梅雨(迷子)

2018⁄06⁄30(土) 00:00
先日梅雨が明けた、などという報道が流れてきたりしておりましたが
そんな実感すらない、という人間大多数なのではないでしょうか?
――かくいう私もその一人。 のっぴぃです。

正確に言うと「梅雨が明けた実感がない」というよりは
「そもそも梅雨があったのかが怪しい」というレベルではありますが。

確かに数日雨が降ったかもな~  という気はしましたが
「しとしと雨が降り続ける」という印象は全く持って皆無。

最近そんな「梅雨らしくない梅雨」というのが頻発しておりますし
下手したら今の5歳児とかは「六月のイメージ」として
「傘」「てるてる坊主」みたいなものを思い浮かべることができない、
みたいなこと 夕にありそうだなぁと感じて戦慄してる次第です。

――それにしても まだ6月開けていないのに梅雨明けしちゃって大丈夫なのかな?
絶対ダムとかの貯水率ひどいことになっているよね?

というのがやはりというか気になってしまうのが今日この頃。
しかも これまたそんなお話もここ最近珍しい気がしない、というのが
最近の気候の面倒くささを表しているような気がしてげんなりしています。



梅雨が明けるとやってくるは夏本番。 ひとまず新しく越してきた
今の家で夏をどう涼しく過ごせるか、というのが目下の課題です。

実際 先日も寝苦しくて一時間寝付けず、一時間早く起きるなど
睡眠時間を有に2時間ほど無駄にする、ということがあり
――それも一度や二度でない、というのがなかなか面倒くさいわけであります。

居室をなるだけ広く使いたい一心でロフトで寝ているというのが大きな要因なのでしょうが
だからといってそれらを下に持ってくると確実に出来上がるのが万年床。
――なかなか難しいものであります。

まぁ この値付け亡くなる直前までは 確かに日中暑苦しかったものの
日がかげるとまだ過ごせるレベルには温度冷えてくれたというのもありますし
やっぱりのっぴぃさん、この暑苦しい「サウナのような暑さ」というのは
何度経験しても慣れないものがありますね……



部屋が広くなったことですし、たぶん前住んでいた部屋よりもかさむだろう冷房費。
――できるだけケチれるようにできること、考えていかないと大変そうです。

TOP

カースト・マインド

2018⁄06⁄29(金) 00:00
さて 前回のあらすじの中でははっきり述べておりませんでしたが
この三か月間ののっぴぃさんの生活というものを端的に表現しようと試みますと
どう考えてもそれは大失敗であったということができるでしょう。

相当自分勝手な第一目標すら達成できず 周囲への貢献のきらいが
なかなか見えてこないどころか 周りの手を煩わせてばかりでした。

まぁ 勉学に関してはやることはやったつもりではあるのですが それでどうにもなってない現状
もしかして自分この仕事向いていないのではないかという疑惑が渦巻く
――どころか 怒涛の大濁流として押し寄せてきている次第です。

まぁ 実際配属されてこの学んだことが使われるか――というと
聞いたところによるとそうでもない、といったところらしいのですが
だからといってその変わった先に「はいそうですか」と順応できるかといえば
この三カ月の経験的にちょっと不透明だなぁと感じている次第。

まぁ これ以外の選択肢すら思い浮かばないしやるけど。

……もうしばらく、冬の時代が続きそう。 そんなことだけはわかります。



一応同期の中には私よりも年下の人間がそれこそわんさかいらっしゃいます。
――同期の中では相当年寄りという扱いになるんでしょうね。 アラサーだし。

まぁ そんな中で盛大にすっころんでいるわたくしはというと
院卒の風上にも置けないような立場を。醜態をさらし続けているわけですよね。

大学時代にはこんな危機感を感じることなんてそうありませんでしたし
なんというか 私も末だんぁって自虐したくなることも多々あります。

……自分の行動を後から考え直して思うことなのですが 自分無意識下で
結構強力な学力カースト考えているみたいですし 結構行動を起こしている合間合間に
その気を相当まき散らして大爆散していることもあるんですよね。

