抜錨! 連合艦隊、西へ!⑤

2018⁄09⁄30(日) 00:00
085_20181002022631cfe.png086_2018100202262617c.png
気が付いたら大西洋に進出していた我が艦隊。
……正直 バカンス楽しんでいる、という設定なのだったら
最終海域地中海で止めておくあたりがよかった気がするのですがまぁ その辺は気にしない。

あ、全力出撃ができない、ということをまず最初に言っていた私共ですが
結果的に「乙」での突破のほうができた、ということを報告させてもらいます。

とりあえず 初手ゲージはダイソンとなります。

――こちらは艦これ的に言えばウォースパイトがメインのイギリス軍、という動きらしいですが
この時点で割とイギリス本当からは離れている印象。
――まぁ 忠実知らないのでアレですが そんなものなのでしょうか。

088_201810020226244a1.png089_20181002022622b1f.png
これが終わりますと次はドイツ軍の動きとトリコロール夏姫が出てまいります。

一応 海域的にはこのあたりが山場、といった難易度みたいなのですが
姫の立ち位置みたいなのもなんとなくそんな気もしますし
私個人的には「ここでいったん海域割ってフランス艦くれよ」って実際思ったわけであります。

091_20181002022619b3f.png092_201810020226149ad.png
まぁ そんなこと言いつつラストは空母機動艦隊で割ったんですけどね()
――洋上補給(ただし補給艦自らが食す)を活用しながら。 こうでもしないと溜まるもの。

096_2018100202274126b.png097_201810020227394a0.png
で 最終的に欧州水姫の待ち受けるマスが開けるわけで。

101_20181002022738507.png103_201810020227369e0.png
なんか 本来はラスダン入った後に「第一第二ボスたたきに行く」という
ギミック発動したりなんなり、ということがあったみたいなのですが
私の場合 気が付けば「ギミック割った後の光景」が広がっておりましたので
これ幸いに、と進ませてもらいました。

まぁ 空襲ます開放ギミックのほうはやりましたけどね。

というわけで 最終的には魚雷カットインマシマシの攻勢で行ったわけですが
見事 カットイン三連星の真ん中にいたぽいぬちゃんから
おにぎりもらった雪風がカットイン決めて終わらせました。

104_201810020227328b3.png105_20181002022728b7b.png
甲作戦は「同じ札が付いた連合艦隊でないとたどり着けない」
という縛りがあったこの海域で この欧州水姫の片割れになっているビスマルクと
彼女が言う「忌々しい複葉機」を扱っていたアークさんを
並べて攻略できる、いかにも艦これらしい連合艦隊で行けるのは
甲作戦ではできない乙な計らいなのかなと感じる今日この頃。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!④

2018⁄09⁄29(土) 00:00
057_201810020219169d6.png058_20181002021914bd2.png
なんか 気が付いたらやってきてしまった地中海。
……今回の欧州進出では結構あっさりスエズ運河通してもらえたんですね。

――というか そんな設定だったら本当に「同時進行作戦ってわけじゃないでしょうに
そこまで細かく札分けする必要なくね?」って思うワイ提督。

――封鎖するとしたらここ、というポイントだろうと思うし
前回は欧州の門番、とばかりにいらっしゃったトリコロールな方がいらっしゃいましたが。

059_201810020219104ea.png060_201810020219085a9.png
061_20181002021906d01.png062_20181002021903789.png
というわけで まずはこの海域にて――ダイソンに資材を提供します。
――輸送先が全く持ってよくわからない海の真っただ中なのだからそうとしか言いようがない。

063_2018100202203530a.png064_2018100202203203b.png
すると なんだかんだで海域が広がるので その先でギミック破壊します。

065_20181002022030e81.png066_20181002022027e81.png
なんか 入居中の姫が鎮座しております。 あらすじそんな感じ。

066_20181002022027e81.png067_20181002022026f96.png
070_20181002022149404.png071_201810020221465de.png
基本は駆逐艦ですが まぁ ずっと修理しているという難儀な子。
――その影響か 水上艦なのに陸上標的といういろいろと困った苦難を抱えております。

