オーラ出てるらしい

2017⁄11⁄30(木) 00:00
どうも 大学で修論を書き進めようという気力というか体力というか
精神力のようなものが全くわいてこないというのがここ最近の大きな問題。

のっぴぃです。 さすがに卒業はできないとまずいからね。

何というか もう少しデータ揃えないととかいろいろと
焦る要素はあるのですが それに体というか行動が付いてこない感じ。

――うまくつうじない気もしますがたとえるならば
豆腐の上で頑張って踏ん張っているような感覚にさいなまれます。

といいつつ いつものように「やばいよやばいよ」とここで書き込んでいても
特にめぼしい成果が挙げられるような気は全くいたしませんので
ここはそれなりのノウハウがある場所に助けてもらおう

……ということもあり 大学内のカウンセリング利用してみたりしているわけです。

まぁ いろいろとぶっちゃけられる環境があれば助かるかなぁと
感じてみたりしているわけですが 改めて自分のここ最近
――特に研究室入ってからの状況――を思い返してみると
いろいろとあったなぁと思うわけでありまして。

……まぁ こんな風に自分の成果が驚くほど何もない件に関しては
私の力不足に起因することも結構あったのではないかと思います。

ただ 例えば最初の研究テーマの決定に関してB4時台の人間に対して
指導教官が与えた研究課題やそれをマスターで引き継ぐことに関して
それからの大まかな指針を示してみたりという成長過程における
指導教官の影響力とかを考えてみたときに謎に思える点というのも
幾度となく見えてきたわけでありまして まぁ 総じて運が悪かったなぁと。

ただ ここでこんな風に人のせいにして話を終わらせていたら
カウンセリング受ける以前の問題に戻ってしまいますからね。
――せめて 2月に向けてある程度の起爆剤(せめてその期間まで何とかなる
燃焼材的な)というものはかろうじて手に入れておきたいものです。



なんか 研究室を野暮用でちょっと留守にして戻ってきたところ
研究室の奥のゼミ室から某有名アイドルが出てきた件。

しかも その間に番組エキストラとして研究室の面々が招集されてみたりして
研究室の中の空気が結構それ一色になっていて苦笑い。

何というか アイドルを目の前にした女子の反応って画一化するものなのね。

まぁ 自分はそのロケに参加することができなかったうえに
芸能関係に疎いからこうなってみるとどんな角度で突っ込めばいいのわからなくなってしまうんですがね。

ひとまず 身近な人にLINEで変な自慢をかますとかいうことやってみましたが
正直胡散臭いというか そのLINE受けた側も反応に困っただろうな……
……ということに後から気が付いて軽く頭を抱えているのっぴぃさんでした。

TOP

いつもの悩み

2017⁄11⁄29(水) 00:00
私個人的な悩みとして長期間続く人間関係が苦手というものがあります。

別に人見知りしたりしている自覚は少なくともないのですが
特に会話とかコミュニケーションに関して他人の都合等を全く考えない
――それこそこのブログの書き方に通じるものがあるのではないかと考えています。

まぁ 基本的に自分脳みその一時期奥のフォルダが相当スペックが悪くて
何か伝えたいことができた際になるだけその伝えたい相手に向けて
マシンガントーク張りにうち話すことが往々にしてよくあります。

で 相手が暇なタイミングであれば(ぎりぎり)セーフなのですが(またはセウト)
相手がそれはそれで何かしらの作業中だったりする場合
ただの迷惑でしかないんですよね。 要するに自己中なんです私。

まぁ そんなことを幾度となく積み重ねてみると
だんだん煩わしい類の人間判定されてみたりして
それまで仲が良かった人ともだんだん疎遠になっていく

……みたいなことがありうるんじゃないかなと考えております。
――まぁ ほかにも要素いろいろとあると思われますが
今回はこの部分を中心に考察を進めていきたいと思います。

