めがね・もやし

2017⁄09⁄25(月) 00:00
興味がないことに関してはとことん興味を持たないのは
自分が一番わかっていることだからどうせこんな感じで
記事作って自分で意識してもどうせ変わらないんじゃないかとも思いますが……

ふと 自分てとことんおしゃれ等のベクトルで語るなら
全く持って無頓着だよなぁということを再認識しました。

――まぁ、さすがに外出るのに通報されるような格好とか
そうでなくてもつぎはぎだらけの服だったりを着ているレベルではありませんし
相当無頓着ではありますが、一応洗濯はしている、つもりです。

ただ その着あわせだとか化粧、とまでいかなくても
例えば髪のセットだとか洗顔料等々に関しては
全くと言っていいほど無頓着といえるでしょう。

……就活の面接でかなり苦しい展開を余儀なくされたのは
もしかしたら このあたりのセットを普段のままでやっていたから
――みたいな展開があったりするのかもしれません。

眉毛剃ったりだとかいうことは全くやったことないですしね。

――普段の生活ならば 寝癖等の処理も往々にして自然に任せる、
なんてことがあったりするレベルではあります。
――さすがに、顔は洗うんですがね。 なんか、櫛使うのは面倒くさいとか。

あと 髭剃りも鏡使うのを面倒くさがることが往々にしてあります。
――気が向いたタイミング、手に届くときにシェーバーがあったら
とりあえず剃っとくか、みたいな相当適当な身だしなみ。

……改めて言うまでもありませんが これでもかとばかりに
やる気を感じさせないセットを続けておりますね……

さえないヒョロイ理系学生というのがまさに
のっぴぃさんの容姿を形容するのに妥当なのではないでしょうか。



とはいえ 父親の頭を見ていると例えばワックスとか使ってみたり
染めてみたりしてみた時点で 二十年後の頭皮環境が
とても寒々しいことになっていることが想像に難くないわけで
さらに もともとの教養がない私がいきなり
おしゃれを目指してみよう見たいなことを言い出しても現実味がないわけです。

さらに具体性を考えてみようとするならばおそらくは「まずなぜそもそも
このような容姿に全く興味を示してこなかったのか」ということが挙げられますが

……これに関する自分の中で一番妥当だなぁと落ち着いた回答が
「そもそも誰かに自分の容姿を見せる機会がなかった」というところでしょうか。

料理もそうですが 人の目線を気にすることがなかったならば
文字通りが意見を気にする機会を得ないわけですから
おしゃれとか着あわせとかに頓着しなくなるのは当然といえるでしょう。

――なんか、このオチ結構多用されてる鉄板ネタなような気がします。

TOP