二〇一七年、何で支える?

2017⁄01⁄02(月) 00:00
まぁ 就活関連の話に関しては 今ここで
つらつらと作戦会議するべきことではないだろうと思いますので
ひとまず ちょくちょくと今年全体を考えながら
何をやっていくべき、考えていくべきなのかを整理してみようかな~  などと。

まぁ 就活も今年の大切なイベントではあります。

ただし それを仮に成功したとして それ以前に大切なこと。
それが 研究生活を無事な形で進めていくことでしょう。

仮に内定とれたとしても 卒業できなかったら
何の意味もないというのは――様々なところで聞く話だったりします。
SNSって結構いろんな人の人生がふいに流れてきますからね。

故に、今後も控えております研究発表の機会で
それなりの内容をしっかり作り出していくこと。
納期――というか 期限にしっかりやるべきことを間に合わせること。

割と このあたりがおろそかになりがちな自分にとって
これから社会へ出ていこうとしているのなら特に
このあたりのことは一通りできるようにならねば……

といった意識は――一応、今は考えられております。

大学が社会に出る前の最後のモラトリアムと呼ばれているのであれば
それの総仕上げである今年は最後の仕上げとして
できていない部分をある程度たたいていく作業が大切になってくるのでしょうね。



そして 昨年末は趣味がなくなってくることなんかをちょっと
自分で不安視していた部分もあったりしたのですが……

過去 ストレスで爆発しかけた経験を持っております自分的には
この傾向は放置しておくのは少々まずい部分もあるのではないかと考えます。

まぁ 幸いにして長期休暇にはやたら長い旅行でガス抜きしている節がありますが
結構これはスパンが長いそれと考えることができるでしょう。

特に 佳境に入ってくる5月から6月あたりに関して
何か 行きを抜くものを考えていく必要があるのではないか。

……まぁ 自分だからこそ思う、というべきなのか
それとも単に自分に甘いだけなのか。 このあたりに関しては
自分で判断を付けることができませんが 去年を振り返ってみまして
不意に 気になってしまった点がこのあたり、ということができるでしょう。

就活している間に自分を壊してしまったら元も子もないですからね。

――というわけで 人生設計のメインである昨日書いた話題を取り巻く
サポート的な意味での今年の展望、目標はこのあたりで考えていくことにしましょうか。

TOP