商業誌()

2016⁄08⁄21(日) 00:00
――なんか昨日はガラでもない話をしてしまった気分。

……とりあえず のっぴぃさんの性癖云々に関しては
リアルであった方に酒の肴で提供することがあるのかもしれませんが
まぁ 自分からここでホイホイと世界中に拡散するのはやめておきましょうか。

――そして、昨日の内容くらいだったらぎりぎりセーフですよね、FC2さん?

まぁ、そのあたりちまちま書いていても仕方ないですし
せっかくなので 今季アニメとかラノベとか商業誌的な話題でも。

まず前クールで何もアニメ鑑賞しないという
……なんか 自分のアイデンティティの崩壊を見た気がするのっぴぃさん。

まぁ 実際時間がないのと見たいものが思いつかないのとの
ダブルパンチなわけですから 自分のストライクゾーンの狭さを
これでもかと思い知るような感じになるわけですね。

さて 今季も最初は何も見るものがなかったのですが
jubeat……書く機会がないのですが 時たまゲーセンのある場所に行くと
某クイズゲームはやらないけれどこちらはちょくちょくやる機会があるのですが
のほうで 連動イベントやっていたNEW GAMEのほう。

少しばかり気になりまして そのまま視聴中です。
やったね、今期はチェックしている作品があるよ。

まぁ やっぱりというかなんというか ここ最近のラノベ初作品の
二番、三番煎じ感が半端なく手ですね。

そろそろもう チェックしなくてもいいんじゃないかって
気分になってくる作品が多くなってきたというのもありまして。
――暇じゃないんですよ。 (←と、言い張っているだけ。)

まぁ、きらら作品なら安心してみていけるよねきっと(がっこうぐらしは知らん。)


さて アニメから離れていたからなのでしょうか。
ここ最近そういえば ラノベ関連に関しても新刊チェックが甘くなっておりまして
この「同人誌がどうこう」で悩んでいた時期にふと思い出した。

――買っていないものあったっけな?  問題に関して。

まぁ とりあえず気になった時に出ていた新刊のほうはしっかりお買い物してまいりました。

()パパ聞き。 先日作者さんがお亡くなりになりましたが。
……その人が病床で最後まで書き続けていた――みたいなルピ
書かれてしまったならば「買うしかないじゃない」的感じになるわけでして。

ところで 先ほどのアニメの話題になってた作品のほうでもそうですが
就職がどうこうって内容入っているんですね。

最近 それ考えないといけない年代なのにほとんど何もやっていない
ピンチな学生がいるという話を聞いたりしているのですが、さて大丈夫なんでしょうかね。

そして 社会人カップル主人公日常系って超斬新。
――まぁ 大学生&中学生という肩書から大きく成長したってだけなんですけどね。
でも 子供できちゃうんですよ。 リアルに。 時の流れって残酷ですね。

ただ、作者さんが命をとして燃やしてくださったこの命のストーリー。
もう一度、最初から読み直してみるのもなかなか乙なものかもしれません。

あと 六畳間も買いましたが――まぁ これはショートストーリーですしおすし。

TOP

短絡的、かもしれない。

2016⁄08⁄20(土) 00:00
前回のあらすじ。

コミケ行ってみようかと考えてみた。
でも、自分にとっての同人誌の付加価値というのはいまいちよく分かっていない
――というか、そもそも漫画の楽しみ方ってなんだっけ??

……哲学に入る前にとりあえず頭空っぽにしてみようか。


こんなところでしょうか。 のっぴぃです。

ところで、うまい同人誌の金銭感覚というか付加価値というか
そのあたりを理解できないというのであるならば
「そもそも自分がその尺度を持っていない部分に関しては楽しめるのでは?」
という逆転の発想を自分は得ました。

……で、そのちょうどいい穴として考えられたのが  「スケベ本」。

……高校二年生からこのブログ初めてきて
なんというか 大人の階段上りましたね。

この日記の中でもやっと思春期がやってきます。
遅すぎたくらいですね。 はい。

とはいえ、この日記がそんな扱いにされたら困りますので
文章的にはマイルドにいかせていこうと思いますが
まぁ なんというかやっぱり私も男の子ですし。

俗にいう「フェチ」とか「性癖」とかあるわけですよ。

で、今までブログの中でもことさら必要以上に
強調していた節もあったのですが まぁ なんというか
「私、R指定かかるようなもの持っていませんから」みたいな

――どんなタイミングで繰り返していたのかまでは覚えておりませんが
まぁ 結果的にむっつりスケベやらかしていたのは事実でしょうね。

とりあえず そのあたりを貫くあたり――まぁ 特に
大きなこだわりもありませんので とりあえず
そちらのほうで楽しんでみる、というので同人誌の置き方も
考えてみてもいいんじゃないかな~って。

