北の国から(18)総括

2018⁄05⁄13(日) 00:00
そんなわけで 昨日までで北海道旅行行ってきた~  みたいな一通りの流れは
無事書き終えることができたわけですが……我ながら長かったね~

シリーズ番号18番まで書き込むことになるとはさすがに思ってなかった。
一週間×2回分くらいで脳内計算していたよ。

まぁ ブログ作ってる側として言わせてもらうと
この 新生活が始まって待ったくブログの記事を考えることができず
一カ月近く放置することになってしまった中で ここまで大量に
記事ネタに頭を悩ませることなく記事を透過することができる
キャパシティがあったというのは非常にありがたいところでありまして。

……実際 これのおかげでリアルタイムと記事投稿時刻を合わせることができた上に
その間の全日程を(ひとまず)記事で埋めることができたのだから大したものです。


さて 再度来たいと思える街を探す、という目標ですが
相当未練を残しました函館だとか 雪まつりへの興味を持てた札幌だとかの評価を
考えてみたら 上々な結果であったと考えております。

特に函館は五稜郭をはじめとした観光地はまだ
かすりすらしておりませんし 食も全力で堪能したい。
……心残りポイントが極めて高く よい収穫であったと思っています。

また 今回訪れることのできなかった根室や網走、
日高や苫小牧、洞爺湖なども含めて 某ゲーム的にはコンプリートも
目指していけたらな~  という望みが残せている感じであります。

手際的には 融雪で思っていた道程で旅行が進められないとわかったら
即座に代替案を考え、行動することができたなど
こちらも 少なくとも当時の私ができた判断の中では非常に良いものだったのではないかと自負しています。

まぁ 雪で足元が悪く 自分が思っていたよりも移動に時間がかかり
予定に遅れてしまった、みたいなことも散見され 完璧な行動ができたとは
とても言えたものではありませんがね……  この辺は先に生かしたい。

最後に 一番印象に残ったものを述べるとするならば――
――悪い思い出になりますが 池田で宿から締め出された件。

アレに関しては結局泣き寝入りすることになって正直腑に落ちていません。
――個人で電話で予約したものに関しては 業界のリコールが効きにくいのだとか。

このあたりを考えると この先の宿の予約は大手旅行会社とかで
一手に引き受けてもらった方が何かと安心なのかもしれない、ということを学びました。

――総括するとそんな感じになりますかね。 長々と失礼しました。

TOP