……そんな 特攻的意味では軟な方ですが 随伴艦が固さも受け流し的な柔軟さでも
物量でも豊富に位置しているおかげで見事に守られてる感が強かった印象です。

まぁ そんなことを想いながら――やはり 陸上装備で押し切る感じ。
やはり、ケッコン済駆逐艦は強い(真髄)

072_20181002022142984.png073_20181002022140753.png
074_20181002022135137.png075_20181002022132af0.png
076_20181002022259c28.png077_201810020222548b6.png
078_2018100202225287b.png079_20181002022248af2.png

どうでもいいけれども 「今年はしっかり働きます」って
水着にならない、という選択をした子をわざわざ有名な避暑地へ送り込むあたり
割と鬼畜なことしているのではないかという罪悪感にさいなまれた今日この頃でございます。

081_201810020223299d5.png084_201810020223241d5.png
さて その次に続くのは……ライン演習?

――何というか 日本の海戦はそれなりに海域ごとにストーリー踏みながら
やってくるものが多かった感があるのですが 欧州の場合はそれを結構脈略なく
投下してくる感じ、なのでしょうかね。

私としては ここでプリンちゃん全力出撃させるのを「女神に傷をつけてなるものか」という
いつぞやの謎の誓いの影響でためらう展開になったため
この海域の「手抜き参戦」がここで決まったわけであります。

……海域終了後ボイスドラマがあったならば この誓いを破ることも考えた。

TOP

サカナ、イモ

2018⁄09⁄28(金) 00:00
先にあった三連休と後からやってきた三連休。 それぞれの時にやったお話が
いろいろと錯綜させながら書いている 自分でもよくわからない配分になっておりますが
今度は後半の三連休――まぁ スケジュール的には個人的に
非常に充実しているといえる方のお話をさせてもらいましょう。

築地04
オリンピックのあおりで壊される――必ずしもそうではないのかもしれませんが――
昭和の名残惜しく騒がれる築地市場のほうへ行ってまいりました。

私自身来月移転予定のこの築地 行っておかないと手遅れになりそうと思ったのもありますが
例えば ここに来たことがないという友人のことを聞いて
自分の知っている東京を案内するどや顔ツアーのルートに組み込んでみただとか
私がすき好んでちょいちょい食べている築地で仕入れるおかかのふりかけが
最近どうも食べたくなったから仕入れにやってきたとかそんな邪推な同期はございません。

築地02築地03
まぁ 築地といえばやっぱり魚とかが集まってくるわけですが
少なくとも私一人だった場合は「何を好き好んで一人食い歩きするんだ」
って言いながら たぶんやらないだろう食い歩き。

でも 誰かとくるとその「意固地になっている部分」というのを
吹き飛ばしてくれるわけですからなかなか楽しげがある……ように思います。

築地01
といいつつ 築地には魚以外にもおいしい食べ物が集まるということで
一応スイーツにも舌鼓を打ってみたりしているわけだったりします。

こちらでは なんともおいしそうなイチゴスイーツが見られたので思わず一口。
酸っぱさがなくすっきりとしたイチゴの味、いただきました。



まぁ 私自身願ったりかなったりの買い物(ふりかけ)ができたにもありますが
そのほか ちょいちょいと一緒にいる奴のやりたいことなど聞いてみながら
私の案内できる範囲の東京見学、みたいなこともやっておりました。

――といいつつ 育ちがイモの千葉っ子、のっぴぃさん。

基本的に渋谷や池袋といったおしゃれな人たちが集まる山手線の西側には
残念ながら縁もゆかりもありはしない、ということで 胸張って案内できるのが
秋葉原をはじめとした山手線の東側ばっかりだな~  ということは

――ちょっと計画建ててみながら思ったことだったりもします。
……まぁ できる範囲でできる場所を宣伝していくスタイル、それでいいんだよね。 きっと。

――などと言い訳しながら多慶屋へGOするのっぴぃさんであった(見た感じそれなりに好評?)

