ネタが古い。それは私も思いますよ。

2017⁄03⁄09(木) 00:00
ネタの鮮度、みたいな話題に関しては
自分の中の一つの記事の用意の仕方の指標として
着々と考えてみたりみなかったりしている話題として
今までもちょくちょくと書かせてもらったりしていたわけですが。

……まず今回書かせてもらうものに関してはずば抜けて
このあたりの考えががばがば、ということをあらかじめ
書きおきさせてもらうかと思います。 のっぴぃです。

――まぁ 何を書こうかといいますとですね。
今年に入ってからゆうちょのATMの画面ガラッと入れ替わっておりましたね~
――なる話題。 ……まさかの今になって1月の驚きを。

いや 実際アレ初めてインターフェイスの変化に気が付いたとき
驚いたりしたものなんですよ。 ほんと。

思わず ATMのカードや通帳入れる口が妙に出っ張ってないかとか
確認したくなってみたりしたものですからね……

さらに言えば それがのっぴぃさんが年末年始の
18切符使って外遊中の出来事だったりしたわけで
これがこの地域のATMではデフォだったりしたのかな~

みたいな判断に落ち着きかけていたところだったわけですよ。

……と いうことをATMでお金をおろすたびになんか 頭の隅に
思い出してしまうということもありまして もうこの際
いろいろとなりふり構わず記事にしてしまおうと思ったわけでありまして。

よし、これで心置きなくゆうちょのATM使えるぞ。

……そんなこと言いながらも まぁ 今の時期に書くのだから
それに関して少し「最近らしさ」を書き加えておくとするならば。
……やっぱり この年のはざまでATMのシステム作ってる会社とか
変わったりしたのかな~  みたいな邪推くらいはしてもいいんじゃないかなって。

とはいえ 元は日本郵政の郵便貯金ですから それに関わる
システムとか作っている会社は専属で子会社用意しているような
気がしたりするんですが……実際どうなんでしょうね。

または 銀行側からの考察は……うん。 まぁ、ATMのインターフェイスの
顔が変わったとか変わっていないとかで
語れるような部分のお話じゃない気もしますねはい。

なんというか 合同企業説明会とかでいろんな会社
――というか 今回はいろんな業種――の会社の
話を考えてみますと 特にBtoCの会社に関しては
身の回りの変化とこのあたりの都合みたいなのを
邪推してどんな仕事しているのか妄想してみるのって

……自分で書いてみてあれですが あまり意味がないような気もしてきたぞうん。

TOP