画像持ってこれました。

2016⁄11⁄20(日) 21:05
20_20161120210144ca5.png21_2016112021014311b.png
22_2016112021014297a.png23_20161120210141616.png
24_20161120210140faf.png25_201611202101399b5.png
26_20161120210328ba6.png27_201611202103273ec.png
28_201611202103260fb.png29_2016112021032549c.png
30_2016112021032471f.png31_20161120210323e2d.png
32_20161120210432b3f.png33_20161120210431c6c.png
結局前回やろうと思っていたけど
画像の用意が間に合わなかったので用意できなかった
艦隊のレベル状況でございます。

80レベルまではとりあえず育てるべき艦を
育てていこうとか考えているわが艦隊の
その 目標レベルに達した艦がいろいろと。

……なお、鬼怒さんはぎりぎり間に合っていませんが
――まぁ、攻略記事一本目で改造できていることでしょう。 たぶん。

そして まだ始めておりませんがこっそり聞こえてきた
「プリンちゃん(艦限定)での特攻」効くボスだとか。

現状「レベル155まで中・大破させずに育てていく」予定を立てている
わが艦隊の女神・プリンちゃんを戦場に立たせるだと……?

――笑止、笑わせてくれるじゃないか。 みたいな状況になっておりますが
さて、この覚悟はどのような感じになるのかこうご期待です。

34_201611202104305ed.png35_20161120210429e98.png
さて 思ったより艦これ画像が未供出の奴がありませんでした。

――とりあえず 前回のサンマ漁の話ですが、なんだかんだで
少し頑張って取れ高を7の倍数で止めることに成功したので
腐らせる秋刀魚をゼロに抑えることに成功しました。

おかげで秋刀魚缶はいい感じにそろいましたが ぶっちゃけ去年から
使った覚えがないということで――どちらかといえば一緒にもらえる
バケツメインだったような気がしないでもないというね。

36_20161120210428d95.png37_20161120210427b8d.png
そういえば このボジョレーヌーボの季節になりまして
ポーラさんが三越で酒買いに行ったとかいう話が聞こえてきましたね。

――あとは 資材。 ほとんど満タンの状況になっております。
――まぁ このあたりは 演習とか遠征とか行ってる間に減りますが
その後 彼女らに補給しない感じだと本当に満タン状況。

あとは バケツは――まぁ 満タンにはいかなかったけど
最低限は集まったのではないかと思っています。

TOP

原因は案外身近なところにあった

2016⁄11⁄19(土) 23:58
はい 今度こそ艦これ記事を――と思って
今朝がたもう一度艦これ起動しようと思ったら
まったく動いてくれない。――うちのところの猫は長い。

……みたいな感じで 記事ネタがつぶされて
少々面食らったような感じになっているのっぴぃさんです。

結局 メンテナンス~のあれこれも含めまして
まる一日艦これ起動できなかったではないか。 どうしてくれる。

なお 結果的に夕方外出から戻ってきてから
再度起動しようとしても動かなかったあたり
どちらかといえば こちら側の問題だったのではないかと思い初めまして。

艦これ用のブラウザを再インストールしてみたら
あっさり動くようになったあたりからも明らかかと思います。

最近急にWiFiが切れるようになってみたりと
なんだかんだでネット環境のほうがどこか
調子が悪い節がありまして結構困っております。

で 準備が整うまでにそれなりに時間が経ちましたので
仕方ない――ここまで艦これの話題で詰めてしまったし
それっぽい話題で別に画像なしで語れそうな部分をしゃべりますか。

個人的に気になるのですがなぜ イベントの度に
猫が大量発生する、なんて感じになっているのでしょうか。

自分 あまりデータ管理とかサーバーがどうとか
専門的なことがあまりわかっていない――まぁ 研究コードとか
計算機の話とかだったら論文で読んだりしたことあるんですが
この意味でつかわれる部分ってのはこれとは関係ないでしょう?

で 何が言いたいかって もともと艦これって
自分のサーバーの中身でつぶれないようにもともと
入れる人数とかって制限していたりしていますよね?

まぁ いろいろと期間限定イベントとかでいじる部分が
あるのだろうとは思いますが なぜこうも
イベントの時だけサーバーがもろくなるのか。

……裁けるように考えられた人数だけしかもともと入れていないのであれば
そのようなことにならないんじゃないかな~

それ見越して人数制限とか入れているんじゃないかな~
みたいなの 素人意見的に思うんですよね。

そして イベントが開始された時だけ動くアカウントって
実際それほどあるものなのかとか だとしたら
恒常的に猫が表れても仕方ないのだろうけれども
実際――そこまででもないような気がする、みたいなあたりで?

