北の国から(12)

2018⁄04⁄20(金) 00:00
100_201805271155400c2.jpg101_20180527115540391.jpg
新夕張わず。 まぁ 当初の目的とおりであるならば
夕張市街の炭鉱の町を味わってやろうと画策していたのですが
融雪のおかげ(こっちは悪影響)で回ることが叶わなかったので
ただただ通過することになったわけなのですが……

さらに言えば 某位置ゲーを進めてみる、という副目的のために
一般人的には少々わけのわからない動きを重ねる、というのも
特にこの当日の動きに関しては言い訳しなければいけないことで。

――そっちの話題を日記には書かないということを心に決めているだけに
いろいろとやりづらいです(編集後記)

102_20180527121438010.jpg103_201805271214388e3.jpg
というわけで 詳しい理由を求められると苦しいのですが
なんとなく追分駅で降りてそこから北へ行くコースに入るわけです。
……室蘭本線です。 そうとだけ言っておきます。

この駅舎の中には鉄道が栄えていたころの夢の跡を示した地図が残されていて
当時の日本が 子供時代の私のように鉄道敷設を夢見ていた時代があったことをうかがわせています。

(前、私の子供時代に鉄道敷設を妄想していたという話題に触れた記事を書いたのですが
確か その記事はまだ登校していないですね。 言い訳ながら。)

104_20180527121437e33.jpg
で その後は特急区間とか代行バスとかが面倒くさい区間を避けながら
再度戻ってきた富良野駅。 ざっくりカットしている間に日もとっぷりと暮れました。

105_201805271214371cb.jpg106_201805271214370ea.jpg
富良野市内の唯我独尊って店で富良野カレーをいただきます。
スパイスのきいたあっさりとしたスタイルで結構私好み。
――そのスパイス、店内で販売していたのですが ちゃっかり自分用に購入するというね。

何より目を引くソーセージがしっかりとボリュームを提供してくださいました。

そして こんな感じで富良野を散策しながら富良野ワインの情報をゲット。
――一応 今のところ初任給で親に送る品筆頭商品となっております。

107_20180527121543ce8.jpg108_201805271215429ec.jpg
とまぁ そんな感じで富良野を散策した後 針路を北にとり旭川へ。
――結構いいものいっぱい食べれた日なのかもしれませんね。 こうしてまとめてみると。

TOP

IH

2018⁄04⁄19(木) 00:00
自室03
ひとまず 私の今の居室の様子をドドンと乗せさせてもらいたいわけですが

……端的に言います。 キッチンが狭すぎです。

単純に洗った皿を挙げておく場所すら確保できないというこの状況。
皿洗いもまともにできないってキッチンの体裁が保たれているのか大いに疑問を抱くところです。

まぁ そんなことはどうでもいいとして さらに怒りを覚えるのが
「コンロがまともに機能していない」という現実。

一応 ホットヒーターのようなものがあるんですよ。 見た目は完全にIH。
でも いざ使ってみると電熱線みたいなのを頑張って温めているようで
起動するのにずいぶんと時間がかかるという代物。

ついでに言えば いざ温まったとしてもそれが全く鍋に伝わらず
たぶん 熱効率は最悪だろう、という代物になります。

どれだけ熱が伝わらないかといえば 小さなフライパンに水を入れて
沸かそうとしたら優に15分はかかるだろうといった感じ。

同じものを電気ケトルでやろうとすれば 状況によってはその10分の1の時間で
お湯が沸かせるわけですから これがどれほどやばいのか……
といった感じになります。

改善01改善02
まぁ こんな状況でまともに自炊なんてできるわけありませんし
(曲がりなりにも)コンロがすでに据え付けられている中
ガスの受け口なんてついているわけがありませんので
仕方なく買ってきましたのがこちらのIHクッキングヒーター。

コンロの一番近くのコンセントから延長コード引っ張ってきて
強引にもともとコンロがあったところに設置させてもらいました。

まぁ (あの電気代の無駄な欠品である)コンロの唯一のとりえとして
狭いながらも何とか二口あったという点を完全につぶした気にもなりますが
それはそれで あの環境を早々にだっせたという優越感でトントンということで。

さて 私の場合実家のコンロもガス、下宿もガスということで
IHヒーターを使うのは初めての事案だったりするわけですが……

……不満、ではないのですが ちょっとしたこの中の不具合についても
また後日かけそうだな~  と思いながら今日はお話し終えたいと思います。

TOP

ただの偏食のっぴぃさん

2018⁄04⁄18(水) 00:00
食べ物12
ひとまず 多すぎるラーメンの画像は処理しきった感じですが
それでもなお残っているメニューが割と偏っているあたり
のっぴぃさん 結構偏食なんじゃないかという考えが頭をよぎる今日この頃であります。

