地震

2018⁄06⁄20(水) 07:31
先日大阪のほうで大規模な地震がありました。
まずは 被災した方々、とくに亡くなられた方々に追悼の意を示したいと思います。

さて 私もつい先日まで関西で生活していた身であり
さらに 親戚(血筋の源流)が西日本の人間でもあることもあり
知人にもかなり被災した人というのもいらっしゃいます。

一応 連絡を取った中ではけがを含めてそれらしい
影響を受けた人というのは自分の身内にはおらず
その意味ではまぁ 一安心、といったところではあります。

――まぁ お気に入りの皿が割れただとか
食器棚の二割が半壊しただとか 物的損失という意味では
なかなか大きな問題を抱えた話というのも伺っていますがね……

で 一応関西にも友達といえる人――後輩含め――も
普通に考えている、と考えるべきなのかもしれませんが
どうやら 私の交友関係というのはこのあたりでも
心の奥底で相当ドライにとらえている、というのが私の例なのかもしれない。

それとも 日常業務で神経とか気をすり減らしているのかはわかりませんが
なんというか――大丈夫だったか連絡してもよいのやら、
という感じが自分の中で漂っている絶賛コミュ障でございます。

故に 自分でも理解していない理由によりまだ
大学時代の人とかにはあまり連絡しておりません……

特に 私の一個下に関しては「そもそも連絡してもよいのか」という
根本的な疑問というのが頭をかすめまして(就活的な意味で)
なかなかに心つらいものがあるようでございます。

少なくとも自分の場合はこの時期も就活でピリピリしていましたからね……

ひとまず 週末になって私の緊張の糸が緩んだタイミング
(まぁ さすがにこのタイミングになると外れをつかむ可能性が
減ってくれるんじゃないかな…… という期待もあるのですが)で
大丈夫だったかどうかあたりは確認してみたいなって思います。

――とりあえず 今日も一日頑張る。

そのあたりから考えていこうという絶賛社会人生活にまだ
からだが慣れていない節があるのっぴぃさんでありました。

TOP

配指

2018⁄06⁄19(火) 00:00
どうやら疲れているとわけわからないミスや読み間違いの類も多くなるらしく

例えば 先ほどブログに別記事を投稿している際に見えたトラックテーマ
「子供のころ、乳歯が抜けたらどうしていましたか?」という問いを

「子供のころ、乳首が透けたらどうしていましたか?」と素で読み違えて
女性向けに下な質問かいな?  みたいなことを考えていました。
――シモな塊なのはお前の頭だけで十分です。

考えてみたら 先日の私が半ば発狂した日というのも
当日私が作っていた書類には「わけのわからない書き間違え」というのが
頻発していたこともありますし あながち間違いないのかもしれません。

……あと 数年前までは「えっちぃ物は何も持っていないよ」ということを
一種売りにしていたのっぴぃさんでありますが 最近は
同人グッズ的な意味でこれらが結構散見されるようになっていて
このあたりや上記のいい間違いのことを加味すると
「シモな思考に陥りやすくなる」というのも関係しているのかもしれません。

――おかげで、ツイッターのいいねが他者のTLに流れる現象は
かなり困っているという言い方もできるのかもしれません……



あまり母集団や数が信頼できるものではないのですが
私の身の回りで仕事でPC使いこなすことができる人は総じて
「マウスを使っていない」という特徴があるような気がします。

ノートPCでの作業であるならばスライドパッド等を使ってぐいぐいと作業を進めていきます。
聞くところによるとマウスに手を持っていくのが面倒らしい。

私はPCを買い替えるきっかけに「スライドパッドがつらい」というのを
上げるほど あのデバイスを使いこなせていないのですが
もしかしてこのあたりのできる人というのはこのあたりのデバイスの使い方も
一般人的には変わっている部分があったりするのか、とたまに考えてしまいます。

ほかにも キーボードのマイナーなキーを手軽に押すためにはどうするか、とか考えているようで。

一応私も日本語(英語?)入力であればブラインドタッチもできるのですが
彼らの動きというのはこれができるできないとはまた違った意味合いを
持っているのかもしれないな~  という根拠もない考察を。

……まぁ これに関しては信ぴょう性を自分が真っ先に疑っているのですが
身の回りだけ見ると妙な一致性があってこれはこれで怖いというぼやきです。

TOP

峠道

2018⁄06⁄18(月) 00:00
ドライブしました、はい、おしまい。 というのもちょっと寂しいですが
どうも食い意地が張っていたのっぴぃさんはあまり気の利いた画像を残していなかったので
結果的に飯テロ画像祭りがここで始まることになります。

