忘却のイタズラ

2017⁄10⁄31(火) 00:00
別に今日が学生時代で最後のハロウィンみたいな感じで
学内で変な格好をしていたとしても そして 法外でなければ
何やってもよさそうな空気漂うイベントだったとしても
特にそれに便乗するような準備も何もしていないのっぴぃです。

まぁ 適当に大学上る前にあめちゃん買って持っていくみたいなのは
してもいいのかな~  という気はしないでもないですが。

まぁ お菓子ばらまかなかったとしても 上で適当に
当分補給要因として置いておくのも悪くないですし
本日の手荷物にあめちゃん持参、悪くない選択肢だと思います。

――とりあえず 今日の大学で仮装軍団に遭遇できるか
ちょっと 最後のどんちゃん騒ぎを野次馬しに行くべきかどうかは
少々悩みどころではありますが やったとしたら
冷ややかにここに書き留めてみたりしているんでしょうね、きっと。



さて 別にまじめに参加するつもりもないイベントに対して
前段階で書けることなんてあまりありませんでしたので
今日も今日とて適当なおしゃべりでもカマスといたしましょうか。

結局先週末もやってまいりました台風さん。
――兵庫県の場合は基本的に動きやすい正午の時間帯を
ご丁寧に狙ってくれたおかげで また週末を閉じこもりで過ごすことになりました。

前々から考えていた外出的なイベントは基本パーという形に。

……まぁ、このあたりは仕方ないととらえるべきなんでしょうね。

ただ 先週の週末――と、いろんなインフラ的なものをつぶしてくれた
台風と比べて 今回の台風はかなり控えめな感じがありまして
基本的に「一番近くによっている時間帯にそこそこ強そうな風を誇示しつつ
かなりの雨が降ってきた」位の感覚で止まってくれました。

――とはいえ 外出をためらわさせるには十分な働きを
その時点でしてくれている点は忘れてはいけないわけですがね。

そして 私はその間に部屋の掃除を少しでも続けておきたい
……みたいなことを「考えるだけ」はしていたのですが
やっぱり足が動かなかったりした点に関しては 大いに反省しないといけないと感じております。

――ちなみに この台風のあれこれの合間にこっそり入れ替えた
お部屋のラグに関してですが 台風前の雲の切れ間に
こっそりお洗濯した、という点まではいいのですが

すっかり取り込むのを忘れて 気が付いたのが雨が降り出してから。
……風が強くなる前ではあったので吹き飛ばされるようなことはありませんでしたが
盛大に濡れてしまったので完全に「やらかした」側になるんでしょうね、チクショウ。

TOP

一人合点

2017⁄10⁄30(月) 00:00
大学の研究関連でやってきたことを他人に説明する

――まぁ 成果発表とかもろもろのことを考えると
結構ありふれたものであるとは思うわけですが
そのようなことを繰り返してみると やっぱりいろんなことを思い返さざるを得ないんですよね。

――そんなことを言いながら ことあるごとに落ちまくって
就職活動初期に考えた会社に軒並み落ちまくったことを思い出す程度には
軽くトラウマ来ているみたいです。 のっぴぃです。

まぁ 一応私も今まで 学会に発表資料持って行ったりもろもろ
こなしてきたことはありましたが 基本的には「聴衆もある程度
勝手のわかっている人」ばかりにしゃべってきていたので
「そうじゃない人」に自分がやっていることをうまくアピールするすべ

……もっと具体的に言うならば 相手がどんな話を期待しているのかに関して
基本的に 全く私はわかっていないということが言えるのでしょう。

みたいなことを 先日もちょっと学んできたところであります。

そして このあたりのことをもう少し早く気が付くことができていたのであれば
もっと 気が利いたお話を就活の面接等でできたのではないか
みたいなことをどうも 考えてしまいたくなるようでしてね。

