変態帰宅③

2017⁄08⁄23(水) 00:00
019_20170828013935de8.jpg020_20170828013934557.jpg
とりあえず この先は比較的素直に大糸線を北上、というルートをたどるのですが……

少々松本駅構内でここまで起こったとあるアクシデント対処で
右往左往することになるという話題があるのですが
ちょっと アクシデントはアクシデントで一本まとめ上げられそうなほど
愚痴りたいこともありますので今回はちょっとパスさせてもらいます。

021_201708280139332ea.jpg
これは単に通りすがっただけ。

022_20170828013932196.jpg023_20170828013932ed6.jpg
まず信濃大町で乗り換え。 大糸線の「大」の部分ですね。
――ここらで一つ大きな客層の入れ替わりを感じました。

024_20170828014103bd8.jpg025_20170828014102547.jpg
仁科五湖を超えたあたりでそれまでの田んぼの風景から一転
左右から山肌が迫り 一気に「フォッサマグナ」を感じます。
――あと、その合間に冬スキー場開園時のみ営業の臨時駅がありますが当然通貨。

026_20170828014101575.jpg027_2017082801410121d.jpg
で、JR東西の境界駅、南小谷駅到着となります。
――まぁ、案の定というか益回りは結構人はいない感じ?
時間帯が時間帯だけにそうという説もありますが。

029_201708280141006ab.jpg030_201708280140599b5.jpg
そこから結構あっさりと駆け下って糸魚川。
――駅の中には鉄道博物館的なのが存在しておりましたが
まぁ 来た時間が来た時間だけにもうしまっております。
――基本的に田舎駅の時刻は非常に速いですからね 仕方ないね。

で ここでの乗り換えは1時間しかなかったのですがどうも
興味がある場所がいろいろとありまして 結構あわただしい時間を過ごしておりました。

033_20170828014222923.jpg034_20170828014220dd4.jpg
とりあえずは腹ごしらえ。 地元で有名であるらしい
中華屋さんに駆け込み とりあえず早く食えそうなラーメンと餃子をいただく。

そんな月徳飯店さん、とにかくでかい餃子。
名物はブラック焼きそばとのことでしたが 食べたことがない食事は
異様に私、長くなるという特性ありますので 乗り換え時間を考慮して今回はパス。
036_20170828014219210.jpg035_20170828014308d3f.jpg
フォッサマグナをはじめとしたジオパーク押しの糸魚川。
――とりあえず 道沿いに岩石置いておきましたの通りがあるとのことで
そこを軽くランニング。 それと上の鉄道博物館覗いてみたりで1時間。

031_20170828014218721.jpg032_20170828014217e07.jpg
そもそも 一時間で街を見て回るとか考えるのがアホである説あるけどね。

TOP