なんか早い気はしてる

2017⁄12⁄20(水) 00:00
昨日のおしゃべりの中で 「両親の老いを感じた気がする」という
ちょっと悲しいおしゃべりをしていましたが まぁ 私たちがいない間にも
なかなか両親も生活がさみしくなってきている部分があったりするようで
そのあたりの話を聞くたびに少々心苦しいものがよぎるのっぴぃさんです。

例えば 「洋食が食べられなくなった」とかいう話を聞きます。

お互いの趣味嗜好とか それを片方がこじらせてけんかしているとかいう
そんなレベルなのであれば「勝手にしろ。自分たちでそのあたりの決着つけろ」
と苦笑いしながら傍観してやるつもりだったりするのですがどうもそうでもなく。

――サプリメントとかを毎日のようにいくつも飲んでいた半ば薬中(当然ですが
法律等には全く違反していない一個一個は普通のもの)と化していた片親が
どうも そのサプリメントの影響で小麦やら牛乳やらのアレルギーを
一気に発動させてしまったようで それにかかわる料理を作れなくなってしまったのだとか。

そうなってくると 結構食事が和食に偏る――パンをはじめとした小麦が使えない上に
牛乳も洋食では欠かせないアイテムですからね。仕方ないよね――といったわけみたいです。

……昔からホント 瓶に入った錠剤をガラガラの見込んでいる姿は見てきましたが
やりすぎると体に毒、というのは本当なのねー  ということを感じた次第。

後は 血筋的に患いやすいもの、というものがあるようで それが徐々に
体を蝕んでくるものがあるようでそれにも戦々恐々としています。

実際 自分の祖父母の兄弟姉妹でなくなっている方(もしくは その同郷の方々)
の死因等を伺ってみると 「妙にこの病気多いなぁ」というものが
ちらほらとみられたりするものがあって 私的に気になっていることも多々あります。

一応 今の自分が理解できている範囲だと 片方からはガンの家系を引っ張ってきているうえ
特に「肺」が弱いような印象を強く受けますね。

――まぁ そんなこともあり(もともと私はやっていませんが)喫煙したら即アウト。
……20年は寿命が縮むんだろうな~  とか考えながらかまえているのですが。

もう片方からは――血圧が高くなりそうな印象受けますね。

といいつつ 私の今はかなり低血圧な部類で落ち着いている気がするのですが
そちらの影響は弱く出てきているのかそれともおっさんになるころには血圧の高さに泣くことになるのか。

……はたまた プラマイゼロといわんばかりに絶妙にいい感じの血圧になって
「そのベクトルでは」むしろ健康になるのかというちょっとしたロシアンルーレット気分。

そのほか 今のところは食物アレルギーとか喘息に関してはあまり影響を
受けていない私でありますが サプリメントからもろもろのアレルギーを発症した身内を見ていると
あながち他人ごとではないのかもしれないな~  という気はします。

……ところで その影響か私が「朝のカフェラテが~」とかいう話をすると
即時に飲むのをやめるよう申告してくる某片親に関してはさすがにやりすぎなのではないかと思ってみたり。

……まず自分のアホみたいに飲んでたサプリメントを疑おうよ、ね?

TOP