特にこのあたり LINEをはじめとして文字媒体だったりすると顕著なようで
もう自分勝手に好き放題にしゃべり散らすことは日常茶飯事。
――まぁ 勿体つけなくてもこのブログも片鱗どころか
その要素の塊であると名乗っても大きな問題ではないでしょう。

相手の反応が見えないわけですから修士自分のペースで
少なくともキーボード売っている自分はしゃべり散らせるわけですが
それを読む側がどんな風に思うのかは二の次三の次なんですよね。

で ふと思い返してみて自分のやってきたことを反省して
盛大に凹むわけですが 残念ながら過ぎた時間は戻ってこないので
そこで信頼・信用・評価にヒビが入ってしまったのであれば
――といった事案が多く存在することは確かでしょう。

まぁ この傾向今は文章メインで書いてみましたが それよりも即時性を求められる
判断の中で構成される会話の中でも 話のテーマだとかそのペースといった点で
ものすごいマイペース性を発揮したうえで周りを振り回す。

……そして敬遠される、みたいなことがありそうで非常に怖いというね。

まぁ 自覚しておいてなんでこれ自分で治せないのだろうということ
これは特に自分でも謎――毎度のように一人反省会して頭抱えている事案――なのですが
……これというのはまさに生まれ持ったナントヤラというのでしょうか。

何というか 治る見込みなし、というのは非常に悲しいものですね。

みたいなこと まだ続けているな~  ということを随所で苦笑いしつつ
今日も友人が減ったりしないかどうかそわそわしている私です。

TOP

床に落ちてる買い物袋

2017⁄11⁄28(火) 00:00
最近食事用と称していろいろと食べ物買い込んでいるけど
引っ越し控えている手前このシーズン中に食い切らないといけないのに
――大丈夫なのだろうかというどこはかとない不安を抱えているのっぴぃです。

……まぁ インスタントラーメンとかトマトの缶詰とか
「パパっと食事を作れる」ということをコンセプトに選んでいるような
物品がそこそこ流れてきておりますので作る機会はあるのでしょうが……

まぁ そんな風に目の前に買ってしまった――まぁ この言い方するのは
まだちとはやいかな――ものもあればもう部屋の重鎮と化していて
逆に触りたくなくなってしまったものも結構あるというね。

こう 今頭を抱えている「さっさと処理を考えていかないといけない物品」の
最たるものとして 自分が食べる気があまりない類のお菓子が
今大量に部屋の中に隠れていることを自覚していることが挙げられそうです。

――まぁ ポテチとかのジャンクな感じの物は特に意識しないでも食べちゃうのですが
仕送りの穴埋めに混ざっていたりバレンタインの類で送られてきたり
なんかの特典を欲しいばっかりに買ってしまったりで
無計画に買ってしまったお菓子も結構あるな~  ということを
再認識しながら結構苦笑いしているところであります。

最近某アイドルの握手券とかセンターの投票権とか欲しさに
CDとかを爆買いして結果円盤だけを廃棄するとかいう
一種の社会問題が起きていることがとりだたされていることがありましたが
この意味ではあまり人のことを言えないな~  と自分の中で思っているところです。

そのほか 捨てそびれた粗大ごみ(扇風機)とか先日壊れたWiFiルーターとか
考えてみたら処理を考えていかないといけない物品が
自分の身の回りに結構あふれてみたりして困っている今日この頃であります。

――といいつつ この類のネタ過去にも書いたような気がする点を思い出すと
結構「書くだけ書いてさっさと忘れている」説も濃厚だったりするんですがね。



ここ最近の「記事ネタを考えるのが面倒くさいから」という理由で
書き綴り続けている「社会人一人暮らしに向けた今までの反省」
みたいな要素孕んだ記事のほうですが 一応「十中八九大丈夫だけど
寮入れてもらえるか結構不安」という要素がありましたが
先日晴れてこの点は解消されたことだけは書かせてもらいます。

……まぁ どこにいつ入居させてもらえるかどうかといった踏み込んだ話はできないので
見積もりとかどこまで荷物を投下できるかとか具体的なことは全く分からないのですが……

