とりあえず、越してきたよ。

2018⁄03⁄31(土) 00:00
――という 神戸の心残りがどうこうというおしゃべりをした後は
当然「こんにちは、新しい家」という言葉が続くわけです。

――といいつつ 実際は私が卒業式に言っている間に
実家に残している荷物を親の指揮で運び出してもらって~

といった感じで いささかスピーディな受け渡しだったりしたわけですが。
……まぁ 私自身は神戸から直で新しい家に突貫したでもなく
いったん実家に立ち寄り、いろいろと心構えをしてからの新しい家なわけですが。

正直に言いましょう。 部屋の質は落ちました。

延べ床面積とか諸々考えてみたら圧倒的に向こうの部屋が広いですし
とにかく料理を作る環境の劣悪さといったら!

ただ その立地が東京に非常に出やすいことを考えると
ある程度 妥当なラインだったりするんだろうな~  とは私も思います。

それに 今後の会社が結構この家賃等を持ってくれていることを考えると
多少の我慢はしなければならないのかもしれませんが
それも込みで耐えて 何とかお金を貯める

――ということくらいは 考えていくのが妥当なのかもしれないなぁとは思います。


さて 実際に運び込まれてきた荷物を眺めながら部屋の荷解きをしていくわけで。

……考えてみたら 大家さんも同じ建物に住んでいて
半ば 手渡しで家賃を渡しているような昭和の香りのする
下宿システムと違って 結構ドライな今回の住処。

隣の生活がどうなっているのだとか ご近所付き合いがどうだとか
いろんなことを考えない代わりに~  と 思ったより
「一人暮らしの経験」というのが悪い意味にとらえるべき経験もあるのかもな~  などと。

それに 画鋲をはじめとして「ガチで使わない努力をすべき物品」とかも
ボロボロ出てくる段ボールを眺めながら いかに私が前住んでいた場所が
恵まれて かなり楽な生活できている環境だったのかということを思い知った次第です。

まぁ 部屋の「珍」な部分とか不満とかは近々
「大量に作りリカバーしなければいけない記事」でおしゃべりすると思いますのでそのつもりで。

TOP

心残り

2018⁄03⁄30(金) 00:00
LastKOBE02.jpg
まぁ 卒業式のために突貫した神戸、というのも
いろいろと予定通りに行ったこと、逆にいかなかったこともありまして

例えば 基本的に人間としてのコミュニティというものから
一線を画している(乗り遅れているだけともいう)のっぴぃさんは
謝恩会とかいうものが俗に行われているということを
なかなか知らないままその場に行ってみたりしているわけですよね。

まぁ そこでは半ばただ飯のようなものがふるまわれてみたりしているわけですが
そのおかげで 神戸で食べ収めしてやろうと思っていた
うどん屋さんに行きそびれるとかいう悲しい出来事も
地味に起こってみたりしているわけで。

……正直 もう一度あの領域に私が足を踏み入れる機会
いかほどあるかどうかもよくわかっていないので
もしかして あの店行きそびれたのはやばいことだったのかな~

とか 後になって感じることもあるわけですが……これぞ後の祭り。

ついでに言えば すでに前に挙げたインドカレーの店も
これ以上にないくらい私自身気に入っているわけで
もしかしなくても 同じ場所に来たときはそっちの方を
優先したくなってしまうことも考えられますしね……

まぁ 「その場を離れる時の食べ収め」というのは
いかにもタイミングというのが大切なのかな~
とか  ―-そんなことをふと 書きたくなったんだ。

LastKOBE03.jpg
さて 最後の卒業式直前の寝床みたいなのを映してみたりしておりますが
もひとつ公開していることとして 片づけ始める前の
私の大学生活を過ごした「巣」のまともな記録というものがないということ。

文章という形ではこのブログの中にこれでもかというほど刻み込まれているのですが
あの文章を書いていた当時ののっぴぃさんにとっては
ありふれている風景だったからか まともな写真というものが残っていない。

