情報源

2017⁄06⁄19(月) 00:00
特に何も考えるでもなくツイッター眺めてみると
いろんな話題が沸いては消えて行ったりします。

……こう ここ最近ののっぴぃさんはPC向かって記事原稿書き込む時間が
相当削られておりまして その合間に飛んで行った
「しゃべれたかもな」みたいな話題が山ほどあることは覚えているのですが……

……具体的に中身まで思い出せないものも多々あるとか嘆きつつ
そのあたりから適当に話題引っ張ってしゃべってみようと思います。


例えば 最近の自分にとってニュースの獲得源として
明らかにSNSが混ざっているのは疑いようのない事実でしょう。

最近の話題で行きますと 高速道路でバスに乗用車が飛んできて……
みたいな話題を知ったのもこのあたりの情報からでした。

――まぁ すぐいろんな着色のついたネタツイートとかガセとかで
本質が濁ってきてしまった感があったりしますが
即時情報がやってくるというのはSNSの大きな強みなんだろうなぁと。

そういえば この高速バスの事故があった日はちょうど
バス移動した直後だった、ということもありましたね……

――そういえば この事故を見た後になんか自然と
高速バス(夜行バス)敬遠するような行動している自分に気が付いて
ちょっと戸惑っているというか……そういえばなんでだろう。

そのほか 阪神高速で豚が放たれてところにより寝てみたり
盛ってみたりかなりフリーダムになっていたみたいな話題もありましたっけ。

……なんか 考えてみたら最近の高速道路まともな話題ないなぁ
――などというのは 偏見にすぎた話だったりするのでしょうか。

あと ほかのメディアで見てないから本当かウソか、ということを
判断しあぐねている――どちらかというと判断している暇がない――話題として
インドネシアでISが活発化しているという話題とか
野党が国会でごねてるペーパーレス化がどうとか。

もう 国会に高望みするものはほとんどないと思っておりますが
IS関連に関しては 着実に日本に影響が
近づいている証拠として 全くほかで簡単に情報が手に入らないのは怖いなぁと感じております。

みたいなことを考えると これがガセなら話は別ですが
報道機関の「第三者的視点」というのがいろいろ疑われるなぁなどと。

……自分 作文するのが好きな理系、というのを自称したいと考えておりますが
新聞はじめとして メディア関連を受けるのやめた一番の要因がここなんですよね。
実は親にめっちゃ推された職種だったりしたのですが、どうもね?

TOP