万年床

2016⁄07⁄09(土) 20:49
「第二の心臓」と言われているふくらはぎで血が停滞する要因となって
それだけで 足のむくみの原因にもなるのだとか。

そういえば こちらの方でも結構最近に
「毎日のように足がむくんでいるようで動く気がなくなる」なんて
発言かいていたような気がするし――既視感がすごい。

……まぁ 先ほどの魔力に憑りつかれるとなかなか
布団から抜け出せなくなってしまう自分の意志の弱さを考えると
やっぱり 起きてすぐはしっかりと布団を床から取り上げて
フローリングが見えるようにしておくのが大切みたいです。

――というか そのような扱いになっているということは
毎晩(特にここ最近は)すごいことになっているであろう
寝汗などの処理もしっかりできていないというわけで。

これに気が付くと同時に こまめにシーツ洗ってみるだとか
ちょっと日光に当てて きのこが生えてこないように対策するだとか
ちょっとしたメンテナンスやっていかないとダメだなぁと思った次第です。

ちなみにのっぴぃさん 布団を干した際には寝る直前に取り込む派です。

まぁ いろいろと思われる方はいらっしゃると思いますが
どうも 太陽の熱をたたえた布団というのはあまり好きではなく。

――冬にそうだったとしても毛こう近いものなのですが
「太陽の暖かさを保った布団」よりも「月のひんやり感を保った布団」の方を
選択してしまう、そんなのっぴぃさんです。

まぁ さすがに「露がしみ込んだ布団」というのは
まずいような気がするという意識は持っているので
そのあたりは気にした時間帯にしないといけないのですが。


そういえば ここ最近は本当に洗濯物が増えました。

――冬は 洗濯物の「嵩」が増えるという傾向がありますが
夏は単純に「量」が増えますよね。 自分の場合は。

まず 大学に登るためだけで着衣水泳したようなシャツが出来上がるので
それだけでシャツが一日二枚飛んでいくことがざらにあるわけで。

さらに 一日複数回シャワー浴びることも往々にしてあったりするわけで
そうなってくると そのたびにタオルが増えていきます。

――おかげで 薄着のはずの夏なのになかなか洗濯物が減らないという。
――さらに ここで先ほどのように寝具のそれも用意しないといけないというね。

やっぱり 一人暮らしの家事というのは意識していかないとな~
と 一人暮らし四年半たちまして改めて感じる次第でした。

TOP