これが 個人的に結構やらかしたかなー  と後になって
公開している事案だったりするわけですが。

この先は、もう少し自分の身の回りも撮影していくべきかもしれない。
そう思った今日この頃であります。

TOP

卒業(補足)

2018⁄03⁄29(木) 00:00
リアルののっぴぃさんはこの後に控える入社に向けて
最後の調整をしている――といいながら 実際は
相当ダラダラしているだけだったりしておりますが――わけですが
卒業式関連のちょっとしたおしゃべりのほう、させてもらいます。

まず ここへの移動ですが――何の驚きもない18きっぷでの移動。 故に省略。
あえて亀山通してみたこと位しか特筆することありませんからね。

で 神戸の最後の宿泊(一夜目)を行うのですが このタイミングで
大学に返却する予定のPCの整理がまだ不十分だったのっぴぃさん。

――ついでに言えば やったつもりだったバックアップができていなくて
マジで初めからやり直す羽目になって~  みたいな
相当な時間のロスをしていたというから笑えますよね。

で 半ば徹夜を覚悟しながら思ったよりあっさりできた
――ような気もするパソコンの中身の整理。

まぁ あわよくば「修論のファイルしっかり印刷して自分でも持っておけば
良かったのでは」みたいに思ったりするわけですが
――まぁ このあたりは深く気にしないで行きましょう。

ついでに言えば 研究の元ファイルとかをむやみに消してはいけないでしょうから
PC整理をするといえどもどこまでやっていいのかわからなかったですからね。

取り合えず 残ってたメール消して ブラウザ云々の履歴チェックして
集中講義のレポートファイルその他をデリートして~
とか できることを思いつくことやったのですが
結構漏れもありそうで怖いな~  というのが正直なところ。

卒業式当日は 前述のとおりありがたいお話は全ブッチしてやったのですが
その間に大学のほうへ登校、まずは自分がしっかり卒業できることを確認し、
入社式で提出する成績表などの書類を手に入れられるかチェックし

――に行ったのですが すでに証明書発行ができない感じになっていたので断念。
まぁ 正確には事務の人の手作業になるので「即日」とはいかないようです。

――で 郵送代金かかるのなら卒業の場でもらえた書類をそのまま
会社に持っていくことにしようと考えなおした感じで。

まぁ その合間に証明書発行機にたらいまわしにされるという
機会にもてあそばれる人間、というのを
地で行く行動をさせられたのは非常に腹立たしい限りでありました。

それにしても うちの学科確か学部時代は35人程度いたような気がするのですが
いざ卒業してみるとその人数が両手で数えられるレベルといった感じで
「卒業記念の写真」というのが非常に悲しい感じになってしまったのが印象的。

どうしてこうなったのか――ということを誰に詰問しても意味はありませんが
ちょっとばかり 悲しい気分になるのは仕方ないですよね。

TOP

さらば神戸

2018⁄03⁄28(水) 00:00
はい。 昨日は卒業が~  といった議題でお話をさせてもらいましたが
今日はそれに伴う本格的な別れ、といった部分に関しまして。

LastKOBE04.jpg
前の引っ越しの時のお話、そのもろもろでもしゃべらせてもらいましたが
のっぴぃさんの下宿だった部屋の扱いというのは
まぁ 7日に運び出すものは運び出してしまっていたのですが
卒業式前後の宿も確保したいから~  などといって
寝袋をはじめとした最低限の寝泊まりできる道具を残して
「居座って」いたのも事実。