あ、画像のほうは我孫子駅の有名なから揚げそばになりますが
先日 立川駅のほうでも巨大を銘打ったから揚げを乗せたそばがあるのを聞いて
あわよくば 「どれほどでかい」のか試してやろうとも思っている今日この頃です。

……まぁ それでも我孫子のほうが知名度あるわけだし 軍配は覆らないだろうな~
とも思っているわけですが さてさてどうなることやら。

食べ物03
ラーメン店と同じくらい個人的に開拓したいな~
と 常日頃から考えている食べ物のジャンルとしてカレー屋があります。

……ということで 行ってきた某カレー店なのですが……
……もしかしたら 私が今まで通った店の中で一番公開した店の一つなのかもしれません。

メニューのレディースセットの欄にでかでかと「おすすめ」とか書いておいて
注文したら「オンナノヒト、ノミ」と弾かれた。
――別に メニューにお勧めとか書いてなかったらこんなこと言いませんって。

世の中には一応「レディースセット」「学生セット」などを銘打っている割には
別にそんな立場でなくても食べさせてくれる店というのも結構存在してて
メニューにこんな表記しているのであればこの店もその同類と思って
致し方なし、と主張したいのですが私がおかしいのでしょうか……

内容を見るに 確かにおススメっぽいラインナップでもあっただけに
非常に「お呼ばれではない感」を感じ、いやーな気分になったわけであります。

食べ物14
そんなインド風カレーに対して 今度は金沢カレーのゴーゴーカレー。

金沢駅中に出店しているものの なんか東京にもやたら支店があるおかげで
別にローカル感がなくなっているこのチェーン店でありますが
これまた川崎駅前に出店しているということで。

――何というか ここ最近ののっぴぃさんはやたらこの店に入り浸るというのが
半ばお約束と化してきている状態だったりします。

カツが乗っていると考えると結構お得に映るお値段設定に加えて
実はキャベツを頼めばもらえるということも知って――よりさらに入り浸っちゃうね!
――という感じで 疲れたときのエネルギー補給ポイントとなっております。

TOP

不満

2018⁄04⁄17(火) 00:00
だらけ
のんきに部屋でタブレット開きながら――メインPCがまともに動かないし――
という いかにも堕落している休日を過ごしてみたりしている私ですが
正直 つい先日までバッテリー不良でまともに動いてくれておりませんでした。

……こうしてまともに使えるようになったのもつい最近のことで今日はそのあたりの顛末でも。

まず バッテリー不良で何度もタブレットを開発元に送っているという話は
すでに年末にかけて書いておりましたが というのも 一月まで
無料修理期間となっておりましたから どう考えてもこの間に不良は治しておきたいものだったから。

……でも まず 3度「バッテリーがもたない」って同じ理由で送り返すの
さすがに普通の人間だったらブチ切れてもいいレベルなのではないかって思うんです。

挙句の果てには 帰ってきて即日リターンということもありましたからね。
まともに修理保証やっているのかどうか疑いたくもなりますよ。

そして結果的にこうして動かせるようになるためには
バッテリーハードの交換をする羽目になったわけですが 「修理期間外だから金払え」と来たものです。

……舐めてるのかと。 こちとら保証期間内に3度バッテリー不具合を理由に修理出しているんだ。
というわけで 「金を出せというのであれば過去三回分の調査書類を全部提出してください」と。

まぁ 結果的に向こうはそれはできないとかなんとかで結局ごねにごねたのですが
結果的に 代金を大幅に削ってもらうことには成功しました。
……が、私としては腑に落ちないものが残りました。

仮にハードの交換を最初の送付の時にやってくれていたのであれば
私の時間を無駄にすることもなかったでしょうし この不快感もなかったでしょう。

電話では「あなただけ特別扱いするわけにはいかない」とか言っておりましたが
「あなたたちがやるべき仕事をしていないのではないか」と問いただしたい。

ひとまず 今持っている製品は使わせてもらいますが
残念ながらこのタブレットのメーカーの製品は今後買わないようにしようと心に決めました。



012_20180526215924386.jpg
ちなみに このあたりのやり取り、私が東北北海道旅行にも続いておりまして
一度来た空気の読めない電話が来た時には 車窓にこんなものが見えていたりしました。
――山形の謎のタワーマンション。 本編で使いそびれた画像をここで使っていくスタイル。

