政見放送

2017⁄10⁄20(金) 00:00
最近は選挙カーなんかが町中を走り回っていて
いろんな意味で騒がしい日々が続くようになりました。

まぁ、一応はこのうるささもしっかり議論のある
中身の者であるならば非常にうれしいものなのですが
――一応 そのあたりに関しては深く突っ込まないようにしたいですね。

所で 割とルーチンワーク化した日々の生活をしていると
NHKを見るときに聴くことができる政見放送の時間って
結構決まってくる、ということ あると思います。

例えば 自分にとって結構なじみ深い政見放送の時間帯って
朝7時から8時台、ということになるのですが。

ただ そんな感じで凝り固まった時間帯に
政見放送を見る生活をしていると ふと思ったのですが
限られた地域の情報しか入ってこない気がするんですよね。

今期の場合だと 関西に住んでいる私の場合は
奈良県の小選挙区情報は結構濃密に入ってきますが
あまり 自分が投票する選挙区の情報が思ったより
回ってきていないような気がするのはなぜなのかと。

これ 昔から思っていたことなのですが
朝の出勤・投稿する時間が決まっている層って
私に限らずそこそこいるのではないかと思うのですが
そのような人たちにとっては 見ることができる政見放送の地域が
結構固定されているのって NHKの怠慢だと思うんですよね。

――同じ時間帯では同じ地域の同じ政党の情報が
なるだけ重ならないように配慮するっての大切だと思います。

まぁ そんな風に考えてみるとこれからの時代
選挙に関してもことさら ネット等で情報を集めてみるのが
いいんじゃないかって気がしないでもない。

――あれ? テレビいらなくね?  みたいな感じ。



……ところで 政見放送をこうしてみてみると 特に野党に
「政治を選ぶための選択肢を~」とか 実現できるかどうかは
その人の手腕によるのでしょうが 何かしら訴える人と
「獣医学部がどうこう」とかはなはだ興味がないことを食っちゃべる人と
同じ党の候補者でも印象がずいぶん違うものだと思う人たちがいます。

……まぁ、例えば そんな「こいつら何言ってるんだ?」としか
思えないような野党しか自分の投票する選挙区にいなかったならば
もう なあなあでも信用できる人に入れるしかないよなぁ

……みたいなこと考える程度には もうこの日本の国会
「野党」の質をどうにかする必要性を感じるのですが、さて。

TOP