夏のある日。

2017⁄08⁄17(木) 00:00
基本的に記事を作るタイミングと実際に投稿されるタイミングとの認識と
それに対するコメントというのが ここ最近意識の外に行っている模様で
おととい おしゃべりの中で完全にお盆というイベントを
無視していたな~  ということが今更ながら気になりました。

結構最近は記事作るときはその時の勢いを優先する傾向があって
そうなってみますとこの オープンキャンパス→BBQ→コミケ
という一連の流れは途切れなく記事を並べたかった。

そうなったらお盆はさんでしまった、そんな感じ。

……さらに加えていうなら 自分のお盆時期の実家への帰省というのは
むしろ自分の先祖の墓から遠ざかる行為ともいえるわけでして
何というか お盆的反応がしにくい、というのも一因でありましてね。

本気でお墓参りしたいのであれば 過去の記事の中でも法事で鳥取行った~
みたいなことを言っているだけありまして
そちらのほうに行くのが常、ともいえるわけでありまして。

――祖父母自体が結構分家というか兄弟の下のほうなので
結果的にお墓というのからずいぶん縁の遠い生活を今までしていた身。
……割とお盆という意味での家への帰属はあまり大きくないのかもしれません。

どっちにしろ このくらいのしゃべりしかできなかったのなら
もしかしたらしゃべってもしゃべらなくても大きな問題ではなかったのかな~
みたいな感想が漏れてしまう、今日この頃でありました。



といいつつ なんだかんだで自分の顔が見えている親戚に対しては
それなりに義理を尽くしたいと考えておりまして 就活が終わって
秋に向けて忙しくなる前にちょくちょくと顔出ししてみたりしております。

というわけで 少しばかりそのあたりのお話をば。
――帰省している時間列の話題とは真っ向に反する形になりますが。

まぁ 帰省していた2月ごろから顔を合わせないと
なんだかんだで 向こうも(口に出さなかったとしても)心配していたのが
ありありとわかるような反応が返ってまいりまして
やっぱり とりあえずの就職先なんかはしっかり言わないとな~
という気分になるわけなんですよね。

まぁ そんな個人的事情をどっかにおいておくとしても
やはり気になるのは一気に老いを感じる部分が多いというか。

今までは比較的きれいに整っていた庭が少々荒れているさまを見ていると
暑さとか 単純に体が動かなくなってきているんだろうな~
みたいなことが類察できてきて ちょっと悲しくもなったりします。

本来ならば 一番動ける二十台の若い衆である私が少しは
手伝いに通うべきだったりしたのでしょうが……時期が時期だけに。

なんか申し訳なく、そして何もできないなぁということを痛感する
そんな夏の一日が比較的最近にあったわけでした。

TOP