TOP

北の国から(11)

2018⁄04⁄16(月) 00:00
082.jpg093.jpg
結局 厳冬の北海道で野宿する危険性におびえるとかいうやっべー事故に
巻き込まれてみたりしたわけですが 親切な人たちのおかげで
なんとか帯広にて朝を迎えることができました。

まぁ そんなわけで 帯広で当日のご飯を調達するわけですが
ひとまず 駅の中に店舗を出していたこちらのパン屋さんで
カツサンドを買ってそれを朝食といたしました。

――まぁ 帯広といえば豚ですからね。 できるだけ味わっておかねば。

094.jpg095.jpg
で 新得まで戻ってくるわけで ここまでがすでに往復芸のルート。
――一応 ここからは個人的に目新しいルート、という扱いになります。

新得といえばこの手のフリーパスを利用する際に何かと話題に上る駅でもありまして
ここから新夕張までの間は特に追加乗車券等を買わないでも特急にのせてくれると。
――せっかくだったら堪能してみたいじゃない? というお話。

096.jpg099_20180527115310cf5.jpg
というわけで 特急のゆったりとした座席に乗り込むわけです。
――ところで 車窓から見た感じだと特に特筆する山もなく
特筆するような勾配かといったらそうでもない気がするこの区間が
ここまでぐにっと曲がっているのは何の意図なのでしょうか……

実は勾配がやばい、というのが個人的に考えるパターンなのですがさて。

097.jpg098.jpg
そして 特急席に座れましたので 帯広から持ってきました
名物豚丼を開きまして当日のお昼といたしました。

炭火の香るお肉のほうは確かに納得の良さだったのですが
私が買った日が偶然悪かったのかはわかりませんが
「ご飯がおこわチック」にごわごわしておりまして うーん? といった感じ。

個人的には非常に残念でした。

100_201805271155400c2.jpg101_20180527115540391.jpg
そんなこんなで 途中駅の数の割には長かった気もする特急区間も終わり
新夕張駅にて乗ってきた列車を見送ります。

TOP

資格試験(初)

2018⁄04⁄15(日) 00:00
本日――まぁ 普通に日曜日の休日なのですが――情報系の新入社員は
割と基本的に通る道なんだろうな~  という某試験のほう受けてまいりました。

ぶっちゃけた話「すっごくめんどい」と感じてしまうのはしょうがないことでしょう。

というか 基本的にまだ会社で習う業務も慣れていないことだというのに
なぜ休日をつぶしてこんなことしなきゃいけないのだろうか
――などと 不満たらたらである。

といいつつ 申し込んだものは仕方ないので受けてくるんですけどね。

さて のっぴぃさんもこうは言うものの それこそ大学に在学している間から
それなりにまじめにこの試験のための勉強を頑張ってみたりしていたわけで
おかげさまで「爆散」という惨めな結果にはならなさそうです。

ただし 得手不得手が必要以上にはっきりしてしまった。

大問を一つ まるまるやらかしてしまいまして
この分野をいずれはどうにかしないといけないな、という反省点も

まぁ こんなこともやらかしているわけで 一応自己採点的には
「問題数準拠」で行くならば まぁ 合格点に入っているでしょうけど
これに 点数の傾斜配点を考えてみると途端に不安になるという。

……まぁ これも勉強不足といってしまえばそれでおしまいなのですが
できるだけ実りのあるものにするにはどうしたらいいべかな~  といった感じ。

……一応 後日談も交えておきますが試験のほうは無事でした。
――でも 苦手な部分というのがはっきりしていた事実は変わりないですし
やっぱりやれることやっておかないといけないな~  と思った今日この頃。


()その 受験会場に行く途中で見た駅名標。
――何というか とてもリラックマです。

ちょっと先日 個人的にもらったものの中に「リラックマ」な何かがありまして
ふと これのことを思い出してしまった、というのが一つ単純な動機。

まぁ 単純に「なぜリラックマなのだろう」という疑問とかもいろいろ沸いたのですが
最後にふと ノスタルジックになってそのことのほうを日記に書きたくなった
――まぁ 気まぐれです。 はい。

TOP

ラーメン大好きのっぴぃさん(中)

2018⁄04⁄14(土) 00:00
食べ物10
前回家系の愚痴っぽいことしゃべるだけで終わってしまいましたが
愚痴ることといえばもう少し個人的にはありましてですね……

「口直しに味噌ラーメン食べたいな」と思って突入する店も
「こってりした豚骨味噌」ラーメンを繰り出してくるということで
全く気分転換にならないというのが結構身に染みているのであります。