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!③

2018⁄09⁄27(木) 00:00
035_20181002013906a53.png036_20181002013904d8b.png
前回のあらすじ。 インド洋ど真ん中の泊地。 どこ?
――いや 実際に 「バカンスでなんか海に浮かんでいる泊地」という状況らしく
扱いも水上艦に代わっているという なんとも素晴らしいことになっているこのバカンスモード。

……現実の陸上施設が「やれバカンスだ」で海にぷかぷか浮かばれると
それはそれで物理法則も顔真っ青な展開になるわけですがまぁ。

037_201810020141119bf.png038_20181002014109c56.png
さて このあたりの海域から(まぁ 私はRTA勢ではございませんし)
友軍艦隊のほうがぼちぼち現れるようになった、という状況でございます。

今回のイベント この海域では割とアメリカ艦をまとめた方々がやってくる
――ただし 明らかなバランス調整があると思われるため 「アイオワはやってこない」
という状況だったりするわけですが。

……まぁ 全体的に今回のイベントでは結構支援艦隊として夜襲カットインする
空母がやってくる、ということが多かった印象があるわけなのですが
そんな意味で考えると 今艦これの装備で夜襲カットインをする→アメリカの力が不可欠

ということで 後方支援に特化しているとはいえ 今回の作戦で
一番の立役者ってアメリカなのではないか説が浮上しております。

――いやはや、夜襲カットイン装備、さっさと揃えたいものです(フラグ)

041_20181002014107ae3.png043_20181002014105352.png
043参照044_201810020141001c7.png
――で 泊地水鬼ゲージを割った後は同じ場所に出てきている
ドイツに帰りたい姫のほうがやってきましたのでそちらをボコす作業になります。

――まぁ 展開的にはなかなか心が痛む。 なお なんか見覚えがある鬼がおりましたので
せっかくなので並べてみました、というのも一応やっておきます。

プレイしている最中には全く持って気が付きませんでしたが 一応角の傾向が違うのね。

045_20181002014234404.png046_201810020142315b4.png
047_2018100201422907f.png048_20181002014226290.png
一応 空母の方々に特攻があった、という形なのですが
「相応に無駄に大破する大食い空母」がおりましたゆえにそれなりに苦戦しながらなんとか海域突破。

049_201810020142246c5.png050_20181002014221f12.png
051_20181002014339d3c.png052_20181002014336a43.png
053_20181002014334900.png054_20181002014330a2f.png
055_201810020143265eb.png056_20181002014322ca0.png
海域突破報酬は――まぁ ボスのイモっぽさからなんとなく
想像ができていた方がもらえるわけですが それはそれでありだと思います。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!②

2018⁄09⁄26(水) 00:00
017_20180929235501a79.png018_20181002013542187.png
日本の中でもどこか有名な避暑地を舞台にしているからか
単に運営も稼ぎをしたかったのか細かいところは定かではありませんが
結果的にこちらも相手もやたらバカンスモードで十月あたりまで押し切ることになった今回のイベント。

とくにぽいぽいちゃんのビキニにデレデレな私的には問題はないのですが
あえてひとつ言わせてもらうならば「なぜ初夏ボイスから全く変化しないのか」ということ。

……さすがにこの時期に「もうすぐ夏がくるっぽい」というのはお笑い種、という印象があります。

019_2018100201354046d.png020_20181002013539dcc.png
まぁ、だからといって容赦はしない、それが艦娘のジャスティス(たぶん)

そんなわけで 適当に撮りためたSSでぽちぽちしゃべるという俗にいう「手抜き」記事シリーズです。
――E2のゲージ輸送まで割りましたので 戦力ボスのほうに全力突貫する
――まぁ そんな感じの流れだったりします。

021_20181002013536413.png022_201810020135341cf.png
結果的に考えてみると ものの見事に陸上型の敵が並んでいた今回の海域。
陸上装備をゴリゴリに積んだ駆逐艦が大暴れするということがなかなか珍しくないようで
普段彼らが見せないような「四桁ダメージ」をナチュラルに叩き込んでくれるという
なかなか面白い光景を見せてもらえる、そんな場でもありました。

023_20181002013706f70.png024_2018100201370486e.png
025_2018100201370150c.png026_201810020136581ec.png
027_201810020136558f8.png028_20181002013653b5d.png
029_20181002013813867.png030_20181002013811b34.png
報酬的にはこんな感じ。 ぽいぬちゃんにでも持たせるか。

031_201810020138081b7.png032_20181002013806c59.png
続きましてはE3. インド洋に向かって艦隊進出していく流れ、らしい。
縮尺違いますが割と海域被っている気がするんですがね……

