もうすぐそんなシーズン

2016⁄11⁄10(木) 23:40
雪山へ行きたい。

唐突な話ですが――そして ちょっと危ない感じでありますが
別に自殺願望とかそんなわけではありません。

大学入ってから五年間、まだ一度もゲレンデに
足を運んだことがない、という意味合い的な意味。
……ウィンタースポーツ行きたい。 そんな感じです。

というか 率直にQMAやっていた時期はそちらに
金つぎ込んでしまっていた部分がありますから自業自得として。

まぁ 今になったらまだ比較的気持ち的に楽に
ゲレンデ行きたい、なんて言っていられるわけですが
まぁ それがなかったとしても一人でゲレンデって行きにくいじゃないですか。

棲んでいる場所が雪国で一時間程度で行って帰ってこれる
気軽な場所に住んでいるのであれば話は別ですよ?

ただ そこに行くのに泊りがけの旅行となりますと
なんか 一人で行って帰るというのは少々
さみしいものに映ってしまう――というのが個人的解釈です。

そして いろんな意味で自分の周りには
――行動力が合うというか趣味が合うというか……

そんな人間に恵まれていないようでして……

とまぁ そんな惨状で五年間行けていなかったのですが
それでもゲレンデ行きたいという気持ちは変わらない。

――だったらいろいろと職権乱用してでも
……みたいなゲスイことを考えてみました。

今の自分の立場って修論発表も卒論発表も控えていない
――まぁ 研究室の人材的には割とフリーというか
一種 盛り上げ役みたいなのを担わされている感があるんですよね?

まぁ その一例としては飲み会みたいなのや
宴会みたいなのの企画を任されますが
……だったら勝手に研究室旅行企画してもいいのではないかと。

幸か不幸か今まで この類のイベントがあまり盛んではない
――ような気がしますし やっていいのであれば
そのようなイベントを企画してやってもいいんじゃないかな~

みたいな適当なことを言い出した次第であります。

……なんというか 冬山の男、みたいなのが研究室に降りますので
その雄姿を見たいみたいなことをしゃべっておけば
その景気づけみたいなのもうまくいくんじゃないかな~  なんて。

……まぁ 余裕ができたらそのあたりの旅行計画立ててみたりして
面白く安全にそこそこのお値段で決行できそうな感じでしたら
やってみても悪くないのかもしれないな~  などと。

TOP