故障は突然に

2017⁄11⁄12(日) 00:00
私はブログに記事を投稿する際には前もってテキストエディタ
――比較的最近まではワードファイル――にあらかじめ書き込む内容を
下書き? のようなことをしてから投稿しています。

まぁ この段階で推敲とか読みやすい文章作りに努めていたならば
もう少し読みやすくて読者もいらっしゃる日記になれたのかもしれませんが
基本的に 他人に見せることはみじんも考えていない

――書いたら書きっぱなしの日記となってしまっておりますが。

じゃあ、なぜそんな回りくどいことをやっているのかといえば
PCの中に一応下書きが残る、それがバックアップ的役割を果たしてくれるのではないか。

そして、万が一FC2でブログが立ち行かなくなってしまったとしても
このファイルを活用すれば欠損する記事をなるべく少ない状況にして
ブログを再開できるのではないか――みたいな言い訳もありますが
これは私が高校時代 共用PCでブログを書いていた際の習慣の延長によるものです。

当時は共用PCに制限がかけられていまして
一日にネットを使える時間が相当制限されていましたからね。

書きたいことをオフラインであらかじめ書きなぐっておいて
それをコピペする習慣を作っておいたならば 限られた
ネット接続の時間を有効に活用できたものですよ。

――というかなり懐かしいお話を語ってみたりしている今日この頃ですが
先日 ちょっと似たような境遇に陥りました私です。
……我ながら前置きが長く、わかりにくい独りよがりの文章書くなぁと思った。



さて そんなわけで突如部屋に置いてある据え置き型のWi-Fiルーターが
お亡くなりになるという事件に遭遇しましたのっぴぃさんです。

PC作業した後 1時間半ほどベッドで横になって休憩したのち
作業に戻ろうか~  と PCの前に向かったらネット接続がなんかおかしい。

……で、いろいろチェックした結果どうもルーターの挙動がおかしい。
というか、故障ランプが光ってるぞこれはやばい、みたいな感じです。
――本当に機械が壊れるときって突然来るんですね。

一応こちらの機械は私が神戸に越してきてから5年半
私と世界を結んでくれたけなげな箱だったわけですが……

……美しく「散り際はあっけないものだった」とか書いておけばかっこいいのかもしれませんが
真っ先に思い浮かぶ感想が「あと半年しかここにいないのに何というタイミングで」
みたいなよどみ切ったものになってしまうことをお許しください。

……なにせ、引っ越し先(というかそもそも引っ越せるか)のネット環境が
全く分からない、最近の断捨離記事の中では切り捨てる予定に入っていたこのルーター君。
……もう少し粘ってくれたならという気分が抜けきらないのは仕方ないことでしょう。

――といえども 嘆いていても仕方ないので早急に五対策撮らないと行けません。
――え? 冒頭とどうつながるのかって? ……次回へ続く!

TOP