発信力

2018⁄09⁄05(水) 00:00
若輩者のわたくし、何にかけましてもまだまだ特訓すべきこといっぱいあります。
――そして 日々の何気ない生活の中で「これも直すべきかな」って
思い直す発見をしてみたりするわけであります。

というわけで 今回考えた「私の課題」というのは情報伝達力
――特に情報発信力のほうに今回注目していきたいと思います。

半年前の三月、私は卒業旅行と称して北海道周遊をしておりましたが
その中で起こった一番のハプニングとして「予約した宿から放り出される」
というものがございました。 ――まぁ この辺のブログ記事としては
五月あたりに一気に投稿した一つなのでブログで見ている人はいないでしょうけど。

(それ以前に こんなクソブログ見ている人がいないという説)

まぁ ブログでは書かなくてもツイッターには書いていたのですが
その辺の情報発信――10にも満たない感じ、もしかしたら片手で数えられるかもしれない。
……そんな感じだったのを覚えています。

で 先日同じ境遇にあった人のツイートがTLに流れてまいりまして

――同じネタでもバズる人はバズるんだな~  ということを思いました。
この辺、情報伝達力や発信力、日ごろからどれだけ外にかかわっているか諸々が
かかわっているのかな~  って思うわけですね。(嫉妬とかではなく、現実を知ったというか)

さらに言えば その人に向けた「私もそれ経験しました」リプが
確実に 私自身がその時に遭遇した時以上に反応をいただけた、というのは
いろいろと考えさせられることもありました。


一応 私自身 休日とかに自己啓発として何らかの
人間関係だったり会話力だったりの本というのを見てみたりしております。

……まぁ例えば 今の時期になってきますと さすがに「恋人がいない」
みたいなのが問題になることもあるのかな~  と思っておりまして
たとえば この辺の物の考え方みたいなのを読んでみたりしてました。

……といいつつ やっぱりこの辺「頭が固い」部分があるらしく
妹に対してそんな話をしたときに盛大に笑われた
――というのは 結構記憶に新しいところだったりします。

まぁ 本読む前に自覚しているのは「文章力」と「画像を使う力」
もしかしたら「その画像を見やすく加工する発信力」ですかね。

TOP