帰り道 ②峠越え

2017⁄01⁄16(月) 00:22
なんか 前の記事の中で「時差は2週間しか」とナチュラルに書いておりましたが
ブログの二週間の時差って 一般的にはかなりのものだろうな~
と 写真挿入しながら自分の原稿を見返してみていろいろと思いました。

……なんというか このあたりはこのブログ特有の時間感ということで一つ。

――私は私の時間の中で生きております。 のっぴぃです。
――とりあえず 適当に喋っていきましょう。 ……いろいろとやらかした帰宅道中を
08_20170117002446bba.jpg11_20170117002445e81.jpg
で 岐阜からごとごととゆられてやってまいりましたのは飛騨高山。

さすがにこの時期に山登りすれば雪くらい拝めるかな~
とか思いましたが まぁ 車窓がうっすら白い筋見るようなことはありましたよ。
……でも まったく積もってなかったですね~

なんか 時期的にそんなものなのか否かに関して小一時間
気にしてみたくなったわけですが まぁ この最古の県はいいでしょう。

09_20170117002445040.jpg10_20170117002444a66.jpg
とりあえず 高山では列車待ちに一時間半ほど時間がありましたので
軽く待ちを散策することはできました。

――浜松の一件がなかったら買い食いとかもできたのかもしれませんが
まぁ このあたりは「やらかして」おりますのでご了承を。
……でも 飛騨の小京都、その町の様子をちらりと見ることができたのは収穫でしょう。

12_20170117002443443.jpg14_20170117002443d46.jpg
そして JR西の管轄内に入ります。――飛び地です。
このあたりの管轄も東海にすべて任せてしまったりしなかったのは
どのあたりの意味合いが含まれているのか多少気になるところ。

17_2017011700260897a.jpg18_20170117002607edc.jpg
富山でも少々時間が気になりましたのでせっかくなら
某位置ゲー的意味でちょっと遊んでみることにしました。
……ちょっと市内を一周をば。

16_2017011700260694b.jpg20_20170117002605bde.jpg
個人的には ライトレールとつながるとされてるこの線路
工事中としてもある程度は「つなげるよ」感が残る
空気を見ることができるのではないかと期待したところなのですが……

思ったよりまだ終点感が強くてがっかりした感じです。

21_201701170026042dc.jpg22_2017011700260487d.jpg
この日ラストの「やらかした」事案。
素で制反対方向の列車呪うとしていた。 ――これに関しては
発車直前に本当にぎりぎりで気が付いたからいいものの。

……全体的にこの日の私はどうかしていました。 泊のほうにはいく意味ないよ……

23_20170117002656a92.jpg24_20170117002655cae.jpg
というわけで 高架化されている下り線ホームで列車を待ちます。
27_2017011700265572f.jpg28_20170117002654346.jpg
たどり着いたのが高岡。 宿はこちらにとっておりました。
……とまぁ そんな感じでしゃべっていく感じで今日は終わりましょうか。

TOP