義務感みたいなのは感じてる

2017⁄03⁄14(火) 00:00
なんか まだ今年が2017年であるという自覚に欠けております。
のっぴぃです。 まぁ そんなこんなで
個別会社説明会ラッシュが始まったりしているわけであります。

……そのあおりもありますし 今年も今年とて
ホワイトデー的なあれこれは完全に流れているわけであります。

バレンタインデーには研究室的な意味で居室が同じ女性陣が
女子力誇示みたいな感じでお菓子交換会みたいなのが
開かれていたりしたわけで なんか気持ち的に
それのお返ししなくてはいけないような気もするのですが……

実際問題 それに関わるかかわらない以前に
やはり今年は自分のことで忙しかったりするわけで
――そして そもそも神戸にいないわけで
みたいな言い訳をしつつ 逃れてみたりしているわけであります。

……なんというか 一番ホワイトデーに真摯に向き合っていたのが
まだ部活に居場所があったころの高校時代だった気がする。

――そう考えると のっぴぃさんつくづく
悲し生活しているなぁ(異性的な意味で)という
感想がこぼれますが まぁ 考えないようにしましょう。



そんなわけで ただいま東京での個別説明会ラッシュですが
まぁ それの前にそこそこ合同企業説明会の
所感みたいなことに関してしゃべっておきますか。

――少なくとも 今のところは様々な企業の様子を聞こうが
驚くほど気持ちの変化がないことに逆に驚いております今日この頃。

例えば 理系ということでそれを意識した企業として
メーカー系――機械系とか?――みたいなのがありますよね。

そこの説明会行ってお話を聞いてみるのですが
どんなに話を聞いても 機械的なものの前にネジとか持って
仕事している姿がまったく思い浮かばないんですよ。

別に物を作るのが嫌いというわけではなかったりするのですが
なんか 「これじゃない」感がまったくぬぐえない。

ほかに理系人間としてあり得そうな業種として化学系とかがありますが
――まぁ 一応案としてしゃべっては見たけど論外でしょう。
化学に関する知識は完全に抜けておりますよ。

……みたいな まぁ このあたりの流れは合同企業説明会始まる前から
基本的に持っていた考えだったりしたわけですが……

我ながらこれでよかったのかという疑問がぬぐいきれないのが
また怖いところだったりするわけで。

TOP