……まぁ なんというか 今回のイベント海域ごとに丁寧なことに海域ごとに
お札を分けてくれている、という現実があるわけですが
そもそも もともとのお札の趣旨って「同時進行作戦(設定)」だから
片方に参加している艦はもう片方のほうに手を回す余裕はありません みたいな感じだったはず。

……最近って やたら難易度釣り上げるためにこのあたりのシステム使っているようで
今一度 運営さんにはこのあたりの認識を思い直してほしいと考える今日この頃。

033_201810020138049f5.png034_2018100201380187d.png
――などと考えながら 港湾棲姫をボコす。

035_20181002013906a53.png036_20181002013904d8b.png
そして 広がった海域の先には泊地水鬼が。
……「いや どう考えてもインド洋ど真ん中でそんなところに泊地なんてあったっけ?」
って 突っ込みどころ満載で居やがります。 なんて日だ。

TOP

脱線するのは様式美

2018⁄09⁄25(火) 00:00
三連休
少しばかり先の三連休でのお話しゃべらせてもらいましょうか。
(といいつつ お話はこの先盛大に逸れて今回だけで終わらなくなります(ネタバレ))

……今月は敬老の日と秋分の日(の、振替休日)で正味二度の三連休が連続していたわけですが
前の三連休のほうでは艦これ記事の中で降れたように
実家に帰りまして悠々自適にだらだらするというくず生活をしていたら終わりました。

――これはこれで日々の疲れをとることができたと考えれば
全く持って後悔するような行動だったと私は称することができませんがね。

それに対して後半の三連休にはどうしていたのか――といったお話。
……一応 艦これイベントで戦ったりもしていたわけですが
まぁ 当然というべきかなんというか それだけでは終わりませんよ、といった感じ。

まず こちらはビックサイト(ただいま建設中)となりますが
まぁ 別にゲームとかやらない人間にしてはこの時期にやっていた
ゲームショウなんて特に大きなイベントでもなかった(ぶっちゃけ)

その傍でやっていた同人誌即売会のほうへ行っていつもの通り
いろんな欲望をぶちまけるだけの簡単なお仕事やっていたわけですが――楽しかったです()

それにしても 東京ビックサイトも今度の五輪に向けて床を広げるだとか
その他の同人即売会――のみならず 例のゲームショウやら
いろんなイベントがそのあおりを受けるだとかいうお話もありますけども

……結局これら いい方向に転ぶんですかね? 私気になります。

なんか オリンピックボランティアの募集サイトとかのお話を聞いたのですが
いかにも ボランティアという存在をなめ切っているとしか思えないような
「募集する気が全く見えない姿勢」に驚いたことを覚えています。

国家予算レベルで壮大な金を使っているにもかかわらず
デザイン性ややる気に欠けた設計を見せられると
なぜこれらのイベントを行う人たちをボランティアで賄おうとするのか

そしてそれらを束ねようとしている人たちの無能さと金食い虫気質というのを
ひしひしと感じた次第でございます。

まぁ その再開発のあおりを受けてそうな場所にもまた行ってきたのですが
そちらの話は全く持ってできそうにないので今回はこのあたりで。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!①

2018⁄09⁄24(月) 00:00
001_20180929235255592.png002_20180929235253c15.png
さて 夏イベ→晩夏イベ→初秋イベのほう、それなりに私も
攻略等もろもろやってまいりましたので――ぼちぼちしゃべりましょうか。

もうこの時期になってきますと いつもの通り攻略情報とか垂れ流しても
n番煎じになることはわかりきっておりますので いつもの通り
「誰の得にもならないクソ感想会」を一人で開催するスタンツに固執しましょう。

――そういえば 今回のイベントまず初めは実家に帰ってごろごろしている合間に
タブレットで片づけた(PC持っていけないから)のですが
艦これ二期の影響かブラウザの影響か やたら重くてゲームにならないことが
それなりに頻発してずいぶんストレスがたまっていた記憶があります。

ついでに言えば ブラウザのスクリーンショット機能が時頼バグって
上手くスクショが確保できなかったり――ということがそれなりにあり
今回のイベント別の意味でも苦しめられた気がします……

