やらかし(報告)

2018⁄08⁄08(水) 00:00
こう 一種の言い訳なのかもしれませんが私はどうも
様々な作業を同時並行で行っていくことが苦手です。

基本的な生活――と、主に自分からアクションを起こすものに関しては――
・「一つの作業」の容量を増やして自分の中で意識付けをする
・別の作業が行われていない時期にあらかじめ先に困るだろうことを片付けておく

……とまぁ 大まかにこの二つの方法でその場を乗り切っている――ことが多い――ように思います。

逆に 受け身の事案だったり至急の案件だったりそもそも意識から外れてしまったりすると
その案件を発端として様々なところに悪影響を及ぼしかねない
――ということを認識したことがありましたので今日はその辺のお話でも。

端的に言うと「ポストチェックを怠って人間的ピンチかもしれない」案件。

思い出してみたら私、一番最近に郵便ポスト確認したのいつだっけと。
……そして そのポストの中にやべー書類が入っていた。
しかも、期限がギリギリ切れてた。 やわらやばい。

一般的に「ポストなんていつも見るでしょう」って思われるかもしれません。
……実際 私もそう思うのですが なんかここのポスト
「やたらチラシを勝手に投入される」妙な特性を持っておりまして
いつしか私の中でこれが相当億劫な案件として認識されてしまったようです。

正直 本当に必要な書類よりも投函されたわけわからんチラシのほうが多い有様。
……そんなに催促されてもポンポン身内が逝くということもないのだから
このような催促しても葬儀屋の広告になることはないと思う

――といった案件が多発しているような有様です。

とまぁ そんな感じでいつしか会社帰りに(疲れた)という心持
――もしくは、生きるための翌日のご飯のことを考えていたりしていたならば
うっかりポストの確認を習慣からなくしてしまった、といった感じだったり。



一応 対策のようなものは明日考え直すとして
少し間を置いたら思った「盛ってたな」案件。

大学時代、神戸の下宿でもポストの確認は激アマだった可能性大。
――といっても、週間レベルで見忘れる、という今回レベルの事案がなかったあたり
やっぱり なかなかの問題だなぁと思わざるを得ないわけで……

TOP