Cost to Display

2018⁄08⁄23(木) 00:00
さて この先実家にいたときの話をしようとしても――基本的に
連絡を取るとか初歩的なところから忘れて 結果的に友人とも面会できずとか
いつもの計画性のなさを露頭することくらいしかできないので――いったん置いておくとして。

というわけで とりあえず自分の一人暮らしに戻ってきた後の話をするわけで。

まず真っ先に「やらないとな~」という気持ちにさせてくれるのは
部屋に散乱したコミケの残骸――のようなもの。
つまりは 後片付けやらないといけないわけですね。

なんというか 先の私の反省の中でも述べているように
今年も戦利品を大量にゲットすることができたわけで……・

ここで大量の金を使ってしまった、ということをあの時は反省しておりましたが
いざ 終わってみると コミケ本編で大量に金を使うほかにも
その他もろもろの雑費で結局いろいろと金使うことになるんだな~  などと。

まぁ 同人誌などは買ったら本棚に入れるわけですが
今年本を買ってみたら――まぁ 始まる前からやや、といった感じではありましたが――
もう それを入れる場所が残っていない、みたいなことがあって。

早速その本棚を買い足す、みたいなことをやってみたり。
――まぁ 当時の私が選んだのは付け足し可能なボックスタイプの棚。

――この時期にこのようなことをしているとついぼやきたくなってしまうのが
「引っ越し家具調達するときに終わらせておけよ」といったところなのですが
――当初の計画では ボックス1個分くらい空くつもりだったんですがね。

実際に中身を詰めてみるとそうもいかないのですよこれが。

本当に大量に同人誌買ってたんだな~  と思い直すわけで。

そのほかにはタペストリー。 私個人としては在庫すべてを飾る、というのは
どうにも面白くないと感じる人種でして 気分が変わった時とかシーズンごととかに
それを変えることができるための在庫が欲しい、そう思うわけですよね。

で こっちはこっちで 今まで持っていたそのタペストリーの保存エリアが
満杯になっていた(これは半分 先の引っ越しとは無関係かしら)こともあり
ここらのケアもしないとな、といったところで。

あと 新しく用意した抱き枕の展示をできるようにするためとか
なんだかんだでまた五千くらいはコミケ事後費用で飛んで行ったわけで
財政眺めながらちょっとため息をつく、そんな今日この頃であります。

TOP