……まぁ もともとのコンセプトが「私の地元(広域)案内」みたいな部分もあり
私的に目新しさが薄かったことも要因の一つでしょうね。 あとは ドライバーだったこと。

外食11
というわけで 例えば行ってきたのが千葉の三大ラーメンの一つ、アリランラーメン。

別に韓国風味というわけでもなく 千葉の峠道に存在するこのラーメンを出す店が
「峠をうたった韓国の曲、アリラン」に思いをはせて名付けた
――という理由を聞いたことがあります。

味は濃いめのしょうゆにニンニクやら玉ねぎやらを大量投入した超スタミナラーメン。

ただ その豪快さやにおいの危険性については危惧したほどではない。
……なるほど、三本の指に入れられるだけあるな~  という美味なラーメンでした。

外食09
私の外食ネタのお勉強、という側面もあるのですが
せっかくなので昔行ったイタリア料理店でワインやビールをたしなみつつだべる。

個人的には酒を飲み放題するよりも料理を楽しみながら酒を転がす、というのが
かなり好きな人種でして 居酒屋の飲み放題とかに同じ金使うならば
一杯の酒で粘りながら何品かの料理を頼んで楽しみたいという欲があります。

まぁ せいぜいデートの店選びの一向にしてくれたまへ(いーなー)といった感じで無事終了。



外食08
まぁ なあなあな感じで書いておりましたが この週末はわたくし
病院やらこの遊びの予定やらを消化するために実家に一度戻っておりました。

神戸にいたときはおいそれと戻ってくることはできませんでしたが
今くらいの距離感であるならば たまに実家近くで幼児を作って
適当に戻ってついでに寝まくる→リフレッシュ  という形で
実家を個人的に利用することができて なかなか居心地がいいのかもしれません。

――多少無理すれば何とか実家から通勤(片道)できなくもないですし
できることや環境はなるだけ使いながら ストレスをためないで
温厚に過ごしていける努力をしていきたいな~  などと考えてみたり。

……あ、画像は「いつもの味噌ラーメン」です。
ストレスたまってるなら「慣れ親しんだことをする」ものに勝るものはないですからね!

TOP

Driver

2018⁄06⁄17(日) 00:00
今までもちょくちょくとブログに書いてきていた――気がしますが
私もたとえば実家に帰ってみたときなんかは
実家近くの悪友とつるんでみたり(まぁ 反社会的なことはしませんが)
ということも結構やってみるのですが。

――基本的にゲーセンでつるんだりカラオケ行ってみたりと
割とやっていることは高校時代のそれとさほど変わりないと考えていました。

……まぁ 社会人になれば立場も変わる――もしくはたまには
違うやつとつるんでみたら毛色が変わる――のかもしれませんが
結果論的におしゃべりしやすそうな話題が出来上がりましたので書いてみます。

まぁ ドライブすることになった、ってだけなんですけどね。

実家にある車を借りて私がドライバーになってドライブ。
家族(もしくは親戚)を乗せて走ることは結構あったのですが
実はそれ以外の人間を乗せて車を走らせることは――初めてなのかもしれません

まぁ その立場ゆえにドライブ行ったといっておきながら
載せられる画像がさほど多くない、というのがブロガーとしては
なかなか難しいところではあるのですが まずこの経験自体が
私にとっては初めてのことでちょっと息巻いてしゃべりたいと思った次第です。

――正確には「この春から関東にやってきたやつ」に
自分の知ってる場所を軽く案内する、という趣旨だったのですが
結果論的にそこそこご満足いただけたようで私としても満足でした。

ひみつきち
まぁ 軽く一枚画像を載せてみると その途上で
私の幼き日々――ブログを始める始めない以前のガチで昔――を過ごした
「昔のひみつきち跡地」へ足を運ぶ機会があったのですが。

私が見ないうちに更地になっていて秘密基地を作っていた
木も切り倒されてしまっていて跡形もなくなっていたのがショックでした。

そのほか その近くの公園の滑り台が「崩落」していたりと
どちらかというと荒れ果てたような風貌はやはり
見ていていいものではなかったのですが……

うすうすよろしくない噂は聞いていただけに覚悟はできていたのですが
友人をさておき、一人黄昏ていたのは言うまでもありません。

TOP

手際悪し

2018⁄06⁄16(土) 00:00
昨日の話に半直接的にくっつくお話なのですが ちょっと医療機関のほう
受けてこようかな~  って思って実際に動いてみたら
なんだかんだで予約していたはずなのにたらいまわしにされたってお話。