個人的にいろいろと気になる部分があったりするわけなんですよ。

まぁ それに関して問いつつけても答えは得られないでしょうし
ある程度想像するだけなのでしょうが――私、気になります。

TOP

本命は忘れておりますが。

2016⁄11⁄18(金) 23:11
はいどうも。 いつも通り艦これのイベント前記事を用意
――するのをすっかり忘れていたのっぴぃです。

……まぁ、なんというか今日からそれが始まるのを失念していた。

そして どちらかというとそれに気が付かなかったけれども
先日の「旅に行くのをあきらめざるを得ない」引き金になった
大学出向のおかげで幸か不幸かしっかり
遠征には出していたので大きな問題にはならなかった。

……その先のいろいろとかぶりそうなお話に関しては
当該記事で書き直すとしてさて今日の話ネタを考え直しましょう。

ポケモン新作出たようですね。

私自身はポケモンGOに関してはすでにやっているアプリゲームで
十分バッテリーが上がりそうなのでパスしておりましたが
一応 ポケモン世代である、ということで。

……少なからず興味は持っていたのですが現状はまだ買っていません。

だって そうでなくてもこの一週間ほとんど
燃え尽きているような症状のおかげで何もやっていないのに
等しい感じになっているんですよ??

――そんな中で買いに行っている余裕あるわけないじゃないですか。
思いっきり自分のやるべき本分ができていないのですし。

まぁ それに そこまでガチになり切れなかった中途半端な人なので
「楽しみ方」の指針がいまいちよく対応しきれていない、
みたいな部分があるのかもしれないなぁなんて。

一応 DPのころには性格までは厳選していた覚えがあるのですが
それ以上の厳選は――もう 果てしなくて楽しみ切れなかったので
やめてしまった、というのが正直なところです。

まぁ 近所では性格厳選したまでで
タイプ縛りで勝負しても割と勝てていたので
一種 環境がなかなかに井戸の中状態だったのかもしれません。

そして たぶんボクのポケモンの最盛期はこのころだったのではないでしょうか。

その後は 白黒は2のほうは買いました。
――が、その先は買っていません(といってもXYくらいか。)

まぁ 前にも書きましたが興味がなかったというわけではないんですよね。
……ただ、やっても楽しめるのかが怖いところ。
さらに言えば 絶対周りで買っている人がいないからというのもあるでしょう。

思い返せば大学に入ってからの趣味は大方一人で楽しんで買っている
――みたいな独りよがりのことが非常に多くてですね。

たまにため息つきたくなることもあります。 なんて。

TOP

これも一種の思い切り、なのかな?

2016⁄11⁄17(木) 23:06
というわけで、供養続けます。

前回のあらすじ。 三重遠征敢行しようとしたけど
なんだかんだで直前で予定が狂ってできなくなった。

近鉄フリーパス使っていろいろ巡ってみる予定で
鉄道の日切符使った鳥取行きも流れたからいろいろと凹んでいたけど
今回こそはちょっと目の前のやるべき課題がひと段落しているし
ちょっといいタイミングかなぁと思った矢先だったので。

で とりあえず考えていたところで言ったのは
初日大垣だか岐阜だかで一晩明かしてみようというところ当たり。

とりあえず その先に関して二日目ですが
名鉄メインでこちらも一日フリーパス的なの買って
ただただ乗り回そうと思っていた感じでした。

こちらに関しては深い計画は立てておりませんが
セントレアなどいったことがない沿線施設もあるでしょうし
気の向くままこのあたりに行ってみたいなぁとか。

……で 名古屋のカプセルホテルとかにその日のうちに
なだれ込めればまぁ、何とかなるでしょう
そんな風に考えていた――まぁ 一種一番ボクらしい
適当なプランニングですが 個人的にはこれが一番安心できるとか。

で 近鉄のフリーパスだと最終日の三日目は
近鉄をたどりながらとりあえず戻ります。

初日でフォローしきれていない盲腸線はこの帰り道で
寄り道しながら回収していく算段でした。

――といっても それだけで大阪に帰るのであれば
そこそこ時間なんかを持て余すあたりは
想像つきますのでそのほかにもいろいろと
寄り道しながら――といった感じになるのでしょうね。

……自分のことだから あまりその寄り道できる権利を
上手く行使できないことが容易に想像つくのですが。

とまぁ 大まかには考えていることはこのあたりでしょうか。

幸か不幸か 切符の取得や宿の手配に入る
本当にぎりぎりのタイミングで気が付いたので
とりあえず 気分がそがれた以外の影響はありません。

……ただ まぁ 院に入ってしまったからには
やっぱり思ったように動けない、ということを
改めて再確認するのには十分な体験だったのかなぁと。

冬休みは――久しぶりに実家に帰ってゆっくりしたいとか
考えておりましたし 春休みは誕生日パスで
四国巡りのほうを考えている手前

――これらの計画が実施されうる時期というのがまったく思いつかず
こりゃ かなりの確率でお蔵入りされそうだな~

とか思っているけど 案外やっちゃうこと、あるのかなぁ?