たぶん 家系に飽き始めている時期でなかったら「こんな味噌もあるのか~」と
素直にレビューでもしたのかもしれませんが ちょっとそんな余裕なかったですね。

――まぁ 味噌ラーメン自体もあっさりしているものは基本ない
こってりしたラーメンに類するものではありますが この質の違いというか
感じ方の違いって何なのだろう――という命題が個人的に最近浮かんでおります。

食べ物05
そんな中で 純粋に「味噌ラーメン」を出してくれる店を見つけることもできたわけで
家系に飽き飽きしていたのっぴぃさんにしてみたらまさに
「天の恵み」ともいえるラーメンとの出会いだったわけですよ。

とりあえず 気軽に通えるか、と問われたら割と
日々の努力次第みたいなイメージがあったりするわけですが
通おうと思えば通えないでもない一なので結構恵まれてるかなって。

まぁ 最近はちょっと体脂肪気にした方がいいのでは論者が私の中に巣くってきて
軽い議論を醸し出しているので 追加の味探検みたいなことはできていないのですが
時間見つけてやってみたいな~  などとは思っております。

食べ物09
ずいぶん前に千葉駅がリニューアル工事してできたというつけ麺屋さん。
――松戸のほうでかなり話題になっている店の支店というので
あわよくばそれなりに千葉駅リニューアル効果が薄くなってきたであろう
先日ちょっと確かめてまいりました、という話題。

最近の私にはちょっと辛いとんこつ味。 まぁ コクが~とか
高貴なレビューすることも一瞬考えたのですが
残念ながら豚骨に対して最近ちょっと辛いものがあるので(再三言ってるけど)

どうあがいても公平性を欠くジャッジしかできそうにないのでとりあえず黙っておきます……

TOP

北の国から(10)でっかいトラブル!

2018⁄04⁄13(金) 00:00
旅にはトラブルはつきもの、といいますが 私個人的に一番のトラブルは
おそらく この日の宿問題であったといえるのではないでしょうか。

まず ことのあらましをお話しておきますと「融雪の影響がなかったならば」
私は池田で宿を取り、池田発の釧路方面行始発で出かけるつもりでした。

――というのも 帯広発にしようとすると始発が10時30分とか言う
とても舐めた時間設定になってしまうので少なくとも池田よりも
東側でこの日の夜を明かす必要があったわけです。

それを意識してのっぴぃさん まずは旅行予約サイトで宿を探すのですが
値段とか位置(ロードサイド、池田より東側)がよい場所が見つからない。

仕方がないので 池田町のホームページから電話予約できる宿から
個人的に電話予約で宿を予約したのですよ……

ところが 釧網本線の通行止めで「新得~釧路往復芸」に変わったおかげで
少し ここの宿にたどり着く時間も遅く、というか終電で到着(といっても9時台)なってしまったのですが
……予約したはずの宿にたどり着いたものの底の建物は施錠済み、消灯済みという状況じゃないですか。

前もって宿から連絡入っていたら覚悟できたのかもしれませんが
もう 終電も走り去ってしまった状態で何をどうすればいいのかと途方に暮れるわけです。

リアルタイム今ではそうでもないのかもしれませんが当時はまだ雪が残る冬の北海道。
……宿もなく放り出されるというまさかの恐怖を味わうことになってしまいました……

冗談抜きで凍死の恐怖との隣りあわせだったことは生々しく覚えています。

と 言いつつも この事件に関しましては運よく池田駅前に転がっていたタクシーの運ちゃんに
帯広まで運んでもらって そこのホテルマンに同情されて宿代を下げてもらうことができて
事なきを得たのですが あの時は下手したら死ぬのではないかと考えてしまいました。

ついでに言うと 先ほどの融雪のおかげで「帯広発が10時半の苦難」からは抜け出せているので
結果論にはなりますが「GJ、融雪」という案件になっているわけでもあります。



後日 さすがに「客に無断でチェックインしそびれてる客を締め出す」ということを
やってのけた宿には怒りのクレーム電話を入れたわけですが
聞いているのか聞いていないのか生返事をされた挙句、向こうからブチりと電話を切られました。

……何というか 田舎だからでしょうね、そんなサービスで宿成り立つの。

というわけで やり場のない怒りと予想外のタクシー料金(深夜割増付き)が落ちてきて
拳の卸場所がないという状況になったりした、って感じです。

TOP

恋慕

2018⁄04⁄12(木) 00:00
関西住みの友人が結婚式だとかで週末上京して愚痴っているのを聞きながら
結構結婚とかという概念も遠いものではないんだな~
ということを感じております。 のっぴぃです。