……ちょっと心に深く刺さっているようではありますが
どうもそれを教訓に変わろうとしない様子は相変わらずのようです。

ついでに 「根っこが全く違う方々に説明しよう」とするときに
まず 何が一番の宣伝文句になるのか――ということに関しても
いまいち 実感がわてなかったりしたものなのですが……

まぁ そんなときに「デザイン」とか 非言語の分野で
大きな宣伝等を打ち立てることができるということも学べましたので
周りを見渡してみるというのも大きな勉強材料になるんだな。

そして 学問だけが勉強じゃないんだな、ということを学べるというものです。


さて どんな内容なのか、その中身を全くしゃべらずに
一人適当にしゃべり散らしていたわけなのですが 簡単にしゃべりますと
一種の学内イベントで講演みたいなのを頼まれてそれを受諾。

まぁ 爆散とかそんなことではなかったのですが
この体験を通じた聴衆の反応を鑑みながら一人反省会をしてみたりしていたわけです。

まぁ この文面で片付けられるイベント 今月ちょくちょくとあったわけですが
そのあたりをひとまとめにしたうえでの感想というか。

ついでに言えば 最近の自分のやっていることは「自分でもわけわからなくなっている」
とかいう 本末転倒にもほどがあることが続いていることもありまして
……かなりの迷走具合を呈しているとかいないとか。 大変だね。

TOP

竹も折れるときは折れる

2017⁄10⁄29(日) 00:00
台風で奈良に行けなさそう、そして土日じゃないと奈良
どうも切符的に損した気分になってうまく回れそうもない
……と、感じている今日この頃であります。

京都01
ただ、向かうのに「阪急株主優待券」が非常によろしい
「京都」に向かうのであれば たぶん財布的には即ダメージが入るわけではない、
などと判断いたしましたのっぴぃさん。

――ちょっとテレビで気になる情報もありましたし足を向けてみることにしました。
……日程的には 相当な無理をしているわけですが、後から考えて
ホント何していたんだろうという賢者タイムに入るのに十分な感じでしたよ……

京都02京都03
で 気になっておりましたのが観光名所にもなっております
竹の小径のほうが台風でひどい有様になっていると。
――結構竹ってしなやかなイメージあったのですが
今回の台風はこれをも引き裂いてしまったようです。

……少なくとも ここを管理している方々もなかなか
お目にかかることのなかってレベルの被害であったようで
竹どころでなく石垣が崩れている部分もあったりとなかなかの被害が見られました。

京都04
それ以外にもこんな姿も。 嵐山もひどかったらしい。

京都05
そんな感じで午前中嵐山をぶらついた後一乗寺のほうへ。

京都06京都07
なんか前からちょっと気になっていた二郎京都店、行ってまいりました。
――なんか 正面入り口じゃなくて ちょっとわきの路地みたいなところに並ぶスタイルらしい。

私ははじめ全くそれに気が付かずやらかしたのですが
幸いにして行列ができる時間帯でもなかったので事なきを得ました。
――が、同じ境遇になった女性には店員が優しく接していたところ見ると
まぁ そんなもんなんだろうな~  という印象。

味のほうは個人的にもちょっと二郎にしても飽きが来る単調なしょうゆで
最後の肉は 運悪く端っこの味が濃すぎるところが当たってしまったため
なんか あまり食べれなかったな~  という印象。

……まぁ、そんなこともあるさ。 いろんな意味でね。

TOP

丁寧な準備まで。

2017⁄10⁄28(土) 00:00
台風01
我ながらしつこい気がしないでもないのですが
先日の選挙日にやってきた台風関連でいろいろと
画像フォルダに残していたものがあったようだったので
それにかこつけていろいろとおしゃべりしてみたいと思った次第。

当日はやっぱり雨風が強かったこともあり さくらざきさんと
ゲームセンターにいたときにも 警報関連の情報が
スマホのほうに緊急情報として流れてきました。

基本的にマナーモードで固めているのっぴぃさんのスマホですが
こんな感じの警報になると聞いたこともないアラームとともに
いきなりなりだす訳で ちょっと驚きますよね

――それと同時にかなり不安をまき散らされるというか。
まぁ 実際注意引く警報出ないと意味がないので用途的にはあってる
はずなのですが どうもこのあたり なれない気がします。