一番財布的にうれしい気がするのは 二月末にとりあえず部屋を引き払って
三月はとりあえず実家に居候する、そして三月にでも荷物搬入
――それまではとりあえず倉庫で預かってもらえないだろうか プランなわけですが。

……まぁ 引っ越し先が決まるタイミングがわからないので
このような融通が利くかどうかはいまいちよくわかりませんね、残念ながら。

TOP

そろえたいアイテム集⑥食器洗い乾燥機

2017⁄11⁄27(月) 00:00
前の記事の中で「新・三種の神器」と呼ばれている
「ロボット掃除機」「食器洗い乾燥機」「乾燥機付き洗濯機」あたりに関して
適当にコメント書いていた内容に関して、です。

まぁ そのあたりの続きから、といった感じになります。



・食器洗い乾燥機
結構シンクを使用済み食器だらけにしてしまうということは
今までの私にも結構あったことだったので 個人的にはこれは
かなり興味をそそられるものになってきます。

結構初期投資として「ほい」と帰るような値段化といわれると
ちょっと悩むレベルではあるのですが ランニングコスト等を計算すると
結果的にはその元を水道代等を節約すること取ってくれるという
売り文句もなかなかに興味をそそられる部分であります。

ただし 独身寮はどうあがいても賃貸である点故にそれに関するいざこざ
――まぁ 水道栓等は自分でいじることもできるらしいので
怖いもの見たさにやってみたいという意欲は個人的に結構沸き立つわけですが。

まぁ そのあたりは一つ大きな壁になることは事実になるでしょうね。

そして それをそもそも置くことができる場所があるのか
――まぁ うまく鎮座できるかどうかをも別として
そもそも 物理的に置くスペースを用意できるかという問題もありますよね。

もしもの時は台を作るとしてもそれすら置くことができない可能性も考えられますし。
……まぁ この点は今からあーだこーだ言ってどうにかなる問題でもないので
与えられる部屋を見て考えていかないとといったところでもあるのですが。

後は 圧力なべをはじめとして結構デカい料理器具を持っているので
本当に意味があるのかをもう少し時間をかけて吟味していく必要もありそうです。

まぁ このあたりのデカいものの購入可否判定等に関しては
後日以降もちょくちょくと思考の中身を切り開きながら
記事作っていきたいな~  などと思っています。

……やり方がわかるなら 通販サイトのリンク交えつつやってみたいのだけれども
そうなると半分営利目的な感じも混ざりそうだしそれは見送ったほうがいいかしら?



まぁ ついでなのでキッチン用品的意味で一言書いてみるならば
炒め物鍋――もとい、中華鍋も欲しいなぁと思っている物品の一つです。

といえども できればそこが丸いタイプのものを所望している私ですが
実際に住む家がIHとかだったらそれが使えないことが確定するので
このあたりも臨機応変に考えていかないといけない感じになりますよね。

……今から妄想するのは自由ですが それを実行できるか吟味するには
今私が持っている半年後の情報はあまりにも少ない。 ちょっと、怖いね。

TOP

そろえたいアイテム集⑤洗濯機

2017⁄11⁄26(日) 00:00
私の今までの一人暮らしを振り返りながら「これはあったほうがいいんじゃないか」
というアイテムを 特に深いことも考えずに垂れ流し続けるシリーズ。

……端的に言って これからの妄想をするだけでもなかなか楽しいのにそれだけでなく
ここ最近の華がない生活の中で数少ない癒しを個人的にもらっている気がします。

さて 私の日ごろの家事の中でかなり弱い部類であるという
洗濯やら皿洗いやらという声、というのは特に私に限ったことでなく
ずぼらな人間だったら結構ぶち当たりやすいありがちな壁のようです。

まぁ 社会人になると学生みたいに適当なタイミングで切り上げて
家に帰る、ということもできませんから このあたりの壁というのが
それまでよりも増して大きくのしかかってくるというのも
ちょくちょく調べているうちに聴いた話となりました。

