記事内容はまだ年越せず

2017⁄01⁄04(水) 00:00
というわけで 三が日も終わりましたし年始記事終わらせて
――まぁ、その話で書こうと思えばまだいける気がするのですが――
比較的ノーマルな感じで記事書いていきましょうかねぇと。

……といいつつ、その話題までしっかり年越しするかといえばそうではなく
まず 年末年始記事で完全に隠れてしまったのっぴぃさんの生活の
時間軸の確認あたりからとってみましょうかねぇ。

ひとまずは 大学もろもろの「研究室としての」イベントは完全に終わらせて
そのノリで関東に逃げ帰ってきたと。

……まぁ 研究室としてのイベントは片づけたかもしれないけれども
個人としてのイベントを作るかどうかに関しては
多大な問題があったのかもしれないという話はありますがね。

例えば 先生との打ち合わせとか年内にもう少し
重ねておくべきだったのではないかみたいな。

帰省時期の決定を少し急ぎすぎたか、こう「夢破れたり」のテンションで
決定を早くしすぎたのではないか疑惑がいろいろと渦巻いておりますが
今となっては なかなか関東での毎日が駆け足だったこともあり
あながち悪い決断ではなかったのではないか説が持ち上がっております。

実際 今までの帰省では基本やっていた(気がする)
地元の悪友とつるむ、みたいなことが今回できませんでしたし。

これに関しては 地元に連絡飛ばすのが相当遅かったこととか
ほかにもちょっと濃密な思い出をこの冬休みに作っていたこととか
この先数日間で語られるだろうお話の中でもいろいろとあると思うのですが。

連絡飛ばすの遅かったおかげでスケジュール詰められなかったり
その合間に自分の仕事とかいろいろとやっていたりとあったわけですが。

ただ 端的に言って結構やらかしたなと思っている事案ではあります。
まぁ 今ここでそのようなこと書いてもあまり効果的なこととは言えないのですがね。



まぁ そんな感じで今まで必ずやっていたのにできなかったこともありましたが
帰ってくるたびに変わらないこともやっぱりあるにはあります。

まだ、18歳になる我が家のわんこは元気です。

ただ もうこの年ですし次帰る時にどれだけ元気なのだろうか
――みたいな点に関して ちょっとわからないこともありますしね。

ただ 今思い返してみるとあまりわんこの散歩のほうは
参加することはできなかったなぁと反省することはあります。

……なんか この帰省のさなかに彼女の実家(犬の家族の飼い主さん)のところが
複雑な家庭事情を知らぬ間に抱えていたなることを聞き
下手したら兄弟が保健所行きになっていた可能性みたいなことを聞いて
ちょっと愕然した、みたいな出来事はあったりしたわけですが。

TOP