北の国から(12)

2018⁄04⁄20(金) 00:00
100_201805271155400c2.jpg101_20180527115540391.jpg
新夕張わず。 まぁ 当初の目的とおりであるならば
夕張市街の炭鉱の町を味わってやろうと画策していたのですが
融雪のおかげ(こっちは悪影響)で回ることが叶わなかったので
ただただ通過することになったわけなのですが……

さらに言えば 某位置ゲーを進めてみる、という副目的のために
一般人的には少々わけのわからない動きを重ねる、というのも
特にこの当日の動きに関しては言い訳しなければいけないことで。

――そっちの話題を日記には書かないということを心に決めているだけに
いろいろとやりづらいです(編集後記)

102_20180527121438010.jpg103_201805271214388e3.jpg
というわけで 詳しい理由を求められると苦しいのですが
なんとなく追分駅で降りてそこから北へ行くコースに入るわけです。
……室蘭本線です。 そうとだけ言っておきます。

この駅舎の中には鉄道が栄えていたころの夢の跡を示した地図が残されていて
当時の日本が 子供時代の私のように鉄道敷設を夢見ていた時代があったことをうかがわせています。

(前、私の子供時代に鉄道敷設を妄想していたという話題に触れた記事を書いたのですが
確か その記事はまだ登校していないですね。 言い訳ながら。)

104_20180527121437e33.jpg
で その後は特急区間とか代行バスとかが面倒くさい区間を避けながら
再度戻ってきた富良野駅。 ざっくりカットしている間に日もとっぷりと暮れました。

105_201805271214371cb.jpg106_201805271214370ea.jpg
富良野市内の唯我独尊って店で富良野カレーをいただきます。
スパイスのきいたあっさりとしたスタイルで結構私好み。
――そのスパイス、店内で販売していたのですが ちゃっかり自分用に購入するというね。

何より目を引くソーセージがしっかりとボリュームを提供してくださいました。

そして こんな感じで富良野を散策しながら富良野ワインの情報をゲット。
――一応 今のところ初任給で親に送る品筆頭商品となっております。

107_20180527121543ce8.jpg108_201805271215429ec.jpg
とまぁ そんな感じで富良野を散策した後 針路を北にとり旭川へ。
――結構いいものいっぱい食べれた日なのかもしれませんね。 こうしてまとめてみると。

TOP