さぼりと休息

2016⁄09⁄10(土) 21:50
・万年床の闇
一応ベッド生活をしているのっぴぃさんですが
ロフトベッドなため夏場は割と暑さが堪えてきます。

というわけで この時期は床にクッション引いて
布団を敷いて寝るという生活をしているのですが。

部屋で作業するときは別として 例えば大学に
比較的すぐに向かおうと思っているときは
この布団を片さないまま日常生活に移行することもよくあるんですよね。

まぁ 俗にいう万年床、というやつですよ。
で そのまま日常生活でやらねばいけないことをやる。
食事とかは 布団のわきにある座卓で、みたいな感じで。

で 先日もその体制のまま食事の用意して運んでいたのですが
ちょっと 不精しまして食べようと思ってたカレーうどんを
布団にぶちまけるということをしましてね。

しかも そのぶちまけた近くにスマホが転がっていたり
飛沫が危うい位置にパソコンもおまけに降ってきたりと
もう 散々なことが起こったりしたわけですよ。

――そりゃあ 水分御法度なものがなんかよくわからないけど
いろいろ便乗して落っこちてきたわけですからかなり焦りましたよ。

まぁ 幸いにしてそれらの電化製品および
コンセントその他には大きな被害は見られず
大急ぎでシーツその他洗って布団を干す、ということで対応できたのですが。

まぁ 太陽が出ている時間帯にやらかしたこと、
二次被害が最低限で収まったことなど運がよかった部分も大きいですが
万年床は危ないなぁといろいろと思った次第であります。

――まぁ 大きな問題は「食事をテーブル端っこに置いた」ことかもしれませんが。



・帰りたい
まぁ ぎりぎりのご報告になるのかもしれませんが
次の水曜日あたりから一週間程度を狙って
できれば帰省したいな~  という願望を持っております。

単純に 家に顔を出したい、といえばそれまでですが
相当おばあちゃんになった我が家のわんこが
元気に出迎えてくれるのがあと何度あるか……

ということを考えると できる限りちょこまかとでも
帰省したいなぁという願望があったりするわけですよね。

ただ 私もこのくらいの年になってきますと友人が
普通に社会人になってるということもあり
――どれだけ悪友とつるめるかなどはわからない部分もありますが。

……まぁ できる限りゆっくり楽しめればいいなぁと思っております。

TOP