縛り

2018⁄08⁄22(水) 00:00
一昔前の私だったら「画像載せる記事を連続投稿できるのはいくつまで」
みたいな感じで記事のバランス気にした記事づくりしていたんだろうな~

ということをふと思い出して ちょっと懐かしくなる、ノスタルジックなのっぴぃです。

考えてみたら過去私はブログを作るにあたって自主的に
――外部的な要因を受けたものがあったとしても それを引きずるような形で――
いろいろと縛りプレイしながら物事進めるの好きだったな~  とおもいはじめました。

先ほどの 画像記事連続投稿数縛りをはじめとして 文字の行数、文字数縛りだとか。

ところで 前ちょっと「なぜ女の口喧嘩は強いのか」という個人的に興味そそる
ツイートが流れてきているのを拝見しましてね。

どうやら 男の頭の中身を外に出そうとするときには「文字数縛りの小論文」
女の頭の中は「日記」とのことで その出しやすさによる口数の量で押し切られる
――という理論がその中でなされていました。

まぁ これが事実であるかどうかはここではいったんさておくとして
「文字数縛りの小論文」という例に対して私個人的にクスリと来たものです。

――なお このあたりのもろもろをさておくとして、
これをはじめとして「男脳と女脳」などを最近本を読みながら勉強している、
みたいな話をしていたら 盛大に妹に笑われました ……みたいなお話も。

せっかくなので付け加えさせてもらいましょうか。
(一応自己評価としては私「相当男脳に偏ったしゃべり方しているんだろうな」
ということを自覚してはいるものの――治すべきかどうかについてはちょっと悩んでいる最中。)


同じようにツイッターから引っ張ってきたネタをしゃべらせてもらうと
「帰省あるある」として 「帰ったら早々にやることがなくなる」とかいうものがありました。

確かに 帰ると何もやらない――というか「やろうとしてたものすらやらなくなる」という現象。

例えば 確かに資格試験のための勉強道具 絶対帰省中に「暇だ」と時間を持て余す
タイミングがあるだろうな~  と思って 持って行ったのはよいものの
結果的に向こうでそれを開くことはありませんでした。

……というか それの存在すら忘れていた、といっても過言ではありません。

なんというか 相当お気楽なことしているな~  と 我ながら思うわけですが……
……もう少しやる気出してくれてもいいんだよ? 私?

TOP