……たぶん このあたりからくる変なプライドのようなものっていうのも
私を停滞させている大きな要因として挙げられるのではないでしょうか。

だからといって人権的に見下しているきらいはないつもりなのですが……

でも ここ最近の自分の醜態を考えてみると最近の自分が何にしがみついているのか
本当にわけわからなくなってきていますね、なんて。 恥をさらしてみる。

TOP

やらかし。おもひで。

2018⁄06⁄28(木) 00:00
さて 社会人生活も三カ月が過ぎまして何というか
一つの区切りつけてもいいかな~  という気がしてまいりましたので
いったんそれっぽい反省記事のほうを書いてみたいと思います。

まず 自分の理想の社会人像――といっていいのかどうか――として
少なくとも 自分を見失うことはやってはいけないこと。

そしてそのうえでせっかくこのポンコツを拾ってもらえたわけなのだから
自分のやれることを一つ一つ確実にこなしていかないとな~  と緩く考えておりました。

まぁ 実際はどうだったかといえば 社会というのはお金払っているからなんでしょうね。
――私の許容できるのとは全く別問題の速度で物事が進むわけで。

結果的に 私が何も呑み込めないまま実習が終了――といった状況にあったとしても
過言はないような状態になってしまいました。

その一つの例として挙げられそうなのがそもそもの資格取得状況。

前 資格試験のための勉強をこなしてみたものの 何をやっても
――自分が思いつくこと、講師に聞いてみて実践してみたこと合わせて――
むしろやることやった感バリバリ醸し出しながら受けてみた資格試験。

結局「解いたことがある」――すなわち 類題は見ているはずなのに。

そして たぶんその類題は正解しているはずなのに。
結果的に合格点に惜しいとかいう結果すら残さずに終わってしまったことがありまして。

まぁ 正確にはまだ受けようと思えば受けれるのでしょうが
そのような機会を持たせてもらえるかどうかはなはだ疑問。
……我ながら無様なところさらしてしまったなと思いました。

さて そうなってくるとポンコツを拾ってもらった恩を~といった意味で
それなりに私もあわててみたりするわけですよね。

……その結果 いろいろと私が負うべきもの負う必要のないもの合わせて
いろいろと私自身がしょい込んでしまったりするわけでして。
――知ってたさ、そんな性格なんだってね。

結果的に一度はじけてしまった、なんてこともありました。
――その気があったな~  という自覚はありましたが
できればもう少し穏便な方向でさらしていきたい欲がありましてね……

という 今までの私の最大のやらかし談義――というか 流れの上での反省でした。

TOP

Test 02-02

2018⁄06⁄27(水) 00:00
13_2018070121323664d.jpg14_20180701213235875.jpg
――このゲームの交通系DLCでは二種類のターミナル駅が実装されたりしておりますが
日本人の特性なのかはわかりませんが どうも櫛型ホームのターミナル駅は
持て余すきらいがあるような気がします。 のっぴぃです。

正直 頭が寸止めになっているこの駅をどのように街の発展に
生かしていくべきか、というビジョンが思い浮かばないんですよね。

――というわけで 自分の中ではすでに次の街ではこの駅の使用は没コースと変わっております。
15_20180701213431630.jpg
もう、何をしたいのか全く分からないレベルでぐちゃぐちゃした配線である。

16_20180701213430b9b.jpg
MODで「単線を引ける、運用できる」ものを見つけましたのでせっかくなので
田舎町っぽい雰囲気を目指して砂利道の街を作ってみました。
――まぁ、こちらは少し家を詰めすぎたかな~  といった感じもしますが。

ついでに 日本人ですし、やっぱり「日本家屋が並ぶ街」みたいなのも
将来的には目指してみたいですね。 次の街作る前にプロップ漁りしてみるのもよさそうです。

17_20180701213429f9c.jpg
アセットで見つけてまいりましたリサイクルセンター。
ゴミ処理の悩みであった「やたら土壌汚染する」という問題を見事に解決してくれて
かなり重宝している便利アイテムとなっております。