TOP

供養

2016⁄11⁄16(水) 23:13
どうも のっぴぃです。

なんというかここ最近妙に気分の入れ替えがうまくいっていないようで
――なんというか これから責任を持つ大人になりたくないという
ピーターパンシンドロームのほうが大変なことになっております。

――世界に順応できていない人間ですどうも。

鉄道の日にも何もできなかったし とりあえず
このシーズンの大規模な発表の機会も一通り終わったし
休日その他の影響でちょっとゼミの期間開くし
このタイミングにパッと遠征でも行きましょう

――なんて計画立てていたのですが 絶賛
予定日に中途半端な日程を入れられたのであきらめざるを得ず。

――さらに 予備日にまでやらかしてくれたわけで
なかなかにいい仕事してくれますよ(グフッ)

というわけで 先日の地震の影響(そうでなくても発表準備やらで
できなかった算段大きいですが)で行けなかった
木次線や鳥取の乗りつぶし、という目的を
達成できなさそうだな~  ということを思った直後ですが

とりあえず 予定を書くだけ書いておいて供養しておきましょう。

――子のノリだと 三月に行きたいと考えていた
バースデー切符を使った四国乗りつぶしも
なんだかんだで妨害受けるような気がバリバリ致します。

自分の中で「旅」と「遠征」は明確に定義分かれているつもりで
「旅」は車窓目当て、「遠征」はそうでもない認識ですが
今回は某アプリゲームの「三重県」乗りつぶしのための
「遠征」のつもりで予定を立てました。

……ので ひたすらぽちぽちするために列車に乗る。
そんな感覚でいろいろと考えていたわけですよね。

まずは榊原温泉口あたりから名松線を埋めます。
……このあたりは松阪出るよりも比較的
線路が近づいていることのあたりから徒歩連絡するほうがよさそう。

そして 賢島行きます。 伊勢神宮にはいったことありますが
それより先は行ったことないんですよね。 サミットもありました。

その後は湯の山温泉行って――なんてしていると
そろそろ日が暮れてくるので養老鉄道で大垣(揖斐も軽く寄って)
そして岐阜に泊まる。 みたいな一日目を考える。

三重を乗りつぶそうとするとそんな感じで
盲腸線がいろいろとあるわけで ある意味「それを目的にした」
遠征をくまないといけないな~  と思っていたわけで

なんというか 旅よりも気は乗らないかもしれないけどまぁ、ね?

TOP

2016⁄11⁄15(火) 23:12
()画像用意していたのになかなか記事作っている余裕がないのは
やっぱり 研究室入ってしまった手前仕方がないのでしょう。

ということで 宣言通り飯テロ画像だけささっと張っていこうと思います。

まず 姫路行った時の話ですが食フェスタやっていたらしい。

ということで ホルモンうどんのほうを食べてまいりました。
――前から聞いてはいたけれども少々気になっていたんですよね。
……という一品。 自分の財布からだったらなかなか食べられないでしょう。

なんか やたら高いんですよね。 普通の焼うどんと比べてもさ。

()まぁ こちらは三宮ですがちょいとおしゃれにビフテキ。
――神戸の人間はソースにこだわる、なんて話があったりしますが
個人的にここのソースはちょっとな~という印象ではありましたが。

()ところで この間にたるみのほうのアウトレットのほう行ってまいりまして
その時に見つけたプレートを衝動買いしてしまったのっぴぃさん。

……まぁ プレート買ったこと自体に関してはあまり後悔はないのですが
冷静に考えてみて電子レンジ使えなさそうというところはちょっと閉口。

――ごはんほかほかのもの使えるならこんな感じにカレーが
おしゃれになるのですが どうも そうでないならばいろいろと問題がありそうな気が。


()姫路関係ないですが飯テロついで。
……先日までテキサスバーガー復活していましたよね。

個人的にもかなりお気に入りだった子のバーガー。
とりあえず 期間中に三度、食べてまいりました。
……このガツンとしたバーベキュー感、個人的には最高ですね。

()あとは 研究中の景気づけに行ってきたうどんとかですかね。
――このあたりは完全に趣味の範疇となっておりますね。

TOP

水先案内人

2016⁄11⁄14(月) 22:53
どうも のっぴぃです。 少々集中というか
やる気というかあたりが切れているような気が
しないでもないのですがそのあたり大丈夫なのでしょうか。

