手際悪し

2018⁄06⁄16(土) 00:00
昨日の話に半直接的にくっつくお話なのですが ちょっと医療機関のほう
受けてこようかな~  って思って実際に動いてみたら
なんだかんだで予約していたはずなのにたらいまわしにされたってお話。

まぁ もともと何もなかったならばたらいまわしで時間を浪費することは
――よくはないですが 苦笑いして許したのですが昨日の件があったので
私にしては比較的ピリピリしながらのたいおうとなりました。

簡単に言うと 高校時代に似たような症状でお世話になっていた医療機関に
久しぶりに顔出しつつ昔の診療記録が残っていないか聞きに行きたいと
あらかじめ電話で話を通してもらっていたんですよね。 ――母に。

そのあたりの連絡、何をすればいい、どんな会話をした諸々の記録を
母から受け取りつつ指定された時間に病院へ向かいます。

――が そこからが個人的に予想外の出来事の連続でした。

言われた時間に顔を出したはずなのに先生が来ていないとかいう話になるし
いろいろと私が聞いていた話と食い違うものだから 電話について
引き継いだ記録をそのまま無効に提示して確認するも
その記録を見たのか見ていないのか頓珍漢の返事を返されるし。

「先生が来ていないし電話予約できないから午後に電話ください」とか言って
追い返されるし(てか、その場にいるのだから 電話なんて不確実な要素挟まなくても
予約とか時間調整とかするもんじゃないの?普通)

実際に言われた通りの行動してみたら「受付した者がお昼休み中で確認が取れないので
取次することができません」って電話口で言われるし
(ほら、電話口挟むなんて二度手間、するだけ無駄やったやんけ……)

なんというか そのまま終始gdgdなままいろんなものが終わったイメージ。

特に 前日のポカについていろいろと相談したかった私的には
最後のほうは何か物に当たっていかないとやってられないような心情になっていた
――ような気がします。 何というか ある意味忘れたい雰囲気を
自分の心の奥底のほうで感じていたりしているのですがまぁ。

で 結果的に私がやりたかったことの――半分はやりそびれてしまったわけですし
せっかくの私の休日が一日吹っ飛んだということもありますから
そのあたりの罪は重いぞ~  と、愚痴りたくて仕方がない。

……そんな今日この頃であります。

TOP