このあたりの検索をしてみよう、という流れが出来上がってきたのも
前の街を作っていたころの私との大きな違いでありますね。

18_20180701213429e4e.jpg19_201807012134285b4.jpg
もともとのマップにあったでっかい島。
――ここの開発はどうしたらよいか、ということをいろいろと悩んでいたのですが
結果的に片方の島を観光特化、もう片方を娯楽特化にしてみました。

大阪の夢洲ではありませんが 海岸部の隔離された領域とかって
なんか 「非日常感」漂うような領域なのかも。 みたいな印象があります。

20_2018070121342746d.jpg
ただ 海沿いにその辺の世界をまとめてしまいましたので山側にも娯楽都市を作ってみた、そんな感じで。
海にサッカースタジアム(DLC)を用意したのであれば こちら側にはフェス会場をご用意。
市民の憩いの場として機能してもらいたい願望。

……ただ こちらで大量の駐車場を用意してもなかなか使ってくれないのはさみしいかなって。
――まぁ 車両制限でゲームがキツキツなことを考えるとそれでいい気もしてくるし
なかなか難しいものだな~  などと思います。

21_201807012135277e5.jpg
次の街の計画として「山村を作れるようになる」というものがあります。
……これ、自分的には40点の山村。 途中から敷き詰め癖が出てきてしまいましてね……

村の発展のさせ方、勉強しないといけないようです。

TOP

Test 02-01

2018⁄06⁄26(火) 00:00
さて 初回の街はバイオハザードが起こり滅亡、次の街もゲームのプロップ制限で中途挫折。

というわけで 一歩ずつ学んでいきたいのっぴぃさん、
ちょっとまだ 一種のチートBOTに頼りつつではありますが、
少しずつ都市運営に慣れてこようかな、ということで街づくりやってみました。

――まぁ 時たま「特に理由がなく地下鉄が作動しなくなる」みたいな不具合があり
そのたびに「理不尽に敷設しなおす」羽目になるから
これも案外「箱庭ゲー」として遊ぶのであれば必要な項目なのかと。

09_2018070121323967a.jpg10_20180701213238d57.jpg
で 出来上がりましたのがこちらのTest02 city
ある程度「完成」感が個人的に出てきましたのでしゃべってみようかなと。

一部の市民の文句を飲み込んでもらっているブラック市長やっておりますので
そこそこ見えなくなっている項目もあるのですが
まぁ そこそこ商業区や産業区も生き残っておりますので
前よりは着実に成長したのかな、とは思っております。

まず、街の中心部≒初めに開発するエリアに1次産業を固め、
1次から3次産業の物流がなるだけ最低限になるように意識してみました。

前回の街は「物流トラックが多くなりすぎて開発後半街が機能しなくなる」
というゲーム的事案も発生していましたからね。

開発をやめた直接的な原因は「建物建てられなくなった」ですけど
それ以前に無理やり目をつぶっていた「物流の崩壊」問題も忘れておりません。

――といいつつ、のちの産業配分調整で没になった産業もあるのですが。

11_20180701213237ca7.jpg
物流問題対策其の二。 街の中心部に貨物ターミナル駅を設置。
――こちらはどちらかといえば「外縁部・都市外からやってくる貨物線を一気に束ね
ここを介してそれぞれの目的地へ荷物を裁く」ことを意識しております。

そのおかげで 貨物列車の渋滞も抑制できますし その意味での機能不全を防止するのが目的。

一応 初期から引かれていた鉄道路線3本が集まるポイントの一つに設置しておりますし
このあたりはある程度意識した形になります。

12_20180701213236c16.jpg
建物などを敷き詰めたがるのっぴぃさん。 意識して
街の中にある山や丘を「都市公園」として整備するようにしました。