そして とうとうその卒業式も昨日終えてしまった、
というわけで この部屋を本格的に引き払う時が来てしまったんですよね。

……こんな言い方で済ませてしまっていいのか少々気になりますが
「とても過ごしやすい町であった」といわせてもらっていいでしょうか。

街自体が結構おしゃれですし山もあれば海もある。
手近なところには酒蔵なんかも広がっているし
開港の街だけあってかなりグローバルな雰囲気漂う街でもありました。

まぁ あえて難点を言うのであれば「Z軸方向に少々酷なつくりをしている」
という点くらいしか思い当たらず なかなか楽しむことができました。

――楽しすぎてかなり堕落してしまったのではないかって思えるほどには。

とりあえず この下宿には大家さんも住んでいらっしゃったのですが
最後にはお菓子をもって訪問。 いろいろとおしゃべりさせてもらったのですが
もう 最後のほうには目頭が熱くなって~  ってそんな感じでした。

基本的に結構卒業式もドライに終わらせたんじゃないかな~
とか思っていた節でしたが さすがに私にも人の心が残っていたか←

――まぁ 先日のなかなか面倒な掃除をしていたということもあり
できるだけ部屋を汚さないために 最初は「トイレも手近な公衆便所まで行くか~」
みたいな徹底をしようとしていたのですが 最終的には
そのあたりの決意も鈍ってしまった、という 堕落のさまを
一日足らずで発散してしまったというのも何とも私らしいというか。

……なお、あきらめた理由は「朝のおしっこがめんどい」です。 ご査収ください。



LastKOBE01_20180329232215c6b.jpg
最後ののっぴぃさんの神戸巡り、なるだけ気に入った店なんかを
回ってみるとかいう行動をしていろいろと名残惜しい部分を
なくしていこう~  みたいな行動をしたりしていたようです。

まぁ こうしてブログ書いている手前もあるのかもしれませんが
やっぱり名残惜しいものは名残惜しい、ってことなんですよね。

TOP

卒業。

2018⁄03⁄27(火) 00:00
3月27日という本日の日付を持ちまして
のっぴぃさん、晴れて神戸大学大学院のほうを卒業いたします。

――いや~ とっても長かった――といっただけのお話。

どうも。 のっぴぃです。 まぁ 一応やることやっていたはずなのですが
実際に「卒業確認通知」のようなものを
今日この日になるまで自分の目で確認できていなかったので
「まさか留年していたらどうしよう」と結構不安に思っていたのですよ。

……まぁ 大学ではよくある「発表日当日掲示板にアナログに掲示」という
昨今の情報化社会とは真逆を行く方法で
情報の周知をしている大学ですからね……

引っ越しやらなんやらのおかげで物理的に
この日になるまで神戸にやってこなかったのっぴぃさんにとっては
結構ひやひやものだったといえるでしょう。

取り合えず今日は卒業に付随することでいろいろと書いていきます。
――で、明日は卒業する、ということは~  という内容で
すでに書いているものがありますのでそれを投稿して

――何というか完全に「記事の投稿が後手後手に回っている昨今
「忘れたらヤバイ」というものから優先的に書くという
記事更新方針に固まっております。 ご了承ください。

で 卒業式といえば午前中に「大学のお偉いさんのありがたいお言葉」を
頂くことになっているのですが その会場がポートアイランド
――そこまで行く交通費も惜しいですし 正直学部のころ行って
何を言われたか全く覚えていないという悲しい現実がありまして。

だったら行く必要もないだろうとのっぴぃさん、ここをすっぱりカットします。

というわけで いきなり懇親会に乗り込んでひたすら飲み食いし、
その後 四年生の卒業証書授与のほうをちょっと離れたところから
ぼーっと眺めた後 教授のほうからマスターの盾をもらってセレモニーは終了。

その後 後輩たちとの別れの会みたいなことをやるのですが
――何というか 妙に出席率がよくなくて自分の人望を改めて知った気がします。

合同開催してくれる隣の比較的近い研究室の面々、
当日M1の出席はありませんでしたからいかにそうだったかというところですね。
――それ以外にもちらほら見えない顔もありましたが。