そんな背景も踏まえて、といったところなのですが 最近の日本社会では
また新たな「三種の神器」系家電が出てきているということを耳にしました。

その中身は 「ロボット掃除機」「食器洗い乾燥機」「乾燥機付き洗濯機」

まぁ 掃除機に関しては今のところ即座に何とかしないとというレベルまでではないのですが
後者二つに関してはそれなりに気持ちが向くというのが正直なところ。

以下軽くコメントでもつなぎますか(この記事内に収まりきらないけど)



・乾燥機付き洗濯機
どっちにしろ洗濯機の廃棄は決定事項(既に今のやつが壊れている話題は
断捨離関連の中でも述べているところ)なのでどっちにしても
洗濯機関連は購入しなければいけないのは決定事項です。

――といえども 家具付き物件をあてがわれるのであればこのあたりの
杞憂はすべて泡沫と化すわけですが 一応その線を考えないで
一旦考えてみる、ということにしますか一応。

というわけで 次購入する洗濯機の方向性として
乾燥機付き洗濯機を優先して探すというのは悪くない選択肢なのではないかと考えています。

――まぁ まだ少々先の話なのでまじめに値段比べとか購入談義を
進めているわけではないのですが ちょっと調べる前まで
「乾燥機付き洗濯機=ドラム型洗濯機」だと思っていて
(やっぱり高くね? 手が届かないよ、十万円超えとか)とか
考えていたところだったのですが 一応縦型でも乾燥機能あるやつもあるんですね。

そっちでしたらぎりぎり手が届くのかもと思ってみたりしています。

まぁ 今までと違ってこれからの生活の中ではアイロンがけ等を
洗濯の合間でやっていかないといけないという決定事項もあることですし
どっちにしろ「今後の家事の課題」になることは目に見えているのですが
それでもなお できる限り何とか手間を省いていきたいところではありますし
その一つの指針として有効に使っていきたいと考えています。

TOP

ランチパスポート

2017⁄11⁄25(土) 00:00
今月は外出が少なかった影響で自分でも驚くほど
画像をばらまいた記事が作れなくなっていてつらいです。 いろんな意味で。

――まぁ そんな背景の中やっとこさ一本記事作れる程度の飯テロ画像をそろえたので
今日はそのあたりメインでおしゃべりしていきたいなぁと考えています。

食べ物01食べ物04
ドドンと六甲道駅下に広がっていた餃子店。
――まぁ 王将系統と同味が違うのかと思いながら行ってみたのですが
思ったより餃子に対する付け合わせメニューのほうが多くなくて食事に困りました。

どちらかといえばこのお店は 夕食を食べるというよりは飲みに入る店なのかもしれません。

食べ物02食べ物03
一応このお店は持ち帰りもあったりするらしいのですが
妙に売り出し人数をサバ読んでいるところがあるようで 地球人口分の
餃子を焼くことを夢見ている店主がいるようでちょっと苦笑い。

ちなみに せいぜい三世帯住宅向け程度の注文が過去最大レベルだそうです。
食べ物05
もう神戸にいられる時間は3か月程度らしい……ということもあり
せっかくだったら最後のほうはいろんな今まで行ったことのない店に
顔を出していきたいなぁということを考えてこんなものを買ってみました。

――ランチパスポート1000円。 普通に食べたら700円以上のランチを
これの提示で1件3回まで500円のワンコインにしてしまうという優れた本。

中には1000円以上するインド料理もあったりしてこれの場合は
2回行くだけで元が取れてしまうというのは何という破格レベルというべきか。

食べ物06食べ物07
だから ラーメンにチャーハンが付いても500円。
……指定されたメニューにしかならないけども それでもお得なのは変わりない。

このお店では味噌ラーメン食べられたみたいなのでそれにしてみたのですが
個人的には「味噌ラーメン」の向かったベクトルとして
「辛味噌」になってしまっていたのがちょっとした不満点ですかね。

