学びの年末年始

2017⁄01⁄13(金) 00:00
記事書くときの日付メモるときに思わず2016年と
書き込んでしまうあたり――というのは やっぱりというかなんというか
毎年年始の恒例行事となりつつある気がします。

のっぴぃです。 去年の年末のことも含めまして
ちょいと大学関連の忘年会以外の話題をそういえば
あまり書き込んでいなかったような気がするな~

と思い立ちましたので いつ書けばいいのかわかりませんが
「大学関連書初め」みたいなノリで
――といいつつ 普通の文章ばかりのブログ記事ですが――作文しようと思います。

まず去年の年末。 ――なんか 盛大に集中講義日程で
ごたごたしていたような記憶があります。

何せ 12月の中旬に「今月末に集中講義やりたいんだけど日程大丈夫?」
みたいな 相当無茶ぶりのメールが来るのですもの。
……すでに 帰省関東行きのホテルを予約していたのっぴぃさん
盛大にずっこける羽目になったわけですがねぇ。

いや、さすがに直前すぎやしませんかと。
―ーまぁ 結局教授のほうに日程ごり押しされたのですが
おそらく 最悪避けなければならないイベントは避けきれたと思う。

まぁ そのごり押した日程も見落としが向こうでいろいろあったようで
結局集中講義らしい講義していた時間が相当なかった気もしますが気にしない。


変わりまして年明け。 ぶっちゃけましょう。
盛大にのっぴぃさん、府抜けております。

この流れが今だに この先どう頑張っても研究者になれないという
あきらめを発端とした自暴自棄のようなものなのか否かに関して
いろいろと疑問符が続くところでありますがまぁ。

というのも まず年始しょっぱなの授業をすっぽかしていたのに
気が付いたのが翌日の朝というのがまず情けない話。

さらに その当日の朝一にも授業があったものですから
気が付いたその流れで大慌てで準備して
大学に登るなんて言う非常にあわただしいことやらかしておりまして。

まぁ 幸いにしてその朝一の授業には
遅刻せずにたどり着けたのですがね一応。

……盛大に頭の中 ゼミの日程表しか入れていなかった感ありまして
たぶん 授業すっぽかして業界研究のようなもの、やっていたんじゃなかろうか。

なんというか これをやった先に目標にたどり着けない、みたいな
展開になったとたんに急に冷える自分の特性
役に立つこともあることにはあるのですがかなりドライすぎやしないかねぇなどと。

TOP