――特にこの「自然公園」はやたら場所占拠してくれますし「敷き詰めたがり」対策には
よかったのではないかと思っております。

……ついでに制定した「登山道(というツアーコース)」は市民に不評ですがね。
登山道なのだから、長いことは許容しろってもんよ。

TOP

武士は食わねど高楊枝

2018⁄06⁄25(月) 00:00
一応頭ではわかっているつもりなのですがなかなか実践できない――というか
どうも 嫌味なところが抜けきっていないなぁという自覚があるので
少しだけアウトプットしてみたくなりました。 のっぴぃです。

なんというか ここ最近の私の「落ちぶれ」具合が半端ないです。

まぁ 自分でこう書くのも何かと思いますが 私今まで
あまり落ちぶれないで生きてこれるように自分でフィールドを選びながら生きてきていた
……意識的、無意識的にというのもあるのかもしれませんがそんな考察がたてられます。

ただ 今のこの生活では――そして、もしかするとこの先も――そのような甘えは
なかなか通用しないのではないか、ということに気が付いて愕然とするのであります。

そんな意味では今までは「適材適所」という言葉が好きだったのかもしれません。

例えば学校の授業でも半端なく苦手な英語の授業があり
それに関して言えば完全に落ちぶれていた、ということができるのですが
地理とか物理とか得意科目で頭角を現すことで何とかメンツを保っておりました。

大学の専門科目なんかこの最たるもので意図して自分の一番得意なフィールドを選んできた、
と言い張っても問題ないのかもしれません。

それに対してここ最近の私はこのような自由な選択ができなくなっていて
さらに スタートラインが異なるレース――私は専門知識が全く使えないが
すでに同期の中にはこの知識を持っている人がいるという当然の摂理――に対して
変なプライドのようなものを捨てることができずにいます。

……どう考えてもこれはやばい、といった危機感はまだ感じています。

まぁ 同期の中には私の二つ下――つまり、学部卒――という人も割といますし
それに対する年齢的アドバンテージみたいなのを勝手に感じているのかもしれませんし
なまじ神戸大学ってネームのある大学卒ということに胡坐をかいているのかもしれません。

……さらに、悪い意味で就活で何もかもがうまくいかなかった絶望感のようなものを噛んでいるのかもわかりません。

――結果的に自分でも驚きが隠せないレベルで研修の内容が頭に入ってこない。
そして 全く吸収できていないんだろうな、という自覚も一応、あります。

幸いなのはここまでのことは、自覚できていること。 不幸なのはここまでしかアウトプットできていないこと。
――これ以上のことは行動に映せるかどうか、かなり不透明であること。

「Fランでもトヨタに受かれる」「学歴なんて仕事は言ったら関係ない」などとよく言いますが
「その悪い例」というのを実演して見せている、そんな人間なのかもしれません。 今の私。

TOP

2018⁄06⁄24(日) 00:00
正直研修などで「身だしなみ」どうこうを大切にせよなんて言われているけど
基本がずぼらな人間にとっては「何が大切な点なのだろう」ということが
全くわからない、というのは世界の自明です。 のっぴぃです。

一応 お店でのクリーニング以外でもこのあたりのもろもろ
何とかなるようにズボンプレッサーなるものは常備しておりますが
なんというか いろいろ中だるみしてきた今日この頃においては
「逐一毎日ズボンをプレスする」というのがいかに面倒くさいことか。

――だって、自分がズボンの折り目なんて気にしていないのだから気にできるわけないんだよ。

そのほか 自分がずぼらだな~  て感じる事案はアイロンがけとかでしょうか。

まぁ こうやって意識して記事作っている自分にはそうでもないのですが
(はたでアイロンの電源入れてるなう)特に何もないときには
洗濯したままのカッターシャツ着て行ってしまうことも多々あります。

――だって しわ一つないシャツというのと着用した際にどうしてもできるしわ
私の中では同一視しちゃっているんですもの。 意識しようがないよね。

そんなわけで 自分の服装問題的にはまず意識改革というか
「何が問題なのだろう」ということを知るところからなのではないかと思う今日この頃。

そもそも それがわからない状態で対策しようにも 例えばズボンプレスしたつもりが
かえって折り目を増やしてしまったりアイロンがけで
むしろしわくちゃにしてしまう、なんて事案が容易に考えられるわけです。