正直 ちょっと自分の性癖的な部分は胸とかオーソドックス
――な部分からは少し外れた部分に当たりそうですし
商業誌――をあさったことがないからよくはわかりませんが――が
そこまで充実しているかどうかはよくわかりません。

まぁ、そうであるのならば 同人誌で補完するというのも
なかなか悪くはない選択肢なのかもしれない!  と自分に言い聞かせています。

……それとはまた別ベクトルで最近少々疲れ気味で
そんな本能だけで見れるような何かがあるとむしろ落ち着くのかもしれない

……みたいな 少し最近の落ち込みみたいなのも影響しているとかいないとか。
これはこれで一種やばい気がする、そんな今日この頃。

TOP

デビューに興味あり?

2016⁄08⁄19(金) 00:12
どうも。 ちょっとしゃべる内容に関しては悩んだのですが
オタク芸っぽい話題でまとめてみることにしましょうか。

先日まで 逆三角形の建物が大賑わいしていたようですね。

ボクは――今年も今年とていく機会がなかったのですが
なんというか 否定派というわけでもないわけですよ。

というか むしろ基本同じような趣味でわいわいできる友人が
近くにいないというのを嘆いているのであれば
もしかしたら 行くべきという声があるのかもしれないとか

……思ってみたりみなかったり。

そもそも 最近まで同人誌を買ったことがなかった私ですが
その原因って変に理想が高いところにあるという
――まぁ 自分の中でのキャラ、みたいなのが
勝手に固まり切っている人間だからというのもあるのかもしれません。

みたいなこと考えると 特に深いことも考えずに
画力磨いて作り手側に回るのも面白いだろうな~

日頃の妄想を形にできる側になれたらうれしいのにな~
みたいなことを往々にして考えたりしているのですが
……まぁ どう考えても作り手をなめ切ってる発言だろうなぁとも
後になってから思ったりする、というのはまた別の話で。

まぁ 来年は卒論が修羅になるような時期でしょうし
ということを考えてみたならば 今度の冬コミは
ぜひとも顔出ししてみるというのも悪くないかもしれない。

でも そのあたりまったく予習なしで行くのもなぁ。

ということでして ここ最近は なんかメイン垢で
徐々に増えてきた絵師さんのアカウントから
気になった同人誌を探し出してみて とりあえず
メロンブックスとかとらのあなあたりに出撃して
買えそうなら買ってみる、みたいなことをやっています。

ところで まぁ 同人誌はそのような相場で行ってみると
500円以上はまずするという代物なのですが
個人的に 結構漫画とかはあっさり読み切ってしまう。

……ゆえにラノベ派、というのもあるのですが。

みたいな感じで 一度読み切ってしまう部分に付加価値をおいてしまうなら
どうも 結構あっさりと終ってしまうような気がして。

同人誌というものをどのように楽しむのかという部分に関して
――そもそも 漫画の楽しみ方、というのが結構
淡白なんじゃないか疑惑が自分の中で発生しておりましてですね。

とりあえず 自分は何に対して付加価値をおいているのか。
どこにどんなお金をばらまくのが価値があると考えられるのか
――みたいな 妙なことを考え始めてちょっと頭を抱えています。

結局商業用のなんとやらを買ったほうがいいんじゃないかとか
考えたくなることも往々にして出てきたりとかね。

……やっぱ 考え始めると同人誌って純粋に楽しむことができなくなるのか。

というわけで 次は何も考えずにしゃべっていこうと思います。

TOP

逃避行を終えて

2016⁄08⁄18(木) 00:00
はいどうも。 昨日までで一応撮りためていた
逃避行関連の話題は一通り書き終えたつもりでいようかなぁと思います。

……ゲーム系関連で動いた部分に関してはまぁ ほとんど書きませんでしたが
最後にも書いたように「遠征」ではなく「旅」で終えておきたかったという
個人的願望が見え隠れしていたような結果だったととらえていただければ。

とりあえず あれほど大量に記事ネタが投下できていたのだから
さぞかしこれからの記事ネタの供給が安泰か
――みたいなこと考えられるかもしれませんが ところがどっこい。

