下り坂

2017⁄12⁄08(金) 00:00
最近は結構朝晩の冷え込みが強くなってきましたが
齢24歳になりまして 徐々に今までのような寒さ耐性が
生かされていないのではないかと考える日が増えてきた気がします。

――まぁ 新陳代謝が徐々に弱まってきていると考えれば
その理由はそこそこわかるものなのですが 悲しいものもありますね。

――そのうえで 何というか食べる量がちょっと多めのような気がするのは
新陳代謝が落ちてきたと考えるのであれば胃袋がバカになった説を
擁護しなければいけなくなるわけで 今後の体重管理等が
いろいろと大変なことになってきそうな気がする今日この頃であります。

まぁ 新陳代謝どうこうというのは今ここで考えてすぐわかる問題でもありませんし
別の案を出してみるならば 「いつもこんな感覚だったのを二の語を言わずに我慢していたが
今年はことさら忍耐力が足りていない」説もありますが。

……こっちもこっちで 結構今年は精神力を酷使して
相当すり減ったのっぴぃさんですから 何となくわかる気もします。

ただ そうだからといって7時ごろに目覚め、布団の中のぬくもりと
外の温度の差に布団の外に出ることかなわず
気が付いたら二度寝三度寝を重ねた結果気が付いたら正午

――みたいな午前様というのはどっからどう考えても擁護できないと思われますので
ちょっと真面目に対策考えないとまずいよなぁと思うわけでありました。

それと関係性があるのかないのか一概に判断できないのですが
最近左の瞼がしばしばけいれんを起こすのが止まらないという状況に陥っています。

あと あれだけ寝ているのになんか足にまとわりつく疲労感とか
――まぁ やる気の喪失というのは今に始まったことではありませんが
考えてみたらいろんな意味で自分ズタボロだなぁと感じる今日この頃。

最後のモラトリアムであり全力で享受するべきであろう大学生活も
結構最近さっさと終わらせたい――何というかみじめだから――と
感じることも多くなってきた今日この頃 結構やばい予感もしますね。


最近はこの先の社会人生活に向けて今まで自分が取り組んでこなかった
資格に向けた勉強を重ねてみたりしているのですが
どうも 自分の勉強のやり方というのは「秀才になる」という目的に向け
一歩一歩積み重ねるのには都合がよくても「手っ取り早くライセンスを取得」という
意味で考えるならばかなり無駄が多い方法であるようです。

まぁ このあたりのことを一度実感してみると 一人でこつこつと
妥協を許さずに頑張ってきたみたいな勉強(をしていた時代)を主張していた
当時の私が結構敬遠されていたのが何となくわかるような気がします。

変わらなきゃいけないのか自分の強みを生かせる環境を求めるのがいいのか
ちょっと悩むそんな冬の一日であります。

TOP