お外で食べなきゃ

2018⁄06⁄22(金) 00:35
外食05
実家のほうでガストのメニュー割引券をもらってきたのを思い出したので
覚えているうちに言ってこよう――といったノリで行ってきたものになります。

……といいつつ 同じところに封入されていた一部のクーポンは
気が付いた時には期限失効していたので ちょっとやらかしたかな

――やっぱりクーポンがあるからといって必ずしも食べるわけではないので
特に その失効した中で食べる気があるメニューが残っていたりすると
どこはかとない「やらかしたかな」感が出てきたりするものです。



自炊01
そんなわけで 一応外食のほうもちょいちょいおしゃべりネタとして使っているけれども
一応まだ自炊のほうはやっております のっぴぃです。

これは――冷凍ご飯取り出したときに形を特に成型するでもなく
カレーをぶっかけたのですが いざ食べる時に自分でちょっと面白くなったんでしょうね。
――考えてみると特に万人受けするようなネタでもないし
わざわざ特筆して書こうとしていた真偽は不明ではありますがノリで。

まぁ 実際のところはこの時期でもありますし思ったようにものが作れるわけではない。

せっかく用意していた食材が腐って使い物にならなくなる
(もしくは相当使うのを渋らざるを得ないことがある)というのは
往々にしてよくあることだったりするわけであります。

このカレーも最後のほうは味がなくなって正直「悲しい思い」をする羽目になったのですが……

少なくとも出勤する前に冷蔵庫に(鍋ごと)カレーを冷蔵庫にぶち込んでいたのですが
二日目以降どう考えても味がおかしい、という状況になりまして
(一応捨てるまではいきませんでしたが)味覚を考えないようにしてカレーを食べるということがありました。

もともと好きなメニューをこのような扱いするのはかなり気が引けます。

――まぁ 反省点を考えるとして「ジャガイモのとりわけをしていなかった
(別皿扱いにするなどすると寿命が一日は変わってくるでんぷんの塊)」というのがありますが
だからといって今まで冷蔵庫にぶち込んでいたものがこのようなことになったことがあったかなぁといった印象。

つい先日もまた別件でこのようなやばい食品の処理をすることがあったのですが
「なんか冷蔵庫を開けたときに妙なにおいがする」
「野菜室の中が阿鼻叫喚」
「ついでに取り出したベーコンがなんかぬめってる」
といったこともあり 私の中で冷蔵庫に対する信頼がなくなっております今日この頃であります。

TOP