――かなり他人事にしゃべっておりますが
なんか 絶賛机の前に向かう気力が保てないという
……一種の燃え尽き症候群的なものなのでしょうか。

()まぁ それが関係あるのかないのか。
そのあたりは今回触れないようにいたしますがとりあえず記事ネタ。

なんか唐突に関西に来ていた(らしい)親から
「ちょっと姫路まで来い」と唐突なお呼び出しを受けましてね。

急いでやってきたりしたわけでございます。
……なお やったことは主に姫路城の道先案内。

過去このブログでも――なんか両方ともここらの季節だった気がしますが――
二回ほど姫路にやってきた記事を少なくともしっかりと
書いたことがあるんじゃないかなぁと思いますが。

……片方は自転車で、もう片方は普通に電車できましたか。

そのあたりで教えてもらった地元民情報も含めまして
道先案内の糧とさせていただいておりました。

まぁ そんな意味ではあまり記事ネタにするような話もないかしら。

――まぁ そこには妹もやってきていたのですが
兄弟でそろって寄ってたかって母親をいじるという
……まぁ そこそこ仲がいい親子やってたんじゃないでしょうかね。

なんというか そんな感じで親をいじろうとするときなんかは特に
兄弟間で視線コンタクトがさえわたるようで
アイコンタクトののち二人そろってしたり顔、悪い顔になるみたいな

……そんな光景があったりなかったりしました。

ただ その流れで妹の天然さにすべてを持っていかれたりみたいな
なかなかお茶目なこともあったりしたのですが
どうも ブログで形容しにくい例しか思いつかなかったので。

――どうせ、見ている人ももういないし気にしていない模様。

とりあえず 飯関連に関しては――最近あまり飯記事も
作っていない気もしましたし それ含めてしゃべっていきましょうか。

――ただし、明日以降に。

まぁ 燃え尽きているというか 研究発表やらされた直後に
一種の息抜きになるイベントだったんだろうね~

ただ惜しむらくは デスクワークのやりすぎで落ちた体力が
自分の予想以上だったというのを痛感せざるを得なかったことでしょうか。

TOP

反省会

2016⁄11⁄13(日) 22:13
とりあえず 昨日分の記事内容のほうでは
ローカルルール、と書くと少々語弊があるような気がしますが
ちょっとうちの業界でおかしな点があったような気がする話を書きましたが。

そして あまり表だって書いておりませんでしたが
ちょっと最近この手の発表会のほうに参加しておりましてね。
――しっかり発表もこなしているような側で。

とりあえず そのあたりの感想文を簡単に書かせてもらおうと思ったわけです。

その一。 場所がなぜか和室。 イグサのにおいが素晴らしい。

なんか 和室にプロジェクター持ち込んで発表するという光景。
……やろうと思えば簡単にできるのは知っていますが
いざやってみるとかなり違和感がすごいことになっておりました。

そして 旅館の宴会場とかでもわりかし学会的人数を
裁くのにはちょっと無理をさせないといけないのと たとえ入ったとしても
どうあがいても宴会場っぽい眺めを克服することができず

――なんというか 気持ちの上で何をしに来たのか
いろいろと疑問を覚えてしまうという「気にしたら負けだ」的な
精神攻撃を受けることになるということがよくわかりました。

なるほど、これが和室と大量の座卓がもたらす威圧感、
そして 場を掌握する力か……みたいな中二病じみた感想を
抱いてみてもいいんじゃないかな!  みたいな感じで。

あとは かなり積極的に質問しに行く人って限られているなぁということ。

――そして そんな人が必ずしも聞く態度が
模範的とは言えないという点はなかなか興味深かったです。

なんというか 全力でいびきかいて寝ていたりね。

寝てたらダメ、とは言いませんが いびき書かないでほしいし
寝ていてのであれば自分の気の向くまで質問攻めにして
タイムスケジュールをうーたらするのはさすがに
いろいろと面倒な感じがするんですよね~

みたいな愚痴みたいなのが漏れてみたりした次第。


とりあえず 大きな発表の流れ――大まかに秋の部、みたいな
感覚でいるのですが――に関しては ある程度
いい線まで行けたんじゃないかと思っております。

これから次の発表まではそこそこ時間があるとは思いますが
それまではある程度知識とかを深めてみるとか
時間をかけてやりたいことをじっくりやってみたい

――みたいなことを考えております。

就活するか、ドクターへ進むかの大きな選択を練るのも含めまして。

TOP

ローカルルール

2016⁄11⁄12(土) 21:57
こう 研究発表会とか学会とかについて往々にしてよくあるのは
自分が所属していて参加したものについてを
スタンダードなものであると認識すること

……とかだったりしません?