一応 まだ浮いた話もないのっぴぃさんではありますが
焦がれている、といっていい異性なら私にもおります。
――といった話を今日させてもらいたい。

本来はこの日にも北海道旅行の記事ぶち込もうとしていたのですが
急遽こっ恥ずかしいお話を書き込みたくなった――けれども
最新記事としてぶち込むのには相当アレな気がいたしましたので
ちょっとイレギュラーですが 過去の日時にちょっと未来の
のっぴぃさんの気持ちをぶち込むプレイングをさせてもらおうと思います。

まぁ つい先日までは彼氏持ちだったということもあり むやみに近づくと
自分の気持ち的に苦しいだけだったりするので
意図的に距離を置いてみたりしていたのですが どうやらうまくいかなくなったとか?

まぁ その顛末も聞かされましたが 私がここで書くことではないとしても
こうなったら思うわけですよ。 「そろそろ私も攻め時かな」って。

……と思いきや まだ友人として関係を完全に切っているわけではなさそうですし
打からといっても愛想はつかしている部分もある感じみたいですしと
「私が気になる異性」の「元カレ」との関係が非常に読めない感じになっています。

攻め時だと思ったならば 着々と伏線を仕込みながら動いてやると
気持ちは先走るのですが 重ねますがこのような状況で
「くっついているのかいないのかがいまいち判断がつかない」という
機会をうかがう人間にしてみたら非常にじれったい状況になっている今日この頃。

立場上文句を言うわけにはいかないのですが内心「いい加減にしてくれ」と叫びたいわけで
――まぁ ちょっと陰でこんな愚痴をしてみようってことになるわけですな。



まぁ 「好き」ってのもいろいろとあると思いますが 少なくとも今私が彼女に感じているのは
「この人の隣で人生送ったら楽しいだろうな」「この人のために生きてみたい」という
恋慕のような感情、とでもいうのでしょうか。

一応「好感度高い」ということは意図的に行動に見せているつもりではあるのですが
――まぁ 感触的にモブ止まりの可能性も感じていて 自分がやるべきことが正直わかっていません。
……あきらめる、って選択肢も含めてね。

TOP

ラーメン大好きのっぴぃさん(前)

2018⁄04⁄11(水) 00:00
食べ物ネタというのは 画像用意するのは非常に気楽でもそれをストックしておくのは
非常に困難であるということをふと思い出しました。 のっぴぃです。

というわけで ブログに触れなかった? 触らなかった?期間にも
我ながら驚くレベルでしっかり食べ物の画像を残しているということがありましたので
とりあえず 覚えているものを覚えているものから書いていく作業をしていきたいと思います。

……ただ 「どこまで書いている」という部分は少々記憶があいまいな部分もあり
「ぶっちゃけ私が気にしていない」ので割と適当にいかせてもらいます。

さて こうして私が画像を取りまとめたときに驚いたのは「このラーメンの量」
……ということで しばらくは食べ物記事が不真面目なラーメンレビューになりかねないと
感じながら作文していくことになるわけですがね……

正直 成人病とかこの画像量を見てふと不安になったのは秘密ね。

食べ物11食べ物06
食べ物04食べ物10
などといっておきながら 早速一緒くたにしてラーメン画像投下する当たり
いろいろと適当さ感表れているのはなんでなのだろう。

さて 一応川崎に引っ越してきた――という風に申しておりますが
こちらの方には地域柄「場を席巻している」ラーメンというものがあります。
というのが こちらの家系ラーメン。

まぁ 俗には横浜風といわれていたりするわけですが
実際川崎市内を歩いていて目にするのはこってりした豚骨ラーメン
なおかつ面は太目、小松菜?乗ってる みたいな 家系の遺伝子が
ゴリゴリ浮き出ているものがやってくるわけですから場を席巻しているという評は
少なくとも言い過ぎではないだろうなと思います。

さて 私は正直豚骨はそこまででもない――けれども
せっかくここに住んだのだから行ってみるか、といいながら
何件か家系ラーメン屋さんに突撃してみたりもしたのですが

……正直 ちょっと家系に飽き始めている私がいます。

喉に張り付くようなこってり感がちょっと辛いと感じている今日この頃。

で 何が悲しいかってこっちでラーメン屋を探すと基本的に豚骨なので
口直しになるようなラーメン店を探すというのがそれはそれで
ノルマと化してしまっているというのが悲しいところだったりします……

TOP