まぁ 今回は初めての「社会人としてのイベント」でもありますし
その意味でもいろいろとタイミングやペースを図りながらのイベントとなりました。

まぁ 寝て起きれば飯がある、というところで先の三連休ごろごろしていたわけですが
これもこれとて のっぴぃさんにとってはれっきとしたバカンスであるということを示して見せましょう()



003_20180929235249747.png004_2018092923524110b.png
というわけで 対戦哨戒をいたしますE1.
この時点ですでにほしい画像がいくらか見つからないという事案が発生しております。

まぁ いえることといえばダイビングしながら夏を満喫している潜水艦新姫。
……こちらも割と舐めプで育成中(≒耐久改修に使いたい海防艦=未改装海防艦)
メインで突貫してなんか終わらせる、という 燃費の軽さに乗じた
ある意味ごり押しプレイをやってのけるわけでありますが。

005_201809292352339ca.png006_2018092923522441c.png
007_20180929235413018.png008_20180929235411e8b.png
009_20180929235409311.png010_201809292354041d6.png
011_20180929235358384.png
というわけでE1のアイテムたち。

総じていうなら「この先使うよ」というメッセージも込められているというのが
最近になってE1のアイテムを眺めながら思えるようになった気がします。

013_201809292355105b7.png014_20180929235507454.png
016_20180929235504978.png017_20180929235501a79.png
その次に続くはマラッカ海峡で資材輸送をするマップ
――といいつつ なんかスクショだけ見てみると「輸送感が全くない」艦隊で
とりあえず重巡姫(バカンス中)をボコすだけの図になっている気がするでござる。

TOP

通常海域えんやそら 前

2018⁄09⁄23(日) 00:00
さて 世間一般的にはすでに艦これイベント始まっているわけではありますが
――少なくとものっぴぃさんはイベントクリアタイムバトルとか狙ってるわけでもなく
「艦娘と楽しくのんびり攻略できればいい」とか考えているゆるふわ勢

……ついでに言えば 先日の二期到来で海域開放がゼロからのスタートとなったのも
記憶に新しいところでありますしひとまずそちらの方もぼちぼち進めてみたわけですよ。

……というわけで イベント記事考える前の腹ごしらえ
――適当に、通常海域のお話をば。

21_20180929231821a8b.png22_20180929231814242.png
3-5.毎月通う海域の一つではありますがこちらは相も変わらず。

基本的に水雷戦隊で挑む私にとって
過去任務とかで重い編成で生かされた名残がいったんなくなったのは
またこれはこれで懐かしさを感じるところでもあります。

……といいつつ ここに関してはその内また任務で重い編成使わされるんだろうけど。

23_20180929231802913.png24_201809292317534f8.png
カレー洋……要するにインド洋。
二期になってすごくインド洋感が増したような気がします。
……誰もがまがわぬインド洋。

今回はろ号任務はこちらで回収するのがよい、とのことなのですが
バケツや資源などの消費が相当重いこともあり
「ろ号を絡めて資源調達」という今までのセオリーが通用しなくなったようで……

私的にも結構頭を抱えるところであります。

25_20180929231749c0a.png27_201809292320200d9.png
みんなのトラウマ 5-3の夜戦マップであります。
こちらに関しては本格的にイベントが始まってから私も突入ししたわけですが
イベントが始まった、ということはこれが使えるんですよね。 警戒陣。

夜戦マップだろうが避けてしまえばいいのだろう?

27_201809292320200d9.png
というわけで ケッコン艦満載にしたうえで警戒陣で道中突破。
……なかなか楽しくやらせてもらいました。

――ところで このルート取り、通りながら「さっさとボス行っちゃえよ」って
全力で突っ込みたかったところなのですがそうもいかないのでしょうか()

28_20180929232015033.png
その次の5-4――昔は割とぬるめな戦果稼ぎマップ、
今は海域番号に相応しいそこそこ重めなマップ――のほうも行かせてもらったわけであります。

TOP

今月の一品②

2018⁄09⁄22(土) 00:00
外食02
月一で横須賀へ行く~  みたいな習慣ができているように
やはり割と毎週のように行きたくなる店、というのがインドカレーの店とかでも
個人的にはあったりします。 俗にいう「行きつけ」ってやつですね。