まぁ もともと何もなかったならばたらいまわしで時間を浪費することは
――よくはないですが 苦笑いして許したのですが昨日の件があったので
私にしては比較的ピリピリしながらのたいおうとなりました。

簡単に言うと 高校時代に似たような症状でお世話になっていた医療機関に
久しぶりに顔出しつつ昔の診療記録が残っていないか聞きに行きたいと
あらかじめ電話で話を通してもらっていたんですよね。 ――母に。

そのあたりの連絡、何をすればいい、どんな会話をした諸々の記録を
母から受け取りつつ指定された時間に病院へ向かいます。

――が そこからが個人的に予想外の出来事の連続でした。

言われた時間に顔を出したはずなのに先生が来ていないとかいう話になるし
いろいろと私が聞いていた話と食い違うものだから 電話について
引き継いだ記録をそのまま無効に提示して確認するも
その記録を見たのか見ていないのか頓珍漢の返事を返されるし。

「先生が来ていないし電話予約できないから午後に電話ください」とか言って
追い返されるし(てか、その場にいるのだから 電話なんて不確実な要素挟まなくても
予約とか時間調整とかするもんじゃないの?普通)

実際に言われた通りの行動してみたら「受付した者がお昼休み中で確認が取れないので
取次することができません」って電話口で言われるし
(ほら、電話口挟むなんて二度手間、するだけ無駄やったやんけ……)

なんというか そのまま終始gdgdなままいろんなものが終わったイメージ。

特に 前日のポカについていろいろと相談したかった私的には
最後のほうは何か物に当たっていかないとやってられないような心情になっていた
――ような気がします。 何というか ある意味忘れたい雰囲気を
自分の心の奥底のほうで感じていたりしているのですがまぁ。

で 結果的に私がやりたかったことの――半分はやりそびれてしまったわけですし
せっかくの私の休日が一日吹っ飛んだということもありますから
そのあたりの罪は重いぞ~  と、愚痴りたくて仕方がない。

……そんな今日この頃であります。

TOP

ストレス耐性

2018⁄06⁄15(金) 00:00
私 ストレスの類は結構ため込んでしまうタイプです。

うまくガス抜きできないと最悪の場合爆発してしまう――こともあるかもしれません。

ついでに言うと結構自分でいうのも何ですがメンタルも弱くて
あとから冷静になって考えるとなんでこんなことで苦悩しているんだろうってことで
ずっと悶々としている――ということもあったりします。

また ちょっと言語力(コミュ力?)のほうにも自信がありませんで
冗談が通じなかったり一部言葉のニュアンス(「言い訳」という単語とか)を
うまく察することができなかったりすることも多く、個人的に苦悩しております。

そんな私、ちょっと自分史上類に見るこの類のやらかしをしてしまいまして
ちょっと全力ではんせいちゅうだったりしております。

一つ一つのきっかけはかなり小さなものだったのですが
それが積み重なったことで大きなストレスになって
気が付いた時には爆発していた、といった感じです。

夜なべして勉強した成果が全く見えてこなかった、だとか
その夜なべ勉強の結果週末のリフレッシュが少なかったとか
そもそも睡眠時間を削ってしまったのではないかとか諸々の意味で。

ただ それらの背景事情を積み重ねている上にトリガー的に
最初のような要素を積み上げてしまったときに完全に「やらかしてしまう」現象が
発覚してしまうこともある――らしい、ということまでわかりました。

――まぁ ここまで書いているということはもうやってしまいましたし
もしかしたら見られてはいけない(見られたくない)人にも
見られてしまった。ということは覚悟しないといけないのかもしれません。

さすがに一個の失敗で首になる(このレベルで、この時期で)というのは
ないということを祈りたいのですが 将来的な自分のキャリアを考えたときに
あまりよろしくない背景になりうるのでは、という恐怖はあります。

しかも惜しむらくはこの対策の医療機関受診を翌日に控えていたタイミングで
このやらかしをしてしまったということ。

せめて 翌日まで何とか持たせることができたのなら、と思うわけです。

まぁ 後悔しても始まりませんし今できることを考えないといけないですね。

TOP

祭りの後

2018⁄06⁄14(木) 00:00
12_20180619233527cae.png13_20180619233526177.png
無事 食材イベントのほうも終わりましたが 一応私個人的にも終わった後
ちょっと資材調整をしてなるだけ「お弁当」が残るように頑張ってみた
――つもりではあります。 のっぴぃです。

