W. cup

2018⁄07⁄08(日) 00:00
さて 日本のほうはワールドカップも敗戦しまして個人的にはなんだかな~
と感じる違和感あるワールドカップの話題が収まってちょっと生々としています。

――試合が始まる前にも書きましたが個人的に このワールドカップが始まる前の監督騒動
はたから見ていていい気分はしませんでしたし そのこともあり(元からスポーツ観戦に
あまり興味持ってないだけかもしれないけれども)ワールドカップはほとんど興味示さずでした。

――まぁ 結果論的には気が付けば一応決勝ラウンド進んでみたりして
今までの一番良い結果タイということだったみたいで……
その点だけでは日本的には悪くなかったのかもしれません。

けれども これを人間社会とか組織の流れとしてみてみたときには
少なくとも私の人間的に苦しくなるような話が結構見えていて正直言い期はしていません。

私 実際に失敗してみないと学ばない難儀な性格しておりまして
何をするにしても(特に失敗してもいい場ならなおさら)全力で失敗しに行く(許される範囲で)
というのをここ最近のモットーのようなものにしています。

そのモットーと今回の騒動を重ね合わせてみると 試行錯誤の成果だけ
見事にかっさらわれたという気がして非常に心が重い。
あえて悪い言い方をしてみるならば非常に胸糞悪いわけです。

まぁ この件だけで行くならば 単純にひがんでいたりといった部分かもしれません。

――まぁ ついでなので「娯楽としての」ワールドカップとしてみたときの
今回のワールドカップに対する疑問点というのも挙げておきましょう。

予選リーク最終試合 日本負けましたし その中で物議をかもした消極的な布陣。
……まぁ 戦略的にはいいのかもしれないけれども、とか何とか云われていましたが
これ サッカー観戦を娯楽として考えてみたときには大失敗ともいえるわけなんですよね。

まぁ 様々な側面があるでしょうからこの采配を私は悪かった、とまでは言い切れませんが
このもろもろの流れと重ね合わせて あまりいい印象を持たないな、
という 個人的感想が漏れてしまうというのはこれまた事実。

挙句の果てにはこのあたりのスポーツ観戦とかって誰が誰のためにやってるものなんだろうという
素朴な疑問も生まれてみたり知るわけですが 普段から見ていない私にとっては
これは自問自答すべき問題ではないな、ということだけはわかりました。

――まぁ 背景でこんなイベントありましたし触れないわけにもいかないかなと思い、といった感じで。

TOP