蒸し風呂

2018⁄07⁄18(水) 00:00
ここ最近がいかんせん暑すぎる件。 本当にどうにかならないものか
……と 頭を痛めております。 のっぴぃです。

一つの例としまして 帰省のお帰りで部屋に帰ったのっぴぃさんを
出迎えたにおいというのが一種の腐敗臭。

……ゴミ袋のほうからに追ってきていたのですが 確か意識して
出発前にゴミ袋をゴミステーションに持っていこうと画策していたことも一緒に思い出しまして
「やるべきことだったのにすっかり忘れていたな」と思い直したパターンであります。

……まぁ 出発する前すでに書いたけれどもそれなりにドタバタしていましたし。
――仕方ないよね。 仕事帰った後にいろいろとドタバタと濃密に動けた。
……この意味では自分を自分でねぎらっても悪くないと思っています。

――まぁ 甘め、ではあるのですが。



一つ部屋の愚痴を書いてもいいだろうか、といった感じで。

家の前の廊下に出るとよくわかるのですが どうやら建物とその風向きが
一致した方向に建っていない、というのがあるようです。

玄関をと窓を開け放つとかろうじて 部屋の中に風の通り道ができるわけですが
その時にできる風の道と実際に外をよくとおる風の通り道が直交していて
せっかく外を風が駆け抜けていってもなかなか部屋の中にそれが
取り込まれない環境にあるのではないかと感じています。

……まぁ せいぜい同じ間取りの部屋を大量に作ることがお仕事の
とある不動産会社さんだったら仕方ないことなのかもしれませんが
これ 地味に面倒くさい案件でして つまり部屋に帰った後
どんな感じで快適に部屋で過ごそうか毎度頭を悩ませる種になるわけです。

……風の通り道を作ったらそこを素直に風が走り抜けてくれたら楽だったのになぁと。



さて そんな感じで蒸し風呂になる環境がよろしくないのかわかりませんが
最近ちょくちょく タペストリーを張り付けているフックが
自然と天井や壁から落下しているという事案が多発しております。

一応 その下に致命的なものも置いていないですし 悲惨なことになるレベルで
床が散らかっているわけでもない、というのがありがたい話ではあるのですが

……なかなかひやりとする事案であることは事実。 何とかならないものか……

TOP