一種塩気に辛味が増したらちょっと自分的には違うかな~  ってなる気がします。

あと 別日には出石そばのほうを食べてきました。
……何というか まだ同じ値段だったらがっつり行きたい系な私は
そばよりもかつ丼をメインに撮影している気がしますが気にしない。

ただ 自分はいささかそばの味の良さというのが理解できていないようで
この先お勉強していく必要があることを痛感した一ジャンルでありますね……

うどんとかとのコシ違って特に麺のレビューをどうすればわかりません……

TOP

プレゼンテーション

2017⁄11⁄24(金) 00:00
とまぁ いろいろと今の自分の生活から目をそらしつつ
いろいろと生活してきたわけですが 一応学生の
メインの性分である学生生活的な話題でも。

先日 私にとって 外部での最初で最後の口頭発表がありました。

まぁ 学会にはいろいろと参加させてもらっていますが
結構ポスター発表の機会ばかりで実際に
口頭で発表する機会はあまりなかったような気がします。

実際問題 まともなデータもありませんでしたし
自分自身最近は 自分がやっていることに対して将来性を見出せないので
「口頭発表をウン十分間やってください」といわれても
結構困った展開になってしまうこともあるわけでして。

しかも 先日結構簡単な試算を行ったときに出た計算結果は
「なんで私はこんな無謀なものを見ようと研究を進めているのだろう」
という 常識的、直感的にあほらしい値が出てきたりもしまして
なかなかに凹んだという記憶が新しいところであります。

まぁ 率先して社会の歯車になりたい、というわけではないのですが
最近は 妙に干されている感覚のあるゼミ関連も含めまして
「さっさと大学からおさらばしたほうがいいのではないか」という
妙に先走ったような感覚にさいなまれていることも多くて
自分の情緒不安定性が増しているんじゃないかと悩む日々でもあります。

まぁ そこまで自分の研究に対して自信を持っていないくせに
なぜ学会発表で口頭発表をやったのか――正直自分でもわかりません。

「せっかく一応『大学院を卒業する』のだから せめて一度は
自分が作ったスライドでプレゼンテーションでもやってみよう」という
気まぐれがもたらした出来事だったのかもしれません。

まぁ その中身は全くうまかったとは自分では思いません。

むしろ 自分自身がその中身に(いろんな意味で)疑問しか持っていないので
何も心に訴えかけることのできないプレゼンだったとしてもおかしくないと思います。

ぶっちゃけた話 研究発表の機会を一度でも多く経験しておけば
奨学金とかのレースの上で有利かもしれないとかいう打算もあったのかもしれません。

何というか 最近自分が何をメインに考えているのかわからなくなっている今日この頃。
これを応募した時の心づもりくらいは覚えておきたかったな、なんて思ったのっぴぃさんでした。



どうでもいい話題。 プレゼン直前の接続テストやろうとした際に
パソコンの底面からねじが滑落するというプチハプニングがあったわけですが
――どう考えても縁起の良いものではないプチハプニングですね。

思わず発表あいさつのつかみで
「聴衆の方の中に『清めの塩』をお持ちの方はいらっしゃいませんか?」
みたいな感じで初めてみるか半ば本気で考えた、そんな最初で最後のプレゼンテーション。

TOP

春を見据えて④本棚(続き)

2017⁄11⁄23(木) 00:00
そして 昨日の話の中身も踏まえつつ同時に断捨離について考えてみる。
今日の一つ目の議題は「本棚」について。

一応私の部屋には天井まで突っ張っているかなりでかい
本棚を二つ 部屋に常備している状態です。

まぁ 昨日コレクションケースがどうこうというお話を書きましたが
もしそれを買ったとしたら競合してしまう立ち位置にあるわけで
しっかり考えていかないといけない品であることは確かです。