極端な話 営業のカリスマとか言われる人は毎日靴磨いているゆえに
革靴の磨かれ具合などを一瞥して判断できる、などとは言われますが
果たして本当かなぁなんて思ってしまうわけです。



プレスといえば 朝は毎日プレス(通勤電車)という責め苦を味わっている私ですが
この時期になってくるとそれに汗臭さ、というのが自動でプラスされてしまい
まぁ なんというか 不快感が天元突破している感じですね。

……冗談抜きで毎度何とかならないか考えるわけでありますが
結果的に自分も汗臭い、汗多い側の人間という自覚もあり何とも言えないんですよね。

今までも夏という季節には苦手感持っておりましたが
これからはまた別の意味で苦しむ夏になりそうだなぁ……長い目で。

と思う今日この頃であります。

TOP

お外で食べたい

2018⁄06⁄23(土) 00:00
外食06
考えてみたら らあめん花月、あちらこちらで店は見かけるものの
実際に言って食べたことなかったな~  ということを思いだしました。

――まぁ 普段だったらそもそもそんな意識すらしないのではないかという気もするのですが
ここ最近は行く先々で食べるラーメンが家系、そして個人的に
それに飽き飽きしているということもありまして。

たまには、チェーン店で安心安定して食べられる味の知れたラーメンを
いただくのもいいんじゃないか、と思った次第であります。



もしかしたら社会人にはよくありがちの感情なのかもしれませんが……

この時期になってくると日々のランチに楽しみを求めたりするものなのかもしれません。
――NHKでサラメシとかいう番組が親しまれる理由がなんとなくわかった気がします。

さて そんなのっぴぃさんの昼飯事情のほうですが一応近くの食堂で
いただくことも多いのですが 結構多いなと自覚しているのがコンビニ飯。

しかも とある会社のもので固定されつつあるという感じで マンネリ化甚だしい感じでもあります。

というか 今いる場所から手軽にいける距離に食べ物手に入るほかの選択肢が何もないというのが悩みどころで
少し冒険しないと何もできたもんじゃない、というのが正直なところとしてあります。

というわけで 意図してちょっと外の物を食べてみようだとかいう考えもあるのですが
そうなってくると「どこまで遠くのものを食べに行っていいのやら」
――メニューが出てくるまでの時間と行きかえりの時間を考えると――
という疑問が絶えないわけで そのあたりは実際に動きながら考えていかないとなぁ、といった感じ。

基本的にデスクワークなしごとになりましたので こんな感じで積極的に
自分から動いてみないとな~  と思わないと運動不足になることは必至。

……まぁ 何につけてもまずは心がけから、ですね。



外食07
まぁ 外に出ないとなるとたまにぎっとりした何かをつかまされることもあるのですが
これまたお外の店ですと安定して安定した味をいただくことができる、というのが
個人的にありがたいところなんじゃないかな、と思うところでして。

まぁ そうなってくると「昼食に使える予算はいくらなのか」という問題が頭をもたげるわけで
ひとまず 自分の懐事情をしっかり理解したうえで「外に出るだけでなく安く
ついでに健康に悪影響与えないような飯」というのを模索する必要がありそうです。

TOP

お外で食べなきゃ

2018⁄06⁄22(金) 00:35
外食05
実家のほうでガストのメニュー割引券をもらってきたのを思い出したので
覚えているうちに言ってこよう――といったノリで行ってきたものになります。

……といいつつ 同じところに封入されていた一部のクーポンは
気が付いた時には期限失効していたので ちょっとやらかしたかな

――やっぱりクーポンがあるからといって必ずしも食べるわけではないので
特に その失効した中で食べる気があるメニューが残っていたりすると
どこはかとない「やらかしたかな」感が出てきたりするものです。



