北の国から(11)

2018⁄04⁄16(月) 00:00
082.jpg093.jpg
結局 厳冬の北海道で野宿する危険性におびえるとかいうやっべー事故に
巻き込まれてみたりしたわけですが 親切な人たちのおかげで
なんとか帯広にて朝を迎えることができました。

まぁ そんなわけで 帯広で当日のご飯を調達するわけですが
ひとまず 駅の中に店舗を出していたこちらのパン屋さんで
カツサンドを買ってそれを朝食といたしました。

――まぁ 帯広といえば豚ですからね。 できるだけ味わっておかねば。

094.jpg095.jpg
で 新得まで戻ってくるわけで ここまでがすでに往復芸のルート。
――一応 ここからは個人的に目新しいルート、という扱いになります。

新得といえばこの手のフリーパスを利用する際に何かと話題に上る駅でもありまして
ここから新夕張までの間は特に追加乗車券等を買わないでも特急にのせてくれると。
――せっかくだったら堪能してみたいじゃない? というお話。

096.jpg099_20180527115310cf5.jpg
というわけで 特急のゆったりとした座席に乗り込むわけです。
――ところで 車窓から見た感じだと特に特筆する山もなく
特筆するような勾配かといったらそうでもない気がするこの区間が
ここまでぐにっと曲がっているのは何の意図なのでしょうか……

実は勾配がやばい、というのが個人的に考えるパターンなのですがさて。

097.jpg098.jpg
そして 特急席に座れましたので 帯広から持ってきました
名物豚丼を開きまして当日のお昼といたしました。

炭火の香るお肉のほうは確かに納得の良さだったのですが
私が買った日が偶然悪かったのかはわかりませんが
「ご飯がおこわチック」にごわごわしておりまして うーん? といった感じ。

個人的には非常に残念でした。

100_201805271155400c2.jpg101_20180527115540391.jpg
そんなこんなで 途中駅の数の割には長かった気もする特急区間も終わり
新夕張駅にて乗ってきた列車を見送ります。

TOP