台風02台風03
さて 台風が去った後の街中――例えば買い物なんかを
しに繰り出してみますと 道端に葉っぱのじゅうたんが広がってみたり
市バスの停留所の幕が見事に吹き飛ばされてみたり
なかなかのありさまを見せてくれているではありませんか。

――落葉の季節が近いからかもしれませんが
結構ひどいところは大変なことになっていて
スリップ注意、みたいな注意喚起されている道なんかもありました。

……何というか 「幕が吹き飛ばされる」とかだったら
何となく想像できなくもないのですが 「幕がちぎれ去る」というのは
台風の被害としてどんなものが起こったらこうなるのだろう
などと ちょっとした興味を抱いたというね。

なお、やっぱりというべきなのかもしれませんが 台風のおかげで
選挙看板等の片づけがこの一週間全く進んでいないようでして
公務員もこんな時は大変だなぁ、などと思った次第。

台風04台風05
大学のほうでもでっかい桜――確か――の木が折れておりまして
見事に道を封鎖している様子なんかを見ることもできました。

――やはり 山の上だと風はさらにひどいことになっていたのでしょうか。

残念ながら私は確かめようもない感じですが
少なくとも こんな天気の中大学に上るようなことはしたくないですよね。



とか考えてる中で この週末にもかなりでかい台風がまた
やってくるとかいう気象予報が出ているわけで。

――なぜ狙いすましたかのように週末を狙うのか。
できることなら奈良のサイクリングとかできないだろうかと画策していた
私でしたが さすがにあきらめたほうがいいのかな、などと。

TOP

播磨グルメ・ほか

2017⁄10⁄27(金) 00:00
食べ物17
さて そのさくらざきさんを迎えた際のお食事がこちら。
――まぁ やっぱりその場のB級グルメレベルのものを
出す美味しいお店を考えてみた際に思いついたメニューが
「そばめし」か「かつめし」と。

……まぁ かつめしは正確には「加古川」のグルメですが
一応 三宮に出している店のほうも存在は知っていたので
この店に入ること自体は初めてでしたが行ってきました。

……今回は結構カツが浅く盛られていてなかなか食べやすさがよかった感。
デミグラス、作り方勉強しておけばよかったかなぁ……

個人的に「カツにデミグラス」って結構違和感を感じている時期が長かったですが
このメニューを知ってから違和感なく受け入れられるようになった感があります。

京都08
あと、一応「行って覚えるライフスタイル」ということで
某連想クイズで間違えたこのラーメン店、行ってまいりました。 はい。

――といいつつ、場所把握までしかこの時はできませんでしたので
食レポの類は次の機会があったなら、といった形になります。



食べ物14学食
せっかくなので食ってばかりの生活の記事作りましょうか。

先日ドクターの先輩についていったらこんな豪勢な定食的学食のところ連れてかれました
――当然といえばなんですが 学食にしてはお値段高め。
レストランのように厨房から送られてくるわけでして。

まぁ でも 確かにデミグラスで煮詰められたハンバーグはうまいのですが
「あくまでも学食の味だった」という点は変わらなかったことは言い添えておきます。
……そうだとしたら ファミレスのほうがお得なのかなぁ?