バイトなしの学生時代を過ごしていたのっぴぃさん的には
それができる、というだけでも 割と社会人になったモチベーション
(より正確には労働へのモチベーション)が生まれていると称しても
何ら違和感がないような気がします。 のっぴぃです。

外食01
といいつつも 様々な方面で新しい味探し、というのもやっているわけでして。

先日駅前で売っていたカレー弁当を持って帰ってきて食す。

――まぁ この類のものに関しては 味の評価とはまた別に利便性の高さ、というのも
大きなポイントになってくるものですがこの点に関しては
「周りのことを考えないのであれば」かなりいいものだった、と思います。

少なくとも ギリギリ「疲れた会社帰りに自分のご褒美として買うのにはあり」レベル。

ただ 持って帰る途中で相当な飯テロを引き起こすことは必須ということで
「周りの目線を気にする」のであれば難しいなってところ。

外食03
そんな お手軽ってレベルを地で行っていたのが
横浜西口のダイエーの中にあったフードコート内、そんなインド料理店。

まぁ 豆の味がしっかりするのですが 廉価なのには廉価な理由があるんだろうな
――というか 非常に庶民的な味がした、というのが適切か。

ただ 聞いたところによると近々このお店が入居するダイエー自体が閉店するとのことで
せっかく手ごろな店――一番廉価でワンコインディナーできる――見つけられたと思ったのに
行きつけにする前にどうなるかわからない感じになってしまう、というのは
わがことながら運がないな~  と思う今日この頃です。

外食08
インド料理で必ずしも固めるわけではない、不意に食べたくなる料理、というだけなら
ほかにもいろいろあるよね、というわけで 唐突に食べたくなった青椒肉絲。

この類の料理ってクックドゥとかでも作れたりしますが
少なくとも私の料理レパートリーでピーマンを購入すると
「作った後に残ったピーマンをどうするか悩む」という現象がおきまして
これはこれで悩みどころといった感じ。

まぁ ピーマン使ったメニューレパートリー増やせばいいだけの話ではあるのですが。

TOP

年季

2018⁄09⁄21(金) 00:00
水洗い01水洗い02
のっぴぃさん、最近気になりました。
「私のパソコン、汚すぎやしませんか?」などと。

基本的に精密機械であるPCって 普段以上にメンテナンス気にしないと
早々にダメになってしまう、というのがよくある流れでありますが
最近私が買ったゲーミングパソコンはまさに据え置き型――意識しなきゃいけないことも多いのでは

……ということを思い出させてくれたのがこのキーボードです。

まぁ「思い立ったら実践」ということを気軽にできるのはまずこちらから、
ということで 早速キーボード掃除をやってみましたという画像を乗せながらだらだらしゃべる。

――まぁ、あと、キーボードのmとkの間らへんに
何か粘性のあるゲル的なものが挟まってしまって
妙にキータッチが気になるからそれを改善してやろうとも思っているんだけどね
(↑どう考えてもそっちが本当の動機です本当にありがとうございました。)

キーボードと聞いて私が思い出すのは――学部四年の時だったか。
急に意図せずPCのキーボードが外れて 何をトチ狂ったのか
キーボードに接着剤塗って張り付けるという愚行を
衝動的に犯してしまったこともありました。

……その件も当時こちらの日記に書かせてもらった思いでありますが
今になって考えてもどうしてあんなことをしたのか「かなり謎」。

……まぁ てんぱった時に自分は何をしでかすか全くわからない
――といういい勉強になった、とは思います。

……なんだかんだで一応 相当重くなったので第一線は退きましたが
一応稼働はしますからね。 あのPC。

……タブレットには荷は重いけれども 外(可能性高いのは実家)に
持ち出して作業する可能性があるものに関しては一応片づけられる程度の
スペックと作業容量は何とか持っているかなと思います。

(USB端子がほぼ死んでいるのが大きな問題ですがww)

まぁ キーボード洗いの話題を振っておいてなんですが
その実やったことに関しては相当平凡な(半分小豆洗い)ことだったので
結果的にその行動をしながらどうも思い出す思い出話になりましたが

……人生生きていくとそんなイベントに満ち溢れるんでしょうし
それが年季、というものなのかもしれないな、と思う今日この頃です。

TOP