配指

2018⁄06⁄19(火) 00:00
どうやら疲れているとわけわからないミスや読み間違いの類も多くなるらしく

例えば 先ほどブログに別記事を投稿している際に見えたトラックテーマ
「子供のころ、乳歯が抜けたらどうしていましたか?」という問いを

「子供のころ、乳首が透けたらどうしていましたか?」と素で読み違えて
女性向けに下な質問かいな?  みたいなことを考えていました。
――シモな塊なのはお前の頭だけで十分です。

考えてみたら 先日の私が半ば発狂した日というのも
当日私が作っていた書類には「わけのわからない書き間違え」というのが
頻発していたこともありますし あながち間違いないのかもしれません。

……あと 数年前までは「えっちぃ物は何も持っていないよ」ということを
一種売りにしていたのっぴぃさんでありますが 最近は
同人グッズ的な意味でこれらが結構散見されるようになっていて
このあたりや上記のいい間違いのことを加味すると
「シモな思考に陥りやすくなる」というのも関係しているのかもしれません。

――おかげで、ツイッターのいいねが他者のTLに流れる現象は
かなり困っているという言い方もできるのかもしれません……



あまり母集団や数が信頼できるものではないのですが
私の身の回りで仕事でPC使いこなすことができる人は総じて
「マウスを使っていない」という特徴があるような気がします。

ノートPCでの作業であるならばスライドパッド等を使ってぐいぐいと作業を進めていきます。
聞くところによるとマウスに手を持っていくのが面倒らしい。

私はPCを買い替えるきっかけに「スライドパッドがつらい」というのを
上げるほど あのデバイスを使いこなせていないのですが
もしかしてこのあたりのできる人というのはこのあたりのデバイスの使い方も
一般人的には変わっている部分があったりするのか、とたまに考えてしまいます。

ほかにも キーボードのマイナーなキーを手軽に押すためにはどうするか、とか考えているようで。

一応私も日本語(英語?)入力であればブラインドタッチもできるのですが
彼らの動きというのはこれができるできないとはまた違った意味合いを
持っているのかもしれないな~  という根拠もない考察を。

……まぁ これに関しては信ぴょう性を自分が真っ先に疑っているのですが
身の回りだけ見ると妙な一致性があってこれはこれで怖いというぼやきです。

TOP