その甲斐もあり ちょっと余計に和食御膳用意することもできまして
それなりに気持ちも楽になった――のかもしれません。

なお この御膳と一緒にやってまいりますのが鵬翔さんの食事券
――といいながら ちょっとしたおまけの引換券のようなものにそのままなるのですが
一応 そちらの方も(なくなる前に)引き換えておくことにいたしました。

14_20180619233525054.png
というわけで追加でもらいましたのがカタパルト。
で イベント終了同時に発表されました半ばバレバレだった改二艦

15_2018061923352459c.png16_20180619233524aff.png
17_20180619233622769.png18_20180619233621050.png
伊勢改二のほうで早々に使ってしまうことになりましたと。

――いや 伊勢改二と聞いて想像した以上の艦がそこに現れたわけだから
それはそれでよいのでありますがね?

何より驚いたのは 配置制限のようなものがあって結構ぎこちなさがあるものの
利用できるスロットが5つーー大和型の特権かと思っていた――空いているという点。

長門型ですら 改二でも4スロットだったということを考えると
後ろの方の砲を下すという選択肢をとるだけで果たして5スロットを
開放してしまってよかったのだろうか~  みたいなことを思わないでもない。

まぁ 便利になるぶんには助かるから深いことも考えない。

一応愚痴るなら 瑞雲祭りとのかぶせ方が少々微妙だったかなと。
――そして 日向も改二農耕とのことで 同じ方向性ならカタパルト
しっかり確保しておいて悪いこともない、ということを知りニンマリするわけである。

19_20180619233620fcf.png20_20180619233619795.png
あと 同日実装の黒潮も改二になりました。
――さんざん食材集めのために外海乗り出す責務を負ったからか
ちょっと 駆逐艦育てやすくて助かった部分があるのかもしれません。

TOP

For soccer W cup 2018

2018⁄06⁄13(水) 00:00
どうも のっぴぃです。 世間ではワールドカップとかが
盛り上がっていたりしているようですね。

基本的に「じらされる」ということが得意ではないのっぴぃさん。

おクイズの正解率でもお察しである、って言いたくなるレベルではありますが
とにかくスポーツに関して興味を持っていない今日この頃であります。

――さて そんな中日本戦がどうとかニュースでも話題になっておりますが
正直な話私、このあたりは相当冷ややかに見ているタイプであります。

主に前の監督の扱いがなかなか非人道的じゃないか、と思えてしまう理由から。
いや いろいろと実験してみて「アレがよかった悪かった」を繰り返しながら
本番に向けて調整していくのは当然のことでしょう。

それに対して結果がどうこうという理由で解任する
――しかも確かに見たところ格段に結果が悪いわけでもない、実験であることを考えれば
むしろ上場かもしれない――というのは正直なところ
あまりこの場に詳しくない私でも見ていていいものではありません。

というか 訴訟の話が持ち上がっているって何よって話。

まぁ 結果出てきたチームも正直そこまでいい結果にも見えないし
あの解任をして何かいいことあったの?  とかなり疑わしい話であります。

そして その結果出来上がったチームを見るのも「詳しくない私が聞いて」
あまり珍しく思わないというのもなかなかだと思います。

それはつまり 前の大会からあまりメンツが変わっていないということで
それはすなわち次の世代の選手は全く育っていないということになります。

まぁ 正直な話、とても個人的な意見にはなるのですが
今回のサッカーワールドカップはいろんな意味で痛い目にあってほしいとすら思います。

……で 上層部にはしっかりこの選択をしたツケを払っていただきたい。

これはさすがに新旧どちらの監督のせいでもないし
日本サッカーがいつ高を境にして時を止めてしまったと考えられるのではないかって。

――という サッカーファンからは相当お叱りを受けそうな気もしますが
ふと そんなざっくばらんなことを言いたくなってしまったんだ。 仕方ないよね。

TOP

間宮強襲

2018⁄06⁄12(火) 00:00
01_20180610205431552.png02_20180610205431614.png
前回に引き続き、やっておりますは食材集め。
――敵軍も間宮を狙うとはあっぱれなり。

03_2018061020543091e.png04_20180610205429d20.png
……まぁ その食材集めとともになぜか大量発生した海防艦
――それもこれまたなぜか新規艦あり――の回収というのもありますので
食料集めもそこそこに彼女が出てくる海域にいそいそと繰り出すわけであります。