ここ最近ののっぴぃさんの生活が限りなくモノクロームなおかげで
完全にあれな感じになっているわけであります。
もうしょうがないしオトマノペ使いまくりますよ。

何せ外出すらまともにできていないのだもの。

そして だから研究生活に必要な書類とかを
机に積み上げてパソコン作業するわけですが
やっぱりというかなんというか 外出しないためでしょうかね。

とにかく頭が回らないという悲劇に見舞われておりますと。
こりゃ、無理にでも外に出ないといけないのかしら。

もしくは 完全に最近のっぴぃさんの現実逃避モード入っているとか
絶大な不調に陥ってるとかそもそも夏バテだとか
いろんな説が持ち上がったりしているわけですが……

……とりあえず 前回の内容を多少引きずった書き出しですので
という体で 今日の記事を提供してまいりましょうか。

一応私的に「夏にやりたい」と公言しております
残りの旅というのは(実現可能性に関しては今考えないにして)
「とりあえず乗り鉄願望をかなえつつ出雲回ってくる」
という計画でして、前にも書いたかもしれませんが
ダイヤ検索までは紙の時刻表ですでに済ませてあります。

このルートにおいては廃線がとりだたされている
三江線を回ってくるという感じになっておりまして
――まぁ 完全に乗り鉄な空気満載な感じになっていますね。

そして 某ゲーム的には広島&岡山の乗りつぶし狙いでもあります。

ただ まぁ すでに一度やらかしておりますし
出雲で完全に一日フリーな日を作った(さすがに出雲大社
行きたくなるだろうから作った)けれども 一日丸ごとは
さすがに必要ないだろうという勝手な予想の上でですが……

まぁ 九州旅行の時にやらかした教訓を超えて ある程度は
勉学に挑むことが……できると言い切りたいんですけどね。

たぶん自分のことだから 出雲のホテルに早めに帰ったとしても
「艦これイベントがどうこう」といって結局やらないような予感がする。

そんな困った状況ではありますが さてはたして
この計画を完遂することができるのだろうかという疑問がね。
……できればやり切りたいなぁ。 この夏の間に。

TOP

逃避行 ⑨おしまい。

2016⁄08⁄17(水) 00:00
さて 前回はあまりキリがいい感じではなかったですが
要するにやったことといえば博多から反時計回りに福岡県を巡ったと。

そして 手に握っているのは私鉄も含めて九州の
普通列車なら乗り放題になるパス。

まぁ この日は思いっきり乗り鉄成分出してくるなんて宣言
すでにやっていたような気が――しているのですが
まぁ そうなってまいりますと 黒崎で降りた時点で次の行先は。

112_20160816221512996.jpg113_20160816221511e6d.jpg
筑豊電気鉄道使って直方へ戻ってくる。
……まぁ そんな感じのアイディアに落ち着くわけですね。

115_20160816221511237.jpg116_20160816221510666.jpg
で そのあとはすでにこの日に通っていたルートを
一部引き返す形にはなりますが――とりあえず 長者原で下車。

117.jpg
で そこから香椎線で香椎まで降りてきて
――でも この先に関しては初日に抑えていますからね。

ここから先は素直に博多に戻っていくルート。

で 結果論になりますが あとは 某ゲーム的に
福岡県のとれていない駅を考えてみると
JRのみ。 という状況に持ち込むことができましたと。

一応 ゲームとかそのあたりをメインに持ってきたときに
そのたびは「遠征」に化けてしまうと考えているのですが
都会をあわただしく通って行った西鉄の一部の区間を除いては
大方「遠征」にならないような旅路になるように
個人的には気を付けていたつもりではありますが。

……まぁ、何とかなった……んですかね?

今後とも 旅先ではこのあたりの基準で物事を考えていきたい。
少なくとも自分の中ではそう考えております。

――「遠征」は結構カッカしてしまいますからね。
「旅」といえる程度で楽しめれば一番いいんですよ。

120_201608162216148af.jpg121.jpg
※ちなみに、今回の道中を総括いたしますと
長崎と佐賀のほうは 完全に駅とりつぶしが完了しております。

118_20160816221613b44.jpg119.jpg
さて 最後。 福岡からの帰りはやっぱり
高速バスという手を使っていたのですが まぁ なんといいますか
それまでの時間 せっかくなので福岡らしいものを

