文化的?

2016⁄11⁄04(金) 23:55
どうも のっぴぃです。

最近に限らず とにかく部屋から出る機会が薄くて
まぁ 特に大学の研究室の雑踏に飛び込んでいくメリットも
なかなか感じずに過ごしている今日この頃でありましたが。

昨日が文化の日で世間一般が国民の休日だということを
当日日が高く上るまで全く自覚せずに 思いっきり平日っぽい
ボクなりな一日を過ごしていたあたり 何かがいろいろと
終わっていたような気がする、そんな私。

とりあえず このような書き出しをしたからには文化的なことを
――と思いますと やっぱり 研究関連の悩みを
つらつらと述べていくのも悪くない形になるのでしょうか。

というわけで 自分に足りていないような気がするシリーズ
――まぁ 英語とかそのあたりのもう出尽くしたネタを除くとしても。

例えば 圧倒的に自分グラフその他を吟味できていないなぁというのを
ゼミとかでグラフとか図に遭遇するたびに思ったりします。

……この図の形は~  それぞれのデータが示しているのは~
という 表面的なところをなぞっただけで理解した「気分」になって
本来その図から読み取らねばならぬものをまったく読み取っていない。

……そんな風に思えるような読み取り方をしていることが多い。

いや 自分自身で作った図に関しても おそらく進捗結果として
先生に見せたときにはじめて 何かしらの意味を持ち始める。

そのような言い方をしてもあながち間違っていないような気になってくるというのが
何かと悲しい部分であったりするわけで。

あとは 人前に立つとやたらテンパるという私の変な癖。
――まぁ 一種自覚できている部分があるならそれはそれでいいのかもしれませんが。

例えば 自分が言っている内容が支離滅裂――なのか
それとも ほとんど無自覚で変な語尾に自分で丸めてしまうのか
まぁ いまいち判断が付かないのですがそんなことがたまに起こります。

なんというべきか 自分の舌が何を言っているのか
いまいち自分でコントロールできていない、とでもいうのでしょうか。

何を言っているのかよくわからないかと思いますが自分でも
いまいち理解できていないのでおそらくそれで正しいのでしょう←謎

……質疑応答で「アレ?私そんなこと言いましたっけ」
みたいな経験を幾度となくやっているから自分でも
何か変だな~  とは思っているわけですがね……これでも一応さ。

TOP