放浪癖の使いどころ

2016⁄10⁄02(日) 22:52
10月にもなったというのにまだ そこそこいい感じで
気温が温いかんじになっておりますね。 のっぴぃです。

先日まで――すでにあらすじくらいはしゃべったつもりでいますが――
ちょっと 講習会のほうに行ってまいりまして
目のうろこをぼろりしてきたところだったりしておりますが
まぁ そんなことをしているということはすなわち ほぼ一日
自分のお部屋から離れたような場所にいたということ。

……一応 基本的に自炊しながらの生活を頑張ってみようと
意気込んでみたりしているのっぴぃさんですが

――在庫の食材がこのようなタイミングになってまいりますと
まだ 大打撃を受けることがありうるということを
気を抜いてて失念していたりしていたわけで。

ちょっと 先ほど盛大にぬめぬめした感じの表面になった
フライドポテトを発見してちょっとへこんでいたりするわけです。

まぁ その傾向の話を突き詰めていくのもあれですので
その時の食事の話題を軽く書かせてもらおうかと。

池田屋1池田屋2
池田屋3池田屋4
場所は京都で飲み会、ということを考えまして。
……ちょっと思いついて行ってみた場所。 池田屋。

新選組の有名になるきっかけになったあの店です。
ただし 今ははなの舞です。 まぁ ちょっとしたトリビアですよね。

なんか 京都では「関西人(血筋的には)」ということで
ほかの地域からやってきた人に対して
うんちく臭く胡散臭い案内役を務めてみたりしてたのですが。

……まぁ 軽くご紹介するお店としてはこのあたりが
妥当で面白いところかなと思って。 まぁ そんな感じ。

定食屋
まぁ 夕飯はそんな感じで飲みになったりしますけど
昼は普通に定食屋へご案内、みたいな
一種 良心的な部分をアピールしてみるスタイル。

京都
で すべての日程が終わった後は軽く
行けそうな某観光地を駆け足で回るコースをアドリブで考案、案内。

こうやって考えてみると ここ一、二年で始まった放浪癖も
いい意味で使えることがぼちぼち出てきたと言えるのでしょうかね。

TOP