――と思ったときに やっぱり行くことになるのは屋台街。

とりあえず 蒸し暑い中ではありましたが 福岡のとんこつラーメンを
梅酒で流し込むという感じで旅を締めくくりました。

味はともかく その場の空気は楽しめた気がします。
――味は……正直自分 豚骨ラーメンはあまり好みではないんでね……←
(あくまでも「ラーメンの中での」好み順位が低いという意味ですが。)

――そんな感じですかね。 この逃避行のお話は。
……そして 18切符シーズン終わる前にもうひと暴れしたい感が
個人的にあったりなかったりするのですが まぁ それはまた別のお話し。

TOP

逃避行 ⑧荷物はしまっちゃってね。

2016⁄08⁄16(火) 20:09
101_201608162010143a1.jpg
前回のあらすじ。 福岡市内に戻ってきた。

とりあえず 熊本から――というより 道中全般において
かなりでかい荷物を引きずりながらやってきたこの道程なのですが
この場において その日のうちに二度立ち寄る予定になった博多駅。

……やっとのことで コインロッカーに荷物を預けてその先の道中へ
……みたいな考えに至ったわけですね。
――まぁ、コインロッカーが空いていたならば、の話なのですが。

そんなわけでまずは コインロッカー探しに奮闘するわけですが
これがなかなか見つからないんです博多駅。

まぁ いろいろ苦難した末に何とか荷物をぶち込んでいたら
お昼時なのに ご飯を食べる時間を完全に失ってしまったのですが
――まぁ 予定が狂うよりはまだいいと考えましょう。

102_20160816201013de5.jpg
というわけで 炭鉱で栄えた直方へ。
そこからまずは 平成筑豊鉄道のほうでも行ってこようかと。

103_20160816201013828.jpg104_201608162010123cf.jpg
で ここからよくあるディーゼル車でごとごとと
移動していくわけですが JR九州の普通列車の内装に
度肝を抜かれ続けていたせいかはわかりませんが やっと落ち着けた感。

そして その線路を眺めてみますと 非電化の複線が
延々と伸びるという――炭鉱で栄えた歴史を考えると
いろいろと思いをはせられる、そんな風景が広がっていました。

これはかなり 車窓的にも面白い路線ですね。 個人的アワードでは。

106_20160816201012a09.jpg
で そのまま終点の行橋。

107_20160816201106007.jpg108_20160816201106722.jpg
109_201608162011050c5.jpg110_20160816201105062.jpg
で そこから再度特急課金で
今度はソニックに乗るような感じ。 目的地は黒崎。

で 特急列車に定評があるJR九州ですし軽く内装を
――考えてみると やっぱりというかなんというか
ほかのJR特急と比べても異なった感じの内装ですよね。

どこか近未来的というかなんというか。

どこかスタイリッシュな感じの座席などのインテリアに軽く驚く図。

――なお、この列車の特性上 小倉駅での折り返しとか
ちょっと 普通の列車にないような「席をひっくり返せ」みたいな
車内放送が流れたあたりはちょっと面白かったですね。

天橋立方面の特急は一駅間だけだったからでしょうか。
特にそのような指示もなかったように記憶しています。

TOP

お盆ですね。

2016⁄08⁄15(月) 05:45
本日はお盆ですね――というわけで お墓参りの話でも。
といいつつ すでに済ませてきてしまっているのですがね……

まぁ このあたりは日付というよりも行為に意味があるのではないかと思うので
そのあたりは深く突っ込まないでいただけるとありがたい。

どうも のっぴぃです。 なんか こちらにしゃべる機会も
ツイッターに顔出す機会も薄くなってしまったせいか
どうも しゃべる機会がなかった感満載なのですが
なんか 親、この時期に来ていました。

――まぁ 家に犬がいる関係で片親しか来れないんですがね。
それはいつものことなんで仕方ないですが。

普通 親元に「帰省ラッシュ」というのは行く、というのが
定説になっていますが うちの家の場合はちょっと事情がアレでして
爺婆の家が(ボクにとっての)実家よりも今の下宿のほうが近い惨状で
要するに盆とか正月とかの先祖を供養するタイミングには
「むしろ親が来い」という特殊事例。

ほんと この時期の帰省とかの考え的には
「むしろ今帰らない」という環境にある私。

――ちょっと本格的に この夏はいつになったら
千葉の悪友とつるみに行けるのだろうかと 若干
ひやひやしていたりいなかったりといった感じです。

さて そんな前置きはいいとして。
軽くお盆の一日をしゃべらせてもらいましょうか。

まず 親につられて5時台に起きます。 健康的です(白目)

