桃園

2017⁄03⁄03(金) 00:00
三月三日はひな祭り!  でありますが。
独身独り身もいいところなのっぴぃさんはそのあたりのイベントに
一切かかわる気はありませんがいいですよね。

というか スケジュール帳を見つめている限り
もうなんというか この日も含めて今までの私が
絶句する程度には予定がぎっしり詰まってきているようで……

早速現実逃避をおっぱじめたい、そんな気がバリバリしております。

まぁ 最近の就活はなかなかの短期決戦といわれておりまして
昨日から就職活動解禁、などといわれておりますが
そんな中内定が出始めるのが四月あたりから、
みたいなこと言われますと なんといいますか……

……私の人生ってそんな短い時間でほとんど決まってしまうの?

みたいな不安をふと、感じてしまうわけですよね。

正直一人の人間がどこで働いているかなんて
割と 一つの大きなステータスでもありますし
その肩書で容易に人生が変わってくる

――まぁ 肩書だけでなくがっつり変化させる要因は
その収入だとか様々な要素の複合なのでしょうが……

……なんというかそそっかしい自分を思うと
このような意味でのプレッシャー、なかなかに居心地の悪いものに感じるわけで。

……正直 短絡的な結論を急ぎそうな気がするな~
といった感がバリバリ致しますが さていったいどうなのでしょうか。

あと、これまた世間一般的に言われているお話としては
企業的には割と景気がいいほうに映っているらしくて
労働市場は売り手市場、などといわれていたりするみたいで?

まぁ ドクター進んだ先で迎える就職活動が
どのような形になるのかいまいちわかったものではありませんが
これが同じような市場になっている、景気の動向になっているのかはわかりません。

まぁ そんな意味では今年に就活することができて
悪いことにはならなかったのかな?  そう思うことにしたいと思います。

正直ドクターに進んでその道で生きていく道を
すっぱりとあきらめることができたのかといえばよくわかりませんが
自分が今まで成し遂げたことやドクターに進んだ先輩方の声を聴くに
あながちドクターに進んでも思ったような世界ではない可能性が高そう、

そんなイメージを持つことも多くなってきました。

まぁ このような日を迎えてしまったのであればもういろいろとあきらめて。
……この就職戦線をひた進んでいくしか、ないのかもしれませんね。

TOP