飲み物02
大学の飲食関連で言えば 学食でこんないろはす売っていたのですが
私の記憶の中ですとこれ 九州限定フレーバーだった気が?
――福岡空港の自販機で買った覚えがありますよ。

ほのかな甘みが結構好みの味なので全国で売ってほしい感あるのですがね。

食べ物11
そのたぐいのほのかな味を甘味では表現できるのに
食品会社って辛さに関してはとっても暴力的なフレーバーしか使えませんよね……

先日 このカップ麺に「監修」マークもついてたこともあり
かなり期待しながらご購入したものがあったのですが
かなり野蛮な辛さに悲しい思いをした思い出が。 画像があったのでつい。

TOP

忘れかけてる「迎撃」のココロ

2017⁄10⁄26(木) 00:00
さて 台風背景にいろいろと語ってまいりましたが今日もそんな流れ。
……先日の日曜日 実際当初は私も部屋でゆっくり――というより
季節ものの入れ替えとかそんな作業をしようと思ってまいりました。

……だって 窓をたたきつけたり屋根に落ちてくる雨音が
かなりやばい感じになっているんですもの。 とりあえず
選挙を雨風が比較的凪いでる時間帯にササっと終わらせて
それ以外は とりあえずラグの張替えとか
夏服を箪笥の奥底へしまうとかしようかなって。

……そんなさなか ふとツイッターを眺めてみたら
さくらざきさん三宮に来てるとかいう情報を発見。

……東北からこの暴風の中よく来ましたね……とかいうベクトルの
驚きと同時に やっぱりブログ時代から知っている方ですから
せめてあいさつをしに行こう、という感情に突き動かされ
部屋着から速攻で準備を済ませて突貫(濡れる前提で
七分袖、サンダルなどの中途半端な夏スタイルでお会いしてきました)

――まぁ よく調べてみたら前日からこちらのほうには来ていたようなのですが
残念ながら私も前日はジジババの相手のほうをしておりまして
なかなかツイッター眺めていませんでしたからね、仕方ない。

まぁ 実際向こうも台風で予定が結構不透明になってしまっていたようで
私も全く何もプランニングしていないということもあり
エスコートも何もない、というかなりgdgdな感じになってしまいましたが

……適当にゲーセン巡りなどをやっていた次第であります。
別に トナメの同突とか一緒にグリムしたとか
今思えば何かやっておけばよかったとかいう感想もありましたが

――マジで QMAで「迎撃する」という意識・常識等が
全くなくなっていたな~  QMAマジでやっていた時期が
懐かしいな~  などと思ってしまった次第であります。

私もあの時 「北海道東北検定」とかくるくる回しておりましたが
――互いに一人でやってた感ありましたかね……

※なお、まだSSS出せていないこの検定。 3400点台の壁に泣いております。
しかも、そんなときに限ってくそみたいな不正解をやらかしているという。
「青い森鉄道」の文字パネルをタイポった、みたいな。

……うん。 迎撃の時どんなことするべきだったか思い出そう。
そんなことを心に誓った今日この頃でありました。



最近 ブログ巡りの類がちょっと適当な感じになっている今日この頃ですが
さくらさんのブログへのリンクがつながらなくなっているのを先日発見してちょっと驚き。

……迎撃のほうもそうですが 最近かなり自分の殻の中に
閉じこもっていたんだな~  ということを改めて感じた次第です。

TOP

嵐の投票日

2017⁄10⁄25(水) 00:00
ひとまず 選挙前にもいろいろグダグダ書いておりましたが
とりあえず結果を見てみて改めていろいろと書いておきますと……
……まぁ、メディアが言っていたことは何なのだろうなと。

いろいろと「小池旋風」とか盛り上げていた方々も
かなり多かったわけなのですが その報道の陰で
ここまでの結果って何なんだろうな~  と思った今日この頃であります。

確かに 「排除」発言やらいろいろとあったのはありますが
それでもここまでの結果になるのというのは さすがにメディアのほうも
いろいろと反省を促したほうがよかったのではないかと思った次第です。

――というか 実際問題ここ最近の私も正直なところ
政治面の意見に関してはメディアを全く信頼していないうちの一人です。

まぁ ライターやキャスターの方々もそれぞれの意見をお持ちだとは思いますが
「それを押し付けてもいい」というのは大きな見当違いでしょう。

まぁ 選挙に関してはうちの両親は「互いが何を考えてどこに投票したか」
ということに関しては 完全な自分の中の崇高な判断に任せるべし、
という意見をずっと昔に教わって育ってきた自分ゆえに思うことなのかもしれませんが。