自炊01
そんなわけで 一応外食のほうもちょいちょいおしゃべりネタとして使っているけれども
一応まだ自炊のほうはやっております のっぴぃです。

これは――冷凍ご飯取り出したときに形を特に成型するでもなく
カレーをぶっかけたのですが いざ食べる時に自分でちょっと面白くなったんでしょうね。
――考えてみると特に万人受けするようなネタでもないし
わざわざ特筆して書こうとしていた真偽は不明ではありますがノリで。

まぁ 実際のところはこの時期でもありますし思ったようにものが作れるわけではない。

せっかく用意していた食材が腐って使い物にならなくなる
(もしくは相当使うのを渋らざるを得ないことがある)というのは
往々にしてよくあることだったりするわけであります。

このカレーも最後のほうは味がなくなって正直「悲しい思い」をする羽目になったのですが……

少なくとも出勤する前に冷蔵庫に(鍋ごと)カレーを冷蔵庫にぶち込んでいたのですが
二日目以降どう考えても味がおかしい、という状況になりまして
(一応捨てるまではいきませんでしたが)味覚を考えないようにしてカレーを食べるということがありました。

もともと好きなメニューをこのような扱いするのはかなり気が引けます。

――まぁ 反省点を考えるとして「ジャガイモのとりわけをしていなかった
(別皿扱いにするなどすると寿命が一日は変わってくるでんぷんの塊)」というのがありますが
だからといって今まで冷蔵庫にぶち込んでいたものがこのようなことになったことがあったかなぁといった印象。

つい先日もまた別件でこのようなやばい食品の処理をすることがあったのですが
「なんか冷蔵庫を開けたときに妙なにおいがする」
「野菜室の中が阿鼻叫喚」
「ついでに取り出したベーコンがなんかぬめってる」
といったこともあり 私の中で冷蔵庫に対する信頼がなくなっております今日この頃であります。

TOP

お外で食べる

2018⁄06⁄21(木) 00:00
どうやら 外食行ってきたときにとってきた画像というものがたまっているようでありまして
ちょっと そちらの毛色でお話してみようと思った次第。

外食01外食03
基本的に子供舌で小学生時代から食べ物の興味の方向が変わっていない
――などと自称しているのっぴぃさんですが その意味でもちょっと異色を図っている?
のはチキン南蛮ではないかと考えています。

――昔(今も名残は残っていますが)マヨラーだった時の影響です。

まぁ チェーン店でその風味が感じられるメニューが出てきたときには
私的に気になるものもあって買ってみたりすることもあるのですが
往々にしてチャレンジング過ぎて反応に困るものもあったりするようで。

画像の場合は松屋と丸亀製麺で「そんな系統のメニューがある」と聞いて
興味をもって食べてみたという一例だったりするのですがなんとなく思うところではあります。

もともと持っていた下地のメニューの味とマヨネーズが喧嘩しているんですよね。
……そのあたり 味の情報過多だったな~  という印象がありました。

(丸亀の場合はさらに上に載ってたゆずがさらに参戦してきて
勝手に味の異種格闘技が繰り広げられてもう秩序も何もない、って感じ。)

外食04
先日久しぶりに顔出してきた病院がありましたが
まだそちらに通っていた時に そのイベントのたびに立ち寄っていたうどん屋さんがあったので
同じような動きをしていた先日にかおをだしてまいりました。

――ある意味懐かしの味、というものなのでしょうかね。
なんとなく 「昔食べたな~」という風味が思い出されて。という印象を持ちましたから。

こんな経験を積み重ねることで人はおっさん化するのかもしれません。

外食02
通勤経路の道中でしばしば途中下車してみて面白い店探しをしてみたりすることもあるのですが
先日見つけた「スタミナ太郎」って感じのお店があったのでついでに書いておくことにする。

味自体は別に絶賛するようなこともない「中の下」がいいとこなのですが
何よりも安いというのがありがたいところでありまして
半ば無秩序に食い漁りたい、と考えたときには非常にありがたいのではないかと。

私のことだ。 ストレスたまった時にはやたら食いたくなる時ができるだろうから
その時にいい選択肢として覚えておくことにする。

TOP