「これからの抱負」とか私の番だけ飛ばされましたしまぁ そんなもんでしょう。

そう考えてみると 思ったより別れの挨拶「したい人とできなかった(物理)」
みたいなことが結構多かったな~  という意味で
何ともできない後悔がちらほらと残る、歯がゆい卒業式だったのかもしれません。

TOP

北の国から(5)

2018⁄03⁄26(月) 00:00
039_20180526224256d98.jpg041_20180526224255712.jpg
函館での観光は――まぁ 「画になる」ものに関しては先ほどのような感じでした。
ほかには 倉庫を改造したショッピングモールでウィンドウショッピングしたりもしたかな。

045_20180526224335288.jpg046_20180526225920089.jpg
047_201805262259201ff.jpg048_20180526225920cb1.jpg
で うっかり前の記事にも画像つけてしまった(けれども治すつもりはない)
この場所でディナーをいただくことにしたわけですよ……というわけで ラッキーピエロ。

函館周辺の地産地消で有名なローカルハンバーガーチェーンなのですが
ハンバーガーチェーンのはずなのにカレーがうまかったりかつ丼売ってたりと
一体何のお店なのかわからない謎の店であります。

で いただいたのはチャイニーズチキンバーガー――こちらもどこがチャイニーズなのか全くわからない――
と なんか売れてるというウーロン茶とのセット。

で 食べてみた感想のほうですが――殺人的なまでにうまいマヨネーズ!

確かにチャイニーズチキン(から揚げ・ザンギ的な?)もうまいのですが
挟まれているマヨネーズの絶品さに思わずうなってしまう、そんな一品。

――正直 お土産売り場に置いてあったマヨネーズを買って帰らなかったことを
軽く後悔している一品で これのために函館来るのもありだなぁと考えています。
――これで一つ 私のこの旅の目的が達成されているわけですね。

なお お土産コーナーではカレーをレトルト買って帰っております。
記事書いている現在でもまだ開封はしておりません。



050_201805262259202bb.jpg
翌朝。 朝食はいか刺し丼。 函館といえば朝市も有名ではありますが
今回の場合は旅の体力回復を優先したので朝市は回っておりません。
――これに関しても 一種 後悔した部分の一つではありますが
もう このもろもろで再度函館に来ようと心に誓えたので問題はない。 以上。

049_20180526225919fa9.jpg051_2018052622591974c.jpg
今回は完全に見過ごしましたが 道南いさりび鉄道の方。
一応汽車は見つけて写真とれましたし 駅名標は――五稜郭駅の非常に特徴的な奴なら拾えました。

この 「いさりび感とJR感がぐちゃぐちゃに入り混じった感じ」
似たような境遇の青森駅ほどうまくいかなかった感、私的には好きです。

TOP

北の国から(4)

2018⁄03⁄25(日) 00:00
前回までの進捗。 北海道新幹線乗りました。
034_20180526224208586.jpg035_2018052622420836b.jpg
まぁ 北海道新幹線に限らず新幹線に乗ったら
半ばお約束のような存在になっているのがこちらのシンカンセンスゴクカタイアイスです。

まぁ 青森から乗った記念、ということで 東北新幹線仕様のリンゴ味で。
――しっかりスプーンも刺さるいい塩梅で素晴らしい。

まぁ この区間の不満点であり味である真っ暗な車窓を眺めながら
暖房のきいた車内でアイスをいただくという北海道クオリティを感じておりました。

036_20180526224208799.jpg037_20180526224207eb0.jpg
というわけで 新函館北斗駅到着です。
038_2018052622420791d.jpg
周りは見事に雪原。 ここらでうだうだしていても
特に建設的なこともないからさっさとアクセス快速に乗り込みまして。

039_20180526224256d98.jpg040_20180526224256dd5.jpg
やってきました函館の街。 北海道開拓使の背骨、
函館本線のゼロキロポストがこれでもかと主張する函館の街。