そんなこともあり 結局双方の票の行先が一致しているのか否かすら
たぶん 両親それぞれも理解していないだろうそんな家ですからね。

――メディアの「自分たちの支持したい方向へ票を誘導したい」
みたいな行動はどうも理解に苦しむわけです。

この先 社会人になっての一人暮らしとか始めると思うのですが
そのあたりの新聞 購読するかどうかも含めてその価値があるのか
しっかり判断していかないとだめだな~  と思いました。

……今あるテレビ モニターとして持ち込むことは検討中なのですが
「テレビ放送」を見れる状況にするかどうかに関しては その価値も
考え直さないといけないかな~  等とも思います。


まぁ それとは別に やっぱり台風の中、選挙時間の切り上げだとか
そもそも もともと低迷中の投票率なんかにも
如実に影響が出てきたという話は今回の選挙でもよく聞きました。

――まぁ、台風で投票率が低下することは残念なことですが
「せやな」としか言いようがないという考えも及びますよね。

結局 自分も傘を半ばひっくり返しながら投票所へ向かって
しっかり一票を投じてまいりましたが うちの選挙区は選挙速報見る感じでも
なかなかいい勝負していることで話題の選挙区ということで
なかなか楽しめたものでした。

――そういえば 選挙速報の画面、下半分では逐一票の動向が流れる反面
上半分で台風の非難速報等が流れてみたりで
一画面の中の情報量が半端ないことになっていましたね。
――役所の方々も多忙だったでしょう。 お疲れ様です。

TOP

台風の週末

2017⁄10⁄24(火) 00:00
先週末は見事に台風に見舞われたわけですが
――実際日曜日には家が揺れるわ風に見舞われるわで
結構すごいことになっております。

……まぁ このさなかにあったイベントに関しては
また改めてまとめつついろいろと書いていくことになると思うのですが
外に出れば傘が「バッドスイングしたがごとく」状況になるわで
結構すごいことになっておりました……

あとは マンションの廊下に選挙ポスターが流れ着いてみたりね。

まぁ これに関しては私みたいな一般市民がこんなことやったら
法律に抵触して(選挙妨害的な意味で)つかまりかねない事案ですが
さすがに自然災害ですからね。 仕方ないよね。

――それでポリスの皆さんが台風捕まえて拘留してくれたなら
神戸の天候が半端ないことになってむしろ大迷惑になります。

そして 自転車の避難をさせるのを忘れたのが
個人的にちょっとやらかした案件だったな~  などと。

とりあえず 今外で暴風吹き荒れる中原稿書いているわけですが
このあたりの天気が落ち着いて駐輪場においてある自転車が
いったいどうなっているのか、ちょっと怖いのっぴぃさんです。



というわけで それにかこつけて週末の日記をば。
――まずは まだ天気が荒れてなかった土曜日のほうで。

ちょくちょくと予定の合間を見つけては
ジジババの様子を見に行っているわけなのですが
見るたびに「今より好転することはないんだな~」ということを感じます。

まぁ 今回はその子供である私の親が一緒にいたわけで
そんな中でジジババの家に押しかけていろいろしてみたわけですが
体が動かなくなってるんだな~  というのをひしひしと感じる場面が
いろいろと見受けられたのがちょっと痛々しい。

――まぁ、完全に耳が遠くなられている点に関しては
もう、いろんな意味であきらめるしかないですかね。

まぁ 「もうお医者にかかるのは面倒だ」とか言い出したりして
そのあたりを必死でなだめるのはなんだかな~
と思ったわけですが なるだけ粘ってくれたりしないのだろうか

