にも頭を悩ませたものです。

あと テーブルが備え付けてあったのですが正直それは活用されていませんし
それの存在のおかげで「地べたに座る」のが少々生活環境の高さとして
難しいような形に強制されてしまっているというのは
生活のやり方を考えるうえであまり面白いものではなかったなぁなどと思います。

……まぁ 四月当初に抱えていたものと比べると「慣れてしまった」おかげで
そこそこ少なくなっているかとは思いますが かけるだけ書いていこうともいます。

TOP