041_20180526224255712.jpg042_20180526224255acc.jpg
また 観光モードに入るわけですが やっぱりというかなんというか
今回の旅行はどちらかといえば「移動がメイン」であり
「まだ来たいという未練が残る街」を増やすことが目的でもあります。

時間的に閉館していたりと 俗にいう「観光」とはまたわけが違うことは
あらかじめ述べておきますね。 ――たぶん どっかの街で散策するたびに書くだろうけど。

043_2018052622425471e.jpg
そんな函館の街の旅人の足となっているのがこちらの市電。
――個人的に結構いい雰囲気で好きです。 貫禄がある、というか。

044_20180526224335d2f.jpg045_20180526224335288.jpg
個人的に函館の街を歩いていて思ったのは
港町という性質ゆえか そして 函館山の傾斜を背にしている所以か
どこか神戸をほうふつとさせる街だったなということ。

まぁ この旅行をする頃には心の中で「神戸を去る」ということを
非常に意識していたからかもしれませんが 始めてきたのにどこか懐かしい不思議な感覚でした。

TOP

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)⑧

2018⁄03⁄24(土) 00:00
どうせ 後になって大量投稿しているわけだから記事の切れ目はあまり考えなくてもいいよね!
――という くそみたいな思考をしながら続けております。

135_201805082238318ee.png136_20180508223830544.png
137_20180508224032292.png138_20180508224031f8b.png
ひとまず 瑞鶴鬼何とか倒しました。
まぁ やっぱりというかなんというか ダメコン前提の動き方というのは
個人的に性に合わないものがありますよね……

139_20180508224030046.png140.png
141.png142.png
143.png144.png
で 海域突破報酬はこんな感じ。 正直な話
ここでもらえるのがしばふ艦というところで 私的にテンションが駄々下がりだったのは
――まぁ 好きな絵師というのが顕著に表れている証拠だということにしておこう。

145_201805082241173a0.png146_20180508224117001.png
147_20180508224116bdb.png
とまぁ ここでも翔鶴瑞鶴あたりが声を当てたミニボイスドラマが繰り広げられるわけで。
――これから先のイベントってこのあたりのボイスも積極的に入れていく感じなのだろうか。

艦これも声に金使うようになったんだねぇ……



174.png175.png
さて その後謎のちっこいのの片割れと浜波さんの掘り出しとかけまして
攻略済み海域をくるくる回った、ということもあったりしたのですが
――まぁ なんだかんだでこのイベントでの実装艦もすべてそろえることができました。

まぁ 正直な話 浜波なんかはもっと「報酬艦」として
どこかの海域に配備してくれてもよかったのではなどと思う今日この頃。
――いつ終わるかともわからないマラソンほどつらいものはないよ。

このあたりの物も含めた魚拓バリのスクショを大量に並べてお開きといたします。

TOP

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)⑦

2018⁄03⁄23(金) 00:00
119_2018050822365351c.png120_2018050822365320f.png
ずいぶんと遅くはなりましたがまぁまぁのペースで進んでおります
とりあえず 2018年の冬イベについてですが 何とか最終海域の感想文。

121_2018050822365291c.png122_20180508223651603.png
こちらもダブルゲージとなっているわけですが 今までののっぴぃさんは
すぐさぼって最終ゲージ? んなのやってられるかと難易度下げていたのですが
せっかく今期最後のイベントということもありまして
甲作戦で頑張ってみよう――という心意気になった模様です。

というわけで 最初っから山場といわれていた戦艦水姫のお出ましとなります。

まぁ こちらもいつもやらない作戦にまで顔を出した、ということもありますからね。
――まぁ 何というか出せるものはまず最大まで使ってやろうということになるわけですよ。

123_20180508223650bd3.png124_20180508223649ee3.png
というわけで いつもなんかもらえるけど箪笥の肥やしにしていた
燃料のほうもしっかり使ってみようかな~  という機運にもなるわけでして。