……できるならば 結婚式とか呼べるようなベクトルで、
などと思ったりするわけですが そのあたり意志の力で
何とかなってくれないかな~  と願うばかりです。

――まぁ、今ののっぴぃさん、婚期のかけらすらないわけですがね。

TOP

シューティングゲームとのっぴぃさん

2017⁄10⁄23(月) 00:00
アズレン02アズレン03
前回のあらすじ。 ロリコン、アズレンを始める。

まぁ こちらのプリンツ・オイゲンはあやねるボイスで
結構表情が乏しい系キャラなのですが 私の「女神」である
プリンちゃんとの気持ちの分け目は結構つけやすい感がありますね。

――何というか 艦これが残した「艦のイメージ」というのが
やたら強く残っているものも結構あるようで
中国のほうでも例えば「夕立」が残したイメージのほうは
かなり強烈なものがあるっぽいです。



さて このゲーム、基本的にはシューティングゲームのようなもの
――戦艦や空母を後方艦隊として支援に徹してもらって
巡洋艦と駆逐艦で構成する遊撃舞台を操作しながら
敵艦隊をなぎ倒していくというストーリーらしい。

後方艦隊は 弾幕を消しつつ支援爆撃を行う空母と
支援砲撃を自分で照準を合わせて打ち込める戦艦とのこと。

――空母の弾薬消しはなかなか役に立つのですが
今のところまだ 戦艦に関する支援としての大きな優位性は
いまいち実感できていないところなのですがさて。

一応 日独を敵国として扱っている(第二次世界大戦の
世界的な見方でもあるのでしょうが)わけなのですが
8ステージまで出てきている現状 まだ 日本パートしかないのですが
さすがにそろそろ ドイツのほうの海戦みたいなのも
考えられないのだろうか、などと考えることもちょくちょくありますが

……まぁ、このあたりも中国制作ゲームですから
歴史の見え方、その重点の置き方みたいなものもあるのでしょうね。

まぁ ここで「自分が思うことが改善されないからクレーム入れる」みたいな
無粋な真似はさすがにしないで行きたいなって考えております。



弾幕
ちなみに 一応「シューティングゲーム」としての
のっぴぃさんの関わりとしては スチームのほうのゲームで
バニーガールが暴れまわるというゲームみたいなのをやってみたことがあります。

……ただ これをやっている限りでかなり「シューティングでののっぴぃさんは
ノーガード気質が高い」ということを感じている次第でありまして
結構無駄に体力を削る場面が多く見受けられました。

まぁ このあたりも含めまして ゲームではのっぴぃさん
自分が思っているほど頭脳プレーはできないのではないかという
考えが大勢に立っている、みたいなイメージがあるんですよね。

……おかげでこれ、なかなか高難易度に取り組めないんよ……斜体文

TOP

アズレン

2017⁄10⁄22(日) 00:00
アズレン01
なんか最近一部巷でうわさになっている……らしい
アズレンのほう、私も挑戦してみました。

アズレン02アズレン03
……より具体的に言ってみるのであれば
こちらのバンパイアさんにロリコンレーダーが全力で
接触したりした事態になっておりまして
気が付いたらスマホの中にこれが入っていた、という感じです。

……我ながら言い訳がひどいような気がしないでもない。

さて 基本的にはこのゲーム 艦これのような
艦船の擬人化ゲームとなっているのですが まずは日本のみならず
このバンパイア含めまして海外の艦船もモチーフになっていて
さらに言うと中国製、ということらしく。

……まぁ 半分くらいは日本が敵国認定されているわけですが
ドイツも同じような理由だということを考えると
大方「これが世界の中での歴史である」と考えるのが正解なのでしょう。

さて 様々な場所で言われているレビューの中では
こちらは艦これのイライラする要素を取り除き
さらにプレーヤーが能動的にシューティングゲーム的にかかわることができるという
点が大きく世論では支持されている、ということらしいです。

アズレン04アズレン05
アズレン06アズレン07
アズレン08アズレン09
確かにそのあたり考えてみると
結構ガチャ的要素はソシャゲであることを考えると
結構無料でやらせてもらえるし その引きも悪いわけではない。

……というイライラ要素を削っているゲームという
評価はなかなか的を得ているのではないかという感が確かにいたしております。

続く。

TOP