こう 地域のスーパーが全国展開されている有名なものだと思っていたのに
上京してみたらそれが地域のローカル展開しか
なされていないものだったということを知る、みたいな感じで。

先日私もまた このような研究会じみたものに行ってきて
――おそらく確か、この手の発表会のものは今回行ってきたもので
最後だったような気がするのですが――一通り
自分の世間での一般というものを見てみたつもり

……さらにいうなれば 客観的に自分で見てみたり
もしくは 幸か不幸か自分の親も学会に行ったことがある
――その手のイベントに今もお世話になっているのかまではわかりませんが――
立花人間なもので そちらに聞いて違和感覚えられた件に関して

その他エトセトラで書いてみたいと思います。

まず ポスターセッションにアルコールが入る。

研究発表にはスライドを作って口を使って自分の研究内容や
新しく分かったことに関して発表する口頭発表と
わかったことを紙にまとめて印刷、貼り付ける。

状況によってはそのポスターの近くに立って説明する
みたいなポスターセッションなるものがあったりしますが。

なぜかわかりませんがそのポスター会場にそのセッションの時間
ビールサーバーやそのたぐいのものが設置されて
皆さんアルコール片手にこの手の会合が開かれたりします。

……なんか 冷静に考えなくてもなんだこれは、といった感情。

正直謎以外の何物でもない慣習ですが まぁ それに対して
大人の方々が違和感を感じていないというのも
――一種の慣れ、みたいなものなのでしょうかねぇとか。

この業界で一番大きい? 学会では このビールサービスのために
学生バイトを専属で雇うほどしっかりしている慣習みたいですが
内心 それ必要あるのかはなはだ疑問だったり
それいらないから学会費用やすくしてくれと思ってみたり

――まぁ いろいろともうことはありますがそれはそれで。

あとは 服装が超ナチュラルというか自然体。
スーツで行くと逆に浮くとかいうよくわからない展開になります。

そのため、という因果を付けてしまっていいのか少々気になりますが
ボクのスーツの着用率が少々少ない気がするという。

ジーパンにシャツ、スニーカーみたいな超ラフな格好が
作法にあっているような気がするといういろいろとよくわからない業界です。

TOP

1111

2016⁄11⁄11(金) 23:17
数年前のボクだったらこの日はあずにゃんの誕生日と
ことさらテンションを上げて記事を上げていて
まぁ ブログ仲間の記事を眺めてみると

――皆が皆、とはさすがに言いませんが そこそこの割合で
祝いこそしないまでも話題に挙げてくれる、
みたいなところまではあったような気がします。

でも 今になってみると当時俺の嫁などと言っていた
方々も新たな嫁を見つけ、話題に上ることすらなくなりました。

ツイッターのタイムラインでもその関連の話題をまったく見ず
――まぁ それに関してはボク自身が忙しくて
タイムラインのチェックが皆無だったという要因のほうが大きいのですが。

そんな風に無視できない時が流れましたが私の部屋の
かなり目立つ棚の上にはまだ あずにゃんのフィギュアが飾られています。

漫画などの媒体もなくなり アニメ制作会社のほうも
順調に新たな作品をヒット進めていき
時の流れの中に埋もれていった彼女ですが。

まぁ 時間軸をそろえてあげるならばもう彼女らも
社会人になっている話が出来上がっていてもおかしくないですが。

まぁ あの時はきれいな終わり方だったのだろうとか
思ってみたりしたものですが こうして人々の記憶から
消えていく様を見ていると少々悲しくなるものもございます。

ほら アニメが人気だったとしても原作がまだ
新たなものを創出し続けてくれていたならば
下火ながらも継続的なファンが残り続けて……

みたいなこともありましたが これに関してはそれも
――いないとは言いませんが あまり表だっていられなくなっている。

そんな部分もあるのではないかと思います。

まぁ そんな風に考えている私も言い方を変えてみれば
古いものに縛られて新しいものに目を向けない
考え方が古い人、という側面もあるのかもしれませんが。

バブル世代がお立ち台のある非日常を好むように
この世界に足をかける原因となった個人的にはこの作品。
――やっぱり只者ならない何かがあるのではないかと思います。

とまぁ ここまで その作品の思いと今の個人的な
観察した感想なんかを作品名を上げずに語っておりますが
わざわざこう書かなくても大方 何についているのか分かったでしょう。

――まぁ 隠すのであれば最初のキャラ名から隠せってものですよ。

TOP