……とは言えども ラノベ趣味があるのっぴぃさん。
――ラノベにかかわらず 毎年のように買い足している地図資料集やら
そこそこの学術書といったまじめな本も結構あるわけで。

それらを収納する用途として考えるのであれば
二つある本棚のうち片方は確実に引っ越した先でも組み立てて
使っていく見込みがあるのではないかと考えられます。

では 正直「二つ持っている必要があるのか」に関してですが
これは非常に悩ましい問題であるわけです。

これから自らのステップアップ――特に英語とか――を感じている性分
そして 今までの自分が歩んできた学生生活とは
ちょっと就職先で要求されるであろう技術のベクトルが違うことを考えると
社会人になった後またごっそりと本が増えることが予想できます。

……状況によっては会社の金で本買ってやる、という意気込みです。

だとするならば デザインも統一できているこの二つの本棚
仮に二台使わなかったとしても「実家に仮置き(組み立てないでも)」
という形で 捨てずにとっておく、というのは
どっちにしろ十二分にあり得る選択肢なのではないかと考えます。

まぁ ここでこんな議論していると「引っ越しのタイミングで捨てるか否か」
という話題になりがちかもしれませんが そもそも論として
「代替として買いたいものが引っ越しと同時に購入できる」という
確証がいまいちできていない中 今持っているものを引き続き使いつつ
代替品が買えた後はいったん片す、という選択肢があってもいいのでは

……みたいな気もするわけです。 コレクションケースなんて
一旦生活が安定してから購入する可能性もかなり高そうなわけですから。


――ちなみに この本棚の中身に関してもある程度は整理することが
半ば確約されているわけでありますが 例えば大学で
使ってきたノート等の扱いに関しては断捨離の対象とされることも多い気がします。

……とはいえ こうやってノートの山を眺めてみると
「結構専門の教科で教科書使わずに行われてきた授業が多かった」故に
問答無用でノートをすべて捨ててしまうと何も自分の足跡が残らない
悲しい展開になるような気がしてきて結構悲しかったりします。

……まぁ 思い入れのそこまで強くない数学・英語等の授業のもの、
テキストがしっかり残っている授業の物からノートを処理していくことにしましょうか。

TOP

そろえたいアイテム集④コレクションボックス

2017⁄11⁄22(水) 23:21
・陳列棚
一応私の部屋にはフィギュアなる人形が鎮座しております。
――まぁ 一応今置かせてもらっている本棚の棚2列+α程度を
占拠する量というのは多いのか少ないのかいまいちわかりませんが。

で それらも含めまして私 次引っ越すときにはオタグッズ的なのを
一角に集めたエリアを作りたいと考えておりまして
できることならば このフィギュア等も含めましてうまく
陳列できるような棚の類をまとめてみたいなぁと考えるわけです。

まぁ 実際どんな棚を陳列するのがいいのかとかいう話題は
実際住む部屋がどんな家になるのか見ておかないと
何とも判断が付かない部分ではあるのですが 要求したい条件はいろいろとあります。

箱
まず 今住んでる部屋のクローゼットをかなりつらい形で
封じてしまっているフィギュアの箱をうまく隠すことができること。

一応上記の本棚の棚二つ、というのが広いのか狭いのかわかりませんが
一応フィギュアだからある程度の目線の高さに持っていくために
足元にデッドスペースができるわけで 例えばこのあたりに
フィギュアの箱がある程度収納できる場所があると嬉しいですね。

――まぁ こんな感じでしっかり箱も保存してきているからこそ
「基本持ってるフィギュアはすべて持っていく体」で
引っ越ししたいという夢を問題なく語っているわけであるのですが。
(古いフィギュアはご丁寧なことに段ボールにすでに入っているというのもある)

次にフィギュア陳列した棚の上もある程度同人グッズ置いたりするスペースに転用できること。

まぁ つまり天井まで突っ張るようなデカさの棚にはしたくないといったところ。
せいぜいへそから胸の高さあたりで収まってくれると
なかなかありがたいという考えなのですが。

