根腐れ

2017⁄09⁄28(木) 00:00
基本的にこの時期になってくるとどれだけ研究内容をまとめられるか
……みたいな勝負になってくるところがあるわけなのですが
その中の一つの関門として中間報告とか言う行事があります。

まぁ 口頭発表で今までやってきた内容を軽く整理してあげるような
そんな感じになってくるわけですが 今まで見てきてもらった
指導教官以外からもいろいろと意見をもらいながらやっていくわけで
それまでなあなあでやってきた部分を洗い出す

――まぁ、良くも悪くもかなり緊張する場面になるわけですよね。

この中間発表 自分は7月にやる予定になっていたのですが
盛大に腹ぶっ壊してみたり それ以前にかなりメンタルが
崩壊していたのがこの時期だったということもあり いろいろありまして
この時期にずれ込んだといういきさつがあります。

というわけでつい先日 こちらのほうに挑戦してきたのですが
物の見事にずたずたに言われまして もともと就活で
勉強頑張ってきたことが全く評価されない社会にうんざりしてきて
ちょっと研究に対するモチベーションが駄々下がりしていた中
さらに研究へのとっかかりがどうなるのだろうと不安になっている今日この頃です。

――まぁ、研究内容がどうずたずた言われたのかということに関して
ここで具体的に書いても全く通じないでしょうからできるだけ簡潔に書いてみますと。

Aの中の一つの構造として分類されているBという特徴を活用して
研究を進めてやろうと考えて今まで二年半やってきたものの
「これはBという構造ではないよね」とそもそもの根っこのところを否定されたというか

……だったとしたら今までの二年半やってきたことって何だったのだろうということを
かなり考えさせられるそんな感想をもらったわけで。

そりゃ、当然万事無事に済むとは思っていませんでした。

自分がなかなか答えることができない質問などを散々飛ばされるとは思っておりましたが
もともとの根拠の部分、根っこの根っこの部分が根腐れしていたかのようなことを
言われ続けたというのであれば さすがに考えることもあるわけで。

というか かなり堪えるよね。 この残り半年間は
何を足掛かりにして何を語っていけばいいのかが全く分からなくなるわけだから。

そんなわけで最近の自暴自棄レベルが上限突破している今日この頃。
――もう、残り半年間何やってればいいんだろうね、  ……というのはさすがに
自暴自棄にすぎておりますが 気持ちとしてはそんな感じです。



一応 ここ最近も大学的イベントでは学会あったりする時期なのですが
前述同様7月に参加手続き等がなかなかできずに今回は参加見送り。

あの時にこんな流れになるということを見越していたわけではないですが
結果的にいろいろと頭を冷やす有効な時間として使わせてもらうことになりそうです。
(代わりに研究室の中ではなじみがない別の研究発表会に参加申請していますが)

TOP