いつもは使わない補給艦の出番がまずは訪れましたよっと。

125_20180508223741b65.png126_20180508223740f73.png
あと 呼べる助けはできる限り借りてやろう、という意気込みもとにかく見えるわけですね。

そんなわけで 支援艦隊もメンバー考えながら選りすぐってみましたし
――装備枠を正直圧迫していくダメコンも適度に使ったりしながら進みました。
正直 肝が縮み上がるのであまり使いたくはないのですが・・・・・・・

127.png128_20180508223738bd2.png
129_201805082237376b6.png130_20180508223737f41.png
とまぁ なんかいろいろと個人的に失ったものが必要以上にある気もするのですが
とりあえず 思ったよりは悩まずに山場を越えることができたのはひとまずよかったのかなぁと。

131.png132_201805082238332dc.png
で 最後の山場の瑞鶴鬼。 彼岸花を思わせる感じで髪の毛逆立ってみたり
武蔵の落とした砲を背負ってみたりと 正規空母と名乗っておきながら
そうではない何かに片足を突っ込んでいるような気がするのは気のせいか。

133.png134.png
まぁ こっちでも使えるものはとにかく使う。
――大和に夜戦してもらうためには支援艦隊で呼ばないといけません!  みたいな感じだったり。
135_201805082238318ee.png136_20180508223830544.png
とまぁ そんな感じで長く激しい戦いを終わらせてみたわけです。

TOP

北の国から(3)

2018⁄03⁄22(木) 00:00
019_20180526164121e2e.jpg020_20180526222626867.jpg
というわけで 横手で暗くなる前に街中を軽く「走り」町の風貌を確認したところで
――何というか 「かまくら」を見るのにはちょっと時期がずれていた気もする雪の量でした――
メインディッシュと呼んでいいのか 焼きそばのほうへ。

021_20180526222626e1e.jpg022_20180526222625fdc.jpg
どうも 焼きそばコンテストでもいい位置を占めていたり
運がよく NHKで鶴瓶がやってきたりもしたお店だったようで
実際 活気があふれている店だった子を覚えています。

――まぁ 居酒屋の活気、って感じだったのは否めませんが。



023_20180526222625987.jpg024_20180526222625265.jpg
翌日。 ちょっと時間が余ったので朝っぱらに男鹿半島へ。

――基本的に「あちらこちらをちょろっと見てくる」というのがコンセプトですし
こんな感じの薬にも毒にもならない寄り道というのを太陽するスタンツ。

025_2018052622274002c.jpg026_20180526222739974.jpg
で 駅前には男鹿名物なまはげの像があったのですがこちらがなぜか
無駄にグローバル化に対応していやがりまして四か国語でしゃべるとか。

――といいつつ、観光物件の性か、少なくとも英語ではうなりながらウェルカムしているだけでしたが。

027_20180526222739ac0.jpg028_201805262227398c4.jpg
で 戻ってお昼過ぎには青森で。
030_20180526222739465.jpg031_20180526222738fa7.jpg
いただきましたのは学部卒業旅行の時にも食しましたが「味噌カレー牛乳ラーメン」。
――完全にどっぷりハマっております。

ただし 感想としては前にも同じこと書いた気がしますが「メンマが微妙」といった感じ。
今度来るときにはメンマ抜きでオーダーしたいところですが たぶん来た時には忘れてる。

そして その後に来ましたのは新青森――東北北海道鉄道旅行と称してますからね。
そりゃ 北海道に行くために北海道新幹線乗っていかないとッてもんですよ。

そして 私が持っていた東日本・北海道パスでは「新青森~新函館」まで新幹線に乗れる。
――青春十八きっぷでは「奥津軽いまべつ~木古内」という区間ですしね。
新幹線でお安くいくなら 学生のうちならばこちらのほうが気が楽だったというわけですよ。

(にしても 奥津軽いまべつって素直に返還で出てこないのね。 新幹線駅なのにさすがですわ……)

TOP