そして その片親にとっては「義理の」両親のほうへ挨拶へ行きます。
ボクにとっては普通におじいちゃんおばあちゃんですが。

そして 年々動きにくくなってくる祖父母を敬います。
――こちらもこちらで 軽くおしゃべりと。

で その親にとっての血筋がつながっている感じのお墓に移動します。
――で 普通に墓参り。 そのついでにちょっと
お墓周りに飢えてる植物のケアもしてみたりね。

我が家の実家のほうは自慢ではないですが 両親ともに
かなり庭いじっているので そのあたりの手当ては慣れたもの
――なのではないかと勝手にこちらは思っているわけですが。

そうこうしているうちに その 一緒にいる親のほうの爺婆と合流。
そのままご飯食べて解散、といった一日の流れでした。

まぁ 大雑把なストーリー的にはここまで書いておけば
大丈夫じゃねぇか感あるのですが まぁ 日記的に
もう少し補足しておくとするならば ここまでの行程は
基本 移動列車と徒歩、という流れになっています。

特に あまり爺婆の家やお墓とかに関しては
お世辞に列車のアクセスがいい場所とは言えない場所だったりするので
――ちょっとしたトレッキングにはいい感じだったといえるでしょう。

まぁ そのことが関連しているかは知りませんが
この行程の間に盛大に靴が破れるというハプニングもありましたが。

……となると なんか あまりいい気もしないなぁという愚痴もこぼれる。
そんな盂蘭盆会。

(そういえば、今回みたいに同日に父方母方双方の祖父母にあいさつできる日なんて
少なくとも大学入学後はなかったなぁということをふと思い出した。)

TOP

逃避行 ⑦最終日with baggage

2016⁄08⁄14(日) 20:18
84_20160814201353e59.jpg
前回のあらすじ。 熊本で一泊した。

まぁ あの時は一日で記事完結させることを最優先にしておりましたので
熊本地震の様子を見てきて~  みたいなこと
書きませんでしたので ここで軽く触れておきます。

この前 岩手のほうへ行ったときに津波の被害を見てきたときに
感じたほどはひどいことにはなっておりませんでした。

おそらくは 熊本市に拠点を置いて動き回ろうと思ったときには
しっかり熊本市内はその役割を果たしてくれるのではないでしょうか。

とはいえ 万全というわけでもないらしく お城の様子が
かなり耐震的にピンチというのは全国ニュースでも話題になっていますし
昨日最後に書き込んでラーメンむさぼって、というくだり。

はじめは 自分で調べた気になったラーメン屋にでも入るか~
とか 考えていた節あったわけですが まぁ なんといいますか
その店が入っていたテナントビルが地震で半壊していましてね。

残念ながら願ったラーメン食べられなかったということもありました。
……やっぱり まぁ 残念だったと言わざるを得ませんね。



さて 前回の旅の内容は 割と画像的な意味であっさりしていましたし
割とさらっと流してしまった感じだったりしたのですが
とりあえず これから書く内容――最終日――もなかなかに
乗り鉄万歳、といった内容になるわけですが。

とりあえず フリー切符であることにかこつけて
「いかに九州の鉄道(主に私鉄)を乗りつぶすか」をかけて
動き回った感じになりますし……といった前提でご覧ください。

89_20160814201353bc6.jpg90_2016081420135213a.jpg
まずは 前日の工程を戻って大牟田。
91_201608142013521e6.jpg92_20160814201351c02.jpg
そして 西鉄で甘木のほうを目指します。
93_2016081420160842e.jpg94_2016081420160890f.jpg
95_2016081420160784e.jpg96_20160814201607db5.jpg
西鉄と旧JR西の部分で二つの駅が同名でありましたが
完全に駅舎は別です。 なのに 某位置ゲーでは
同駅扱いだったのに ちょっと違和感。

99_20160814201606053.jpg100.jpg
そして 甘木鉄道で小郡まで降りて天神へ出ます。
……このあたりまでは まぁ なんというか機械的に。
――とりあえず 次回はその先の乗り鉄旅を淡々と語っていきたいなぁと。

TOP

演説

2016⁄08⁄13(土) 00:07
院生になった、ということもあり まぁ そちらのほうに
本腰入れてスタッフとしての参加が義務付けられたような形で。

いろいろと忙しかったんですよ。

スティーブ・ジョブス並みに用意した資料の前で演説して
かなりの人数さばいたんじゃないかって自負しています。

自分の学年以外の方々はシフト制だったりしていたのですが
同じ時間帯にいた人たちを半分追い出して 独壇場で演説していたくらいには
まぁ なんというか 饒舌に喋っていたのかもしれません。