まぁ 初めはデイリー任務との兼ね合いで2-4出撃していたのですが
なかなかボスにたどり着かない――食材集めも兼ねようとすると絶対に逸れる
駆逐艦混ぜなきゃいけない――ということもあり
もう さっさと終わらせようと6-3に反復出撃することにいたしまして。

……これはこれでなかなかに面倒でありますな……
05_20180610205428b5f.png
まぁ、とれたんですけどね。 結構困らされたわけですが。

06_20180610205538197.png07_201806102055377cf.png
その後も順調に食材集めてとりあえずもらいました完食掛け軸。
――といっても この先もまだ多少(こっちのほうが面倒)続くんですけどね。
感覚としてはこの先がエクストラ海域、といったところなんでしょうか。

(最初 サンマ祭りの時に大量にとってた缶詰を使うことを画策していたものの
それにロックがかかっていたおかげで料理ができなかったことに気が付いたというのは内緒のお話です。)

08_20180610205537eb5.png09_20180610205536f18.png
10_20180610205535497.png11_20180610205535945.png
で こっちのほうが面倒だった完食後の任務も無事完了。
――まぁ その道中はひたすら地味なものだったので割愛。


今回のイベントに関しては 資材へのダメージやら最近やたら増えた
駆逐艦改二や前回のイベントドロップ艦の育成チャンス、という意味で
非常にありがたいものであったことは言うまでもありません。

ついでに 最近後々のために用意しようとしていた海防艦枠が
ずいぶんと圧迫してきていたので そちらの方に意識が向いたのも
結構うれしいポイントだったりします。

まぁ 期間限定海域というのもそれはそれで盛り上がるものではあるのですが
たまには通常海域にも目を向けて いつもルーチン化していたそれらを
楽しむというのもまた乙なものなのではないか――と私は思いました。

取り合えず いつも使わない対空砲が使い道ありそうな対潜装備に化けたのは
個人的になかなかありがたい。

TOP

そして、突然のクライシス

2018⁄06⁄11(月) 00:00
さて 唐突に物流がいきわたらなくなったりしたものを
資金無限ModやらNo Problem Modやらでいろいろと無視しながら街づくりを行っていた
のっぴぃさんではありますが そのような無理くりした生活も
気が付けばあっという間に終わったわけであります。 ――原因は驚くほど単純でありました。



06_20180610172359c83.jpg
どうも。 のっぴぃです。 いつものように街づくりをしようとしたときに
こんな感じで「建物をこれ以上建築することはできません」という表示が出てまいりました。

……このような警察署や消防署のみならず鉄道駅なども含めて、ですね。

07_20180610172358bbd.jpg
のっぴぃさんは今まで特に際限なく都市をどべたーっと広げていくことを考えつつ
今まで街づくりを行っていたのですが どうやらこのゲーム
扱いきれる人や建物の数に限りがあるようで。

――考えてみればそうですよね。 このゲームのすごいところは
それぞれにょきにょき建ってくる建物の中に住人が住み着いており、
彼らが行動するプログラムは「だれがどこへ行く」という目的も含めて
しっかりと組まれているわけですから それらが多くなると
計算量が膨大なものになるのは日の目を見るより明らかです。

……ということをこうやって 「目に見える形でエラーとして表示してくれる」ことで
初めてそのことを検索することができましたしいろいろと納得いった次第であります。

そして よく考えてみればこのゲーム、はじめは25タイル用意されているものの
実際に開発できるのは9タイルが限度。
これを 25タイル全部開発できるようにModで盛り上げている状況でありました。

――それをしっかり無計画に敷き詰めることをはじめから想定していなかったとしても
仕方ないのかもしれないな~  ということで。

08_20180610172357708.jpg
この先まだまだ街を広げてやろうと考えている気満々の苦い形ではありますが
今回の街「Test 01」は文字通り「テスト」の役目を果たしたということで
開発終了――ということになるみたいです。


さて この失敗を先に立ちまして このゲームで次の街を作るとしたならば
どべたーっと街を広げるのではなく「二個三個の経済圏を作る」ということを意識すること。

――そのためにもあえて山岳とか海とかで分断されているマップを探してきて
「最後まで開発しきれる街づくり」を意識した方がいいのかもなと感じた今日この頃であります。

――ついでに言えば この限界まで街をどべたーっと広げても何とか一度も落ちることなく
(ついでに 裏で艦これ動かしていても)耐え抜いてくれたこのマシンは
このゲームをやるにあたり最低限以上のスペックを保ってくれていたみたいです。 よかった。

TOP