C91 ③

2017⁄01⁄09(月) 00:00
前回までのあらすじ。 チャモロさん宅から始発に乗って一日目参戦。
――まぁ あらかた空気は感じてこれたんじゃないかな。

まぁ チャモロさん宅に転がり込めたのは 前に書かせてもらった
親子喧嘩がどうこうといった背景がちょうどこのころ勃発しておりまして
自分の頭を冷やす、という意味でもちょっとありがたいお話だったという
ここだけのお話もあったりするわけですがまぁ。

そして 前述のとおり大学でのお仕事を二日目にあたるタイミングでこなし
三日目、大みそかの参戦となります。

なんか さすがというかなんというか最終日はチャモロさんサイドで
集めることができる人数がかなり少なかったらしく
――なんか 仰せつかったお使いリストがかなり多くなりましてですね?

そして そのリストに載っている列がまったく進まない行列に化けたりしたわけでしてね?

……まぁ、何がどうとかは言いませんが 結果的に
別に自分が好みでもないたわわな列に一時間半くらい
自分のための本も持たない感じでぼーっと立ち尽くすという事案が発生しまして。

しかも その行列、建物から盛大に隔離されたエリアだったりして
とにかく暇、ということができますね。

おかげでのっぴぃさん、コミケ会場でものの見事に
賢者タイムに突入いたしましていったい私は何をやっているのだろうと
よくわからない自問自答を延々と繰り返しておりました。

で そのお使いの進捗もままならないまま
そして 自分が何をやっているのかもまったく理解できないまま
ほかの人に自分のリストを完全にバトンタッチするような形で
自由時間を得た私は――まぁ いろんな意味ですべてが中途半端で
いろいろと釈然としないながらも最終日の自由時間を……

……楽しもうと思った段階には 3割程度のブースですでに
完売したりとかいろいろで、といった感じになっておりましてね。

もともとどんな絵師さん、サークルがいるのかという情報を知りたいゆえに
立ち読みしに行くことを楽しみにしていたのっぴぃさん的に
なかなか大打撃な展開に陥るわけですよね。

だって 真っ先に売り切れるということはすなわちむしろ
もっとも先に抑えておくべき立ち見ポイントだった、というわけですよね。

それなのに 机の上完全に出払ってて
近所へあいさつに回っているのでしょうか。 もぬけの殻と。

……うん。 まぁ、そうね~  仕方ないよね~

とりあえず ゆっくり立ち見してたら買えるものも買えなくなりそうですし
あまり考えずに衝動買い的なのを大量にやらかしてその日は終わりました。



結構基本的に無計画に動くのっぴぃさん。 さらに自分の趣味もかなり
偏っていて むしろ見るべきサークル、エリアが相当限られているという条件下では
もしかしたら 一番最初に駆け込むサークルは考える必要があるのかもしれませんが
結構「一人で巡って買いたいものを買う」というスタイルがいいのではないか。

この最終日のもろもろを経験したのっぴぃさんはそんな感想を抱いたわけですが
……やっぱりこれが 趣味のもろもろで何かと一匹狼に陥りやすい
思考の穴だったりするのかなぁという疑問が浮かんでみたりするわけで……

TOP