――まぁ 最後のほうはいつもしゃべらない人がいきなり饒舌に
しゃべり始めると起こる現象「ろれつが回らなくなる」というのに遭遇して
完全に滑舌がお亡くなりになったわけですが それはそれということで。

で 同日の昼には集中講義もありました。
――そういえば 講義関連で記事作っていませんね。 近々作りましょう。

まぁ でも思うことは一つ。 なぜオープンキャンパスと
見事に日付合わせてきたし。 戸惑う以外の選択肢がない。

そして 非常に動きづらいというかなんというか。
もう 愚痴ばかりがこぼれてくるのは仕方ないことなのではないでしょうか。

で それが終わった後には再度オープンキャンパスへの参加。
これに関しては どちらかといえばボランティア的な
側面が大きかったりするわけですが……

まぁ 人が少なそうだな~  と思ってそちらのほうへ行ってみた感じ。
――そしたら 案の定いろいろと出番があったというね。

ただ ボクが到着する直前に ボクがやっている内容に
かなり興味を示してくれた(いい意味で)変態な高校生が来ていたみたいで
その人と遭遇できなかったというのはちょっともったいなかったなぁと。

で そのあとは研究室――と まぁ 近い人たちを加えて
盛大にBBQやってみたりしていたわけですが。

……なんか 比較的仕切らなければならない立場なのかもしれませんが
結構 自分 この中身を仕切り着ていなかったなぁというのが全体的な部分の感想。

なにせ 完全にOCの資料作りで忙殺されていましたからね。
――ちょっと 今までやっていなかったことに関して挑戦今年からしてみようという
内容があったりしまして それにかなり時間がとられました。

なんというか いろいろと容量とか悪くて迷惑かけたかな~
というのが 少々心残りになりましたが。

あと、相当疲れました。 はい。

TOP

2016夏イベ前夜

2016⁄08⁄12(金) 00:00
17_201608112233275bb.png18_201608112233267bf.png
19_20160811223325ebc.png20_201608112233253c5.png
前回「水着だひゃほい」って記事作った時には
完全に失念していたのですが 期間限定絵の時には
ケッコンカッコカリ立ち絵のほうもそちらのほうへ変化して
見事な肢体をそこでさらしてくれるんでしたよね。

……結婚式とかもうそのあたりはこのゲームでは
カッコカリの時点でいろいろとおしまいになっているんだそうに違いない。

21_201608112233242a1.png22_20160811223324516.png
そういえば パーカーでしっかり防御している
榛名さんですが まぁ なんといいますが
さすがに中・大破するとしっかりビキニであることを見せてくれます。

まぁ 155レベルの艦をむやみに大破させるようなプレイングはしませんよ?
……自分の場合5-5では 榛名さんに探照灯持たせてカットイン装備させたうえで
旗艦に置くという潜水艦ルート使っているので

……その時の分で大破絵回収は自然にできるんです。
運が高い榛名さんにしかこの役目は任せられませんからね……

23_20160811223616bae.png24_20160811223616178.png
まぁ 最近ちょっとした変化。 萩風改造。

……まぁ 一気にとは言いませんが ちょくちょくと
遠征組のレベルも上がってまいりまして 80レベルに達するごとに
なんだかんだで メンバー交代がちょくちょく起こりますのでね。

その人員交代、という側面もあるんですよね。 この辺になってくると。

25_201608112236157d3.png
そして 初めて突貫してみた2-5の難関任務のほう。
――確かに索敵がシビアですね……

とりあえず 最近ポーラのほうがレベル80に行きましたし
重巡で制空権取れるということで 今後は積極的に使っていこうかなぁなんて。

26_201608112236153f4.png
さて 本日から夏イベント、ということですが
いつものように 資源さらしその他で今日は終わりましょう。

資源は――前回のイベントではカンスト状態からごっそり削られた感じでしたが
一応 ある程度持ち直しました。 ……バケツ以外は。
バケツ、まったくたまらないですよ。 どうなってるの。

-1.png-2.png
-3.png-4.png
-5.png-6.png
-7.png-8.png
-9.png-10.png
-11.png-12.png
-13.png-14.png
とりあえず 艦隊的には……改二が出てない勢の
ルート固定とか言われたらかなり泣く、といった感じ。
そうでないのならば まぁ 何とか食いついていきたいですね。

時間度外視すれば。

TOP