具体的には例えばコルクボードに張り付けたキーホルダー等を
壁に沿わせてみたり タペストリーの類を飾ってみたり。

まぁ せいぜいその程度の幅しかないだろうから基本
飾っていられるタペストリーは2枚程度でしょうから
残りは前書いたハンガーラック等にかけて保存できるとなおよろしといった感じか。

まぁ この程度が最低限出来てくれたらかなりうれしいところではあるのですが
さらに注文を付けるならば 同人誌を入れる本棚も
一緒の扱いになってくれると非常に「コーナー」として
見栄えがよさそうな気もしてくるわけなのですが それは
上二つの次点、程度の優先度で考えています。

まぁ こんなわがままな希望を叶えてくれる品があるのか
ちょっと気になるところではありますが 今のところ目をつけている
「ボックス型」のコレクションボックス(アクリルのほかにも
板状の蓋があったりそもそも蓋がないものもあったりする)がありまして
これをうまく積み重ねて陳列スペース作れないだろうか……

みたいなことを考えてみたり。 夢は広がっていきます。

TOP

そろえたいアイテム集③ハンガーラック

2017⁄11⁄21(火) 00:00
・ハンガーラック
ちょっと昨日書いていた内容に被るような被らないような、
そんなほしいアイテムの話でもしてみましょうか。

スーツやジャケットなど型崩れしやすいものを床に放りやすい私的に
クローゼットの中にこれがないのなら導入しなければいけないアイテムだと思うのですが
あと一つ 趣味的なベクトルで使えるのではないかと考えているこのハンガーラック。

最近ぼちぼち増えてきたアイテムに「タペストリー」なるものがあるのですが
どうも納める場所に困るものがいろいろとあるんですよね。

すべて飾れるのならばそれがいいのですが どうも乱立しているのも困りますし
そもそも しっかり飾れるだけの壁面が開いているかどうかがまた別問題という。

――あと これはそもそも高価で個人的に手が付いていないものでもあるのですが
抱き枕カバーの類も近い(物によっては堂々と飾れない)扱いなのですが。

で これらのアイテムをハンガーやらでまとめてハンガーラックにまとめ
壁面に1,2か所タペストリーを飾れる場所を用意して 気分によって入れ替える
――で 残りをハンガーラックにかけて収納、ということをやってみたいなぁと考えておりまして。

おそらく 衣装かけの類を埋めるほどのジャケットやらすーつやらが
自分のファッション生活においてたまることはまずないと考えられますので
「普通の衣装を保存する」ほかに「タペストリーや抱き枕カバーを保存する」用途を
併せて考えてみたならばそれなりに需要があるアイテムになるのではないかと考えました。

……といいつつ 実際入った部屋にクローゼットがありそこにハンガーレールがあれば
わざわざ買い足す必要もなく どちらかといえば「そのハンガーレールをいかに使いこなすか」
という 「自分の無理のない導線づくり」に考えがシフトするわけでありまして。

とりあえず 「脱ぎ散らかさない」と「洗濯もの整理がずぼら」という二点に関して
一番家事の中でできていない一角であるこのあたりの改善を図っていきたいところであります


というおしゃべりをしてみながらふと 自分でも思い立ちましたので
簡単に洋服の整理をしてみたのですが 基本的に洋服の着回しを
全くと言っていいほどしていないのが丸見えで
今出ている洋服を戻そうにも素直に戻ってくれない現実にちょっと驚きました。

――よく考えてみたら自分の持っている服って結構オーバーにあるのかもしれません。

そんな中でも擦り切れかけている服を相変わらず来ていることもあったことは
結構重く見るべき事案であるように思えるわけで軽く反省。

まぁ 数十分の軽い整理くらいしかできませんでしたが
その中でもとりあえず特に擦り切れの激しい洋服二着はごみ袋に投下して
今の自分の洋服事情についてもう一度 確認